滞留在庫とは?滞留在庫が増える原因も一緒に解説!

「滞留在庫って何?」「滞留在庫が溜まっていくのはなぜ?」
滞留在庫に困っている在庫管理担当者も多くいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、「滞留在庫が増える原因」について解説していきます。

■滞留在庫とは?

滞留在庫とは、仕入れたのに売れず、長期間事務所や在庫保管所に残ってしまった在庫のことを指します。

■滞留在庫が増える原因

1.品切れ防止のための大量購入人気商品が店頭で品切れになっていると、せっかく「商品を買ってくれるお客さん」が店に来てくれても、購買につなげて利益を得ることが出来ません。

そのため、店頭では品切れを防ぐため、仕入個数を少し多めに発注す

ることがあります。商品が、見込みと違い、あまり売れなかった場合、商品が在庫として余ってしまいます。

違う客層が多いような別の立地の他店舗で販売してみても売れない場合、滞留在庫になります。

2.経理・製造・販売など各部門の連絡不足経理部門は、『滞留在庫』などの売れない在庫はいずれ処分しなくてはいけないことを知っているため、「仕入れの個数を減らす」または「生産量を少なめにする」ことを望んでいます。

それに対し、販売部門は商品の品切れに備えて「多めに仕入れたい」場合が多い

です。製造・販売・経理の部門が適切に連携を取っていないと、店舗や事務所に大量の在庫を抱えることになります。

3.マーケティングマーケティング部門は、購買層の設定や4Pの設定を行います。4Pとは、「Product, Place, Price, Promotion」をまとめたもので

日本語では「製品の仕様や機能、流通場所や流通方法、価格、広報活動」という意味です。

マーケティング部門の役割は、そもそも「売れるような商品や方法」を考える部門ですが、そのマーケティング活動がおろそかであった場合、高い費用を費やして商品を作成しても、購買と利益の獲得につながりません。

4.在庫管理システムや在庫の保管方法在庫管理システムの良し悪しは、在庫管理の正確さや楽さに大きく影響します。

複数の店舗を持つような比較的大きな業者では、在庫の量が多いため、パソコンのソフトを使い、他の店舗の在庫も確認できるようにした方が良いでしょう。

また、在庫の保管場所が整理整頓されているか

どうかも、在庫管理の正確さに大きく影響します。

 

 

以上、「滞留在庫が増える原因」についてのご説明しました。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売

業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

滞留在庫にお困りの方は、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です