必見!滞留在庫は溜めてはいけない!滞留在庫を溜めない対策は?

「滞留在庫が溜まってきたけど、どうすればいいのかな?」「滞留在庫を溜めないためにはどうすればいいんだろう?」このようにお考えの業者様も多いのではないでしょうか?

確かに、滞留在庫は売れ残っているが、特に何かが壊れているということではな

いため、廃棄するのも非常に勿体無く感じ、廃棄できずそのままにしているという業者様も多いと思います。

すると、気付いた時にはたくさん溜まっているという状況になってしまいます。では、滞留在庫を溜めないためにはどうすればいいのでしょうか?その方法をご紹介します。

◆割引価格

セール価格で販売する滞留在庫を溜めない対策としては滞留在庫になる前に売ってしまうことがいいのではないかと思います。そのためにはしっかりと商品の在庫を確認しておくことが必要です。

どの商品の売れ行きが悪いのか、在庫が余りすぎているかを把握して、早い段階で割引セールなどを行って売り切ることを目標としましょう。そうすることで、自分たちの希望価格を設定することができます。

◆廃棄処分

滞留商品を溜めて新しい商品を仕入れることができなくなるくらいなら廃棄処分した方がいいという意見の方もいると思います。

廃棄処分するには廃棄するためのコストがかかる上に全く売上も発生しないため思い切りは必要です。しかし、ずっと置いていても売れる可能性はほとんどないのに、場所というコストはかかっています。

新しい商品を仕入れるスペースを圧迫しているのであれば、コストをかけてでも廃棄処分して、次の可能性にかけるのもありかもしれません。

◆買取滞留

在庫となってしまったものを溜めないための方法としては買取も一つの手ではないでしょうか?廃棄処分してしまうと、全く利益を生みませんが買取の場合、買取価格分は利益になります。

また廃棄処分するコストもないため、廃棄処分よりは決断しやすいかもしれません。しかし、廃棄処分ほど早急に行えないことが多いことも確かです。

◆まとめ

基本的に在庫を廃棄処分したり、買取に出したりすることに抵抗がある方も多いと思いますが、そういった方は数値目標をはっきり決めておくといいでしょう。

数字で決めておくことで、感情ではなく数字だけで判断でき、決断も難しくなくなります。ぜひ、試してみてください。

当社でも滞留在庫の買取を行っています。買取できない商品はほとんどなく、幅広く扱っているため、気になった方はぜひ一度ご連絡ください!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です