お悩み解消!滞留在庫を溜めないための対策とは?

「ブランドを立ち上げたがうまくいかなかった‥」「自分の会社の在庫が溜まってしまって困っている」「輸送中に荷崩れを起こしてしまいその商品が販売不可になってしまった」「個人で経営しているお店を閉める際に商品を処分したい」「溜まってしまった返品商品を処分したい」「食品などを誤って大量に商品を発注してしまった」など様々な理由で滞留在庫にお困りになっている方々も少なくないでしょう。

滞留在庫が溜まってしまうことで、余分な人件費や、その多量の在庫を保管しておくための倉庫コスト、またデリケートな商品であれば温度管理などのメンテナンス費用も必要になります。

そこで今回は、「滞留在庫の悩みを解決したい…」とお困りの方のために、その在庫を溜めないためにはどうしたらよいのかについてご説明します。

[在庫を区分する]

どんな企業でも在庫を抱えていることでしょう。その在庫に苦しむか苦しまないかは、その在庫に対するマネジメントの仕方、管理の力量にあります。上手に在庫を管理するには、まず在庫を通常在庫と不動在庫に区分します。

そして、売れる気配が薄く循環性の悪そうな商品を一箇所に集めていきます。そこで期間を設けその期間内に売り切ることができなければ、その在庫を順に処理していきます。

こうすることで、未練なく滞留在庫を処理することができ、不要な経費を削減できます。

[在庫買い取り業者に売却する]

不動在庫で、一定の期間をすぎても動くことがなかった在庫を処分すると上で述べました。この処分方法として、在庫買い取り業者に依頼することをおすすめします。在庫買い取り業者は、滞留してしまった在庫を買い取ってくれます。

価格を低くしてセールするのもよいですが、値下げをすると、顧客に「この商品は人気がなかったのか」や「この会社の商品は売れてないのか」など、その商品だけでなく会社のブランドにまで悪影響を及ぼしてしまうことも少なくないでしょう。

また、破棄するという択肢もありますが、こうしてしまうとせっかくの商品が一銭にもなりません。しかし、在庫買い取り業者に販売すると価格を交渉の後いくらかで買い取ってくれます。

また、在庫買い取り業者の中には、海外に販路を持っている業者もあり、会社のブランドイメージを下げることなく不良在庫を利益に変えることができます。

以上、滞留在庫を溜めないための対策方法についてお伝えしました。上記のことを参考に、滞留在庫に対する悩みを解消してはいかがでしょうか?

カテゴリー: 未分類   パーマリンク