必見!返品在庫を貯めるのはNG!返品在庫を溜めるデメリットとは?

「最近返品が多くて、返品在庫が溜まってきた。」「返品在庫を貯めるデメリットってなにかな?」 このようにお考えの業者様もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、最近ではEC販売などが一般的になり、サイズ合わなかったり

イメージと違ったりすると、返品対応になるため返品在庫が増えてしまいますよね。

しかし、返品在庫が増えるのは仕方がないと思ってしまっていけません。今回の記事では返品在庫を貯めるデメリットをご紹介します!

 

◆溜めていても全く価値がない

返品一回で返ってくる商品は多くても数点のため大した量ではないと甘く見がち

ですが、少数でも積み重なれば、蓄積され、増えていきます。

しかし、溜まっても売らなければ全く価値はありません。

それだけでなく商品の売り時はどんどん過ぎ去っていくため、その商品自体の価値も下がってしまいます。

そうならないためには返品で返ってきて未開封で使えそうなものに関してはすぐに売り場に戻し、もう一度販売することが重要です。

◆溜めることは価値がないだけじゃない?

上記で述べたように、返品で返ってきたものを溜めておいてもなんの価値ものないない上に、その商品自体の売り時を逃すということが問題です。 しかし、返品在庫を溜めておくことのデメリットはそれだけではありません。

それは場所のコストがかかるということです。在庫を抱えるということはその在庫をおいておく場所のコストがかかってしまいます。

しかし、そのコスト以上の問題があります。本当の問題は在庫を抱え、保管する場所を在庫に使うことによって、新たな商品を仕入れることができなくなります。

すると、売れない商品は倉庫に溜まり、新しい商品は倉庫が空いていないため仕入

れることができない、という悪循環に陥ってしまいます。

この状況は店舗運営するにあたって最悪の状況と言えるでしょう。このようにならないためにも、売り時を逃さず、しっかり返品在庫も売り切ってどんどん新商品を仕入れられるように心掛けましょう。

◆まとめ

在庫を溜める事にほとんどいいことはありません。返品で返ってきて商品も溜める事なく売れる時にしっかり売り切っておくことが大切です。

倉庫に置いていくだけでも場所のコスト、それを整理したり品出ししたりする人の人件費のコストなど気づかないところでコストがかかり価値も下がっています。

そのような悪循環に陥らないように気をつけましょう!ぜひ参考にしてみてください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク