在庫はどう管理すればいいの?基本から詳しく解説します!

「在庫管理はどのようにしたらいいんだろう…。」
こういったお悩みを抱えてはいませんか?
在庫管理とは商品の管理であり、お店や会社の利益に直結するので、おろそかにできない部分ですよね。
しかし、在庫管理と聞いても、具体的にどのようなことを意識して何をすればいいのか分からないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫管理の基本から詳しく解説していきます!

 

□どうして在庫管理は必要?

在庫をしっかり管理しない場合、様々な問題が発生してしまい、利益の低下に繋がってしまいます。
具体的な問題例を挙げていきます。

*過剰在庫の場合

必要以上の在庫を抱えてしまうと、売れる商品の在庫が取れなくなる、劣化して廃棄せざるを得なくなる、値下げ処分でしか消化できなくなるといったように、余計な作業が増えて業務効率や利益の低下に影響してしまいます。

*過少在庫の場合

逆に在庫が少なすぎると、お客様の欲しい商品を十分に提供することができず、売上のロスにつながってしまいます。

□何を意識すればいいの?

まず在庫管理をする際には、考え方を金額の管理と数量の管理に分け、必要に応じて使い分けましょう。
さらに適切に在庫管理をする上では、商品の場所、数量、状態を明確にしておかなければなりません。
ただしこれらは在庫管理のみにおいて意識すべきことなので、ここからは利益の面から意識すべき具体的な指標を解説します。

*商品回転率

これは、1年間でその商品が何回転したのかという指標です。
つまりその商品がどれだけ売れて、どれだけ仕入れたのかということですね。
商品回転率は(年間の売上高)÷(商品の在庫数)という式で表されます。
この指標を見ることで、どの商品が効率よく回転しているのかを見極めることができるため、どの商品を展開すべきなのかという判断材料にすることができます。

*交叉(こうさ)比率

これは、どの商品がどれだけ効率的に利益に貢献しているのかを表す指標です。
交叉比率は(商品回転率)÷(粗利益率)という式で表されます。
この指標を見ることで、どの商品がどれだけ自店の利益に貢献しているのか分かるので、どの商品の在庫を増やし、売っていくべきか判断できます。

これらは利益に直結する指標なので、在庫管理をする際にも意識するようにしましょう。

□どのように管理すればいいの?

*在庫管理システムを導入する

まずはエクセルや在庫管理ソフトなどを使って、在庫管理表を作りましょう。

*細かく分類する

カテゴリはその時のニーズに合わせ、棚、列、段の三つをそれぞれ番号別に分類します。
分類した番号を在庫管理表に同期させます。

*バーコードやQRコードを活用する

在庫管理は店頭のみならず全ての商品にまで及ぶため、それらを一つ一つ手作業で管理しようと思えば必ずロスやミスが起こります。
そこでバーコードなどを活用することで、商品のステータスや在庫状況も簡単に視覚化でき、ロスを減らすことができます。

□まとめ

今回は在庫管理の基本について解説してきました。
在庫管理では場所、数量、状態を正確に把握して、商品回転率や交叉比率を意識することが大切であり、そのためには在庫管理システムを活用していくことがおすすめです。
もし在庫管理やその他買い取りなどでお悩みでしたら、ぜひ当社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です