せどりの在庫処分にお困りの方へ!滞留在庫などの処分方法をご紹介

「滞留在庫を処分したい。」「辞める際の倒産品や在庫品を片付けたい!」品物と規模によって大きく収益が変わるせどり業ですが、『在庫の管理』に失敗してしまう時もあると思います。

今回は、「せどりをされている方向けの滞留在庫の処分方法」について解説していきます。

■一番気を付けたい『在庫管理』と『在庫処理』

・せどりで転売しようと思っていたが、市場の需要を見誤って品物が大量に余った。

・せどりを辞めたいので、保管している在庫全て処分したい。

このようにお困りの方も多いのではないでしょうか。せどり業でも、企業の在庫管理部門や流通部門と同じで、やはり『在庫管理』や『在庫処分』が大切になってきます。

もし、売れない在庫、売るつもりのないような在庫を大量に余らせておくと、「手元の現金が減る」「保管に手間がかかる」「品物の価値が下がっていく」などの問題が起きてきます。

■処分方法その1.「廃棄する」

品物が、業者に買い取ってもらえないことが明らかなほど消耗している場合などは、廃棄することが一番速い処分方法です。

この方法には、他のどの方法よりも手間と時間がかからないというメリットがあるので、価値が0円に近いものは廃棄するのも一つの方法かもしれません。

■処分方法その2.「ネットショップで安売りする」

もしまだネットショップを使っていないという方ならば、まずはネットショップを使ってみることをおすすめします。すでにネットショップを利用している方には

ネットショップの『タイムセール』に参加したり、価格を大幅値下げたりすることをおすすめします。

店頭販売だけでは地理的に遠くて出会えない見込み客に商品を購入してもらう可能性が高まります。

しかし、ネットショップでは、『購入者が、買いたい商品を具体的にイメージして商品を検索する』傾向があり、店頭とはターゲットの傾向が変わることに注意しましょう。

■処分方法その3.「在庫処分業者に買い取ってもらう」

査定と買取に一定の時間はかかりますが、確実に現金を手に入れたい方は、『在庫処分業者』がおすすめです。

在庫処分業者では、業者によって買取している品物の種類・量・地域が異なりますので、状況にあった業者を探しましょう。

以上が、「せどりをされている方向けの滞留在庫の処分方法」についての説明でした。

白石商事では、「企業様の在庫処分品の買取業務」「インターネットでの商品販売業務」「輸出入事業」など、在庫処分に関する業務を行っています。

滞留在庫にお困りの方、お気軽にご連絡下さい。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です