返品在庫を減らしたい!返品によるダメージを減らすための3つの対策とは?

たくさん溜まってしまった返品在庫にお悩みではありませんか?

商品自体に問題は無いにも関わらず、返品によって中古扱いになってしまうのは売り手にとっては大きなダメージですよね。

今回は、返品在庫でお悩みの方へ、返品によるダメージを減らすための3つの対策についてお話しします。

 

1.購入者のイメージのギャップを防ぐ

返品の一番大きな理由の理由が、「イメージと違った」という理由ではないでしょうか。この理由の返品を減らすためには、購入が決定する前に、商品と購入者のイメージの大きなギャップを防ぐしかありません。そのための対策を今まで以上に重要視しましょう。

店頭販売の場合は、商品の返品が特に多いのは衣服類であるため、アパレルの例を挙げてお話しします。返品を減らすためには、お客様のイメージを伺ったり、試着を進めたりすることで購入後のギャップを防げます。その他には、コーディネイト案を提示するなど、一つの商品に対する幅を広げてもらうことなどが対策として挙げられます。

ネット販売の場合では、さらにイメージとのギャップが生まれやすくなります。画面上で伝えるためには、実際に使った際の写真を様々な角度から乗せること、とても詳しく商品の情報を書くこと、クチコミを集めることといった対策があります。

2.返品されにくい商品を選ぶ

商品には、よく返品されるものとされないものが出てきます。返品在庫でお悩みの方は、商品のジャンルや大きさ、ターゲットなどから、どのような商品が返品されやすいのかを知っておくことが大切です。仕入れの際に、返品されにくいものの比率を増やすことで、返品率を減らすことが可能でしょう。

3.返品があったときの対処法を用意しておく

返品を防ぎたいと考えても、完全に防ぐことは難しく、どうしても返品は出てしまうものです。新品の商品が、一度返品されると、ほとんどの場合は中古という扱いになってしまいます。中古としてもう一度売るようなルートを確保していると、返品在庫が溜まっていくことを防げます。

しかし、中古での再販では、点検や再梱包などの手間がかかる上、返品のリスクは依然として残っています。

そこでおすすめの返品在庫の対処法は、買い取り業者に依頼することです。様々なジャンルを扱っている業者であれば、返品在庫を一気に買い取ってくれる可能性があります。返品在庫をいつまでも置いていてもメリットがないため、返品在庫を現在お持ちの方は、まずは無料見積もりを依頼してみるとよいでしょう。

 

 

今回は、返品在庫でお悩みの方へ、返品によるダメージを防ぐ3つの対処法についてお話ししました。「とりあえず現在の返品在庫をなんとかしたい!」という方は、お気軽に白石商事までご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です