返品在庫の処分方法のまとめ|おすすめの処分方法とは?

「返品在庫が多くて困っている」「依頼販売していた品物返品在庫の処分ってどうすればいいの?」企業や自営業の在庫管理担当者は、このような悩みをお持ちではないでしょうか。

今回は、「返品在庫の処分方法」についてまとめて解説していきます。

■ネットで再販売

もともとネット販売していなかった方は、ネット販売に参加するのも一つの手です。

店頭よりずっと多くの方に見てもらう可能性があります。

注意点は、ネット販売自体、返品率が非常に高い業界であることが挙げられます。そのため、「価格を下げる」「説明を詳しく書く」「写真にこだわる」などの方法をとりましょう。

■アウトレットやセール

自社製品の場合、自分で価格を決められるので、「セール」や「アウトレット」で 価格の安さをアピールしましょう。

この場合、やはり『返品不可』でセールなどを行うのがいいでしょう。また、依頼販売の商品は、基本的にこのようなセールを行いません。

■廃棄

決算前に、在庫が溜まっていると、その分だけ税金が上がってしまうため、決算前に急いで処分したい場合は、自分で廃棄しましょう。

返品が多い在庫がなくなるので、その商品に関して悩む時間を減らすことが出来ます。

■中古品買取業者

中古品買取業者にも、在庫を買い取ってもらえる場合があります。

ただし、「在庫が大量にある場合」は、全て買い取ってもらえない場合があります。

■在庫処分業者

「自分で廃棄するくらいならば誰かに安くてもいいから売りたい」、「売った品物を国内で販売されたくない」、「大量の在庫を抱えている」といった方は、在庫買取業者に買取を依頼しましょう。

在庫買取業者の中には、海外の販売ルートを持つ業者もいます。自社では販売できないマーケットに売ってくれるなら、自社の営業に影響は出ないため安心ですよね。

セールばかり行っていると「あの会社は安売りをする」というイメージがついてしまう可能性がありますが、在庫処分業者に工夫して依頼すれば、「ブランド力」を落とさずに済みます。

また、在庫処分業者に依頼し、多くの在庫を一気に処分することで、「管理費」、「保管場所費用」が浮く、「税金対策」になるなどのメリットもあります。

 

以上が、「返品在庫の処分方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。返品在庫にお困りの方、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です