返品在庫が増える原因はなに?返品在庫でお困りの方がまず行うべきこと

「返品の際は全額返金保証!」、「お客様に合わなかった場合はお気軽に返品してください!」といった広告、テレビコマーシャルが多くみられるようになりました。消費者にとって、返品が可能であるということは安心感があり、企業にとっては、消費者の購入のハードルが下がるため、売り上げ増加を見込めるのでしょう。しかし、返品が想定よりも多く、返品在庫の処分に困る・・・という状態になっていませんか?

今回は、返品在庫が増える原因と、どのように対処したらよいのかについてお話しします。

 

 

●返品がしやすいシステム

日本人の多くがネットショッピングで利用する、「Amazon」では、ほとんどの商品が手軽に返品できます。そのため、Amazonを利用している企業や個人事業主は、返品在庫のお悩みが多いといわれています。また、冒頭でもお話ししたように、あらゆるところで「返品の手軽さ」と売り文句とする商品も増えています。このような風潮において、ネットショッピングを利用する世代を中心に、「返品はできてあたりまえ」というような感覚を持つ消費者が増えているようです。

この返品可が当たり前のサービスであるという流れによって生まれる返品在庫への対処法は、まず、返品の条件をきちんと設定することでしょう。Amazonに代表されるようなサービスに販売を依頼する場合、その設定は自らではできません。しかし、その他の自ら設定可能な部分においては、厳密に返品条件を設定することで、過剰な返品を防ぐことができます。

 

●イメージのギャップの生まれやすさ

返品の理由の大きな割合を占めるのが「イメージと違った」という理由です。

ネット販売の場合でも、実際に店頭で見た場合でも、実際に使ってみたらイメージと違ったため、返品するというケースが多いでしょう。

これは、ネット販売では、実際に手で触れないため、サイズ感や質感などのギャップが生まれやすいからです。サイズを明記していても、そこまで見ていない方が多いため、イメージとのギャップを防ぐには、実際のサイズや、素材の質感イメージしやすいような画像を使う、クチコミを集めるといった方法があります。

店頭販売においては、事前に様々な商品をネットで調べてから買う方が増えているため、そこでモデルが来ている洋服のイメージや、プロが使っている調理器具のイメージなど、実際の商品を使用した場合と異なる強いイメージを持ちやすくなっています。購入の前には、試着をおすすめしたり、細かな機能を説明するなどの対策で、購入者のイメージと、実際の商品のズレを減らす工夫が必要です。

 

 

今回は、返品在庫が増える原因についてお話ししました。

しかし、どうしても返品は出てしまうものです。返品在庫を増やさない対策をしながらも、溜まってしまった返品在庫の処分方法も考えておきましょう。おすすめの処分方法は、在庫買い取り業者に依頼することです。現在、返品在庫にお困りの方は、どうしても生まれてしまう返品在庫の処分方法として、まずは、在庫買い取り業者に無料見積もりを依頼することから始めてみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク