在庫の回転期間はどれくらい?回転率も踏まえて詳しく解説します!

在庫管理において回転率や回転期間というのは、商品陳列の判断基準になるため、売り上げや利益に対して非常に大きく関わってきます。
しかし、実際に在庫を扱う上ではどのようにこの指標を意識すればいいかわからないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は在庫管理における適切な回転率と回転期間について解説していきます。

□回転率ってなに?

まず回転率とは、一定期間内に在庫がどれだけ回転しているのかを示す比率のことをいいます。
つまり商品への投資からどれだけ早くお金を回収できたかを示しています。
回転率は、売上高を平均在庫高で割ることで表されます。
平均在庫高は期首と期末の在庫高の平均を計算すると求められます。

*具体例

期末の在庫高が500万円、期首の在庫が700万円、年間の売り上げが6000万円である場合、まず平均在庫高は「1200万円÷2」で600万円となります。
そして在庫回転率は6000万円÷600万円=10(回転)となります。
つまりこの場合は、商品が年間で10回入荷から販売を繰り返しているということを指します。

□回転期間ってなに?

回転期間とは商品が入荷してから販売されるまでの期間、つまりどれくらい保管していたのかを指します。
回転期間は、回転率とは逆に保有在庫額を1年間の売上高で割ることで求められます。

*具体例

保有資産額が600万円、1年間の売上高が3000万円の場合、在庫回転期間は「600万円÷3000万円×12ヶ月」という計算で2.4ヶ月と求められます。
つまり在庫は2.4ヶ月間で入れ替わっているということになります。

□適切な目安は?

では回転率や回転期間の適切な目安はどれくらいなのでしょうか。
目安に関しては業種によって異なりますが、一般的には以下のように言われています。

*在庫回転率

回転率が24回以上の企業は1回転するのに2週間かかるという計算になるため、優秀であると言えるでしょう。
12回から23回ほどの場合はおよそ1ヶ月で1回転となり、標準的な水準であると言えます。
それ以下であれば不良在庫を抱えている可能性があるため、今一度在庫管理を見直す必要があります。

 

 

 

*在庫回転期間

回転期間に関しては業種によってかなり異なるため、具体的な目安というものはありません。
ただし適切な回転期間を知るためには、過去の回転期間を分析することが大切です。
もし、回転期間が以前に比べて長期化してきた場合は不良在庫の可能性を疑った方が良いかもしれません。
しかし、必ずしも長期化が悪いという訳ではないため、その都度状況に照らし合わせた回転期間を判断する必要があります。

 

□まとめ

今回は在庫管理における回転率と回転期間について解説しました。
回転率とは在庫が1年間で何回入れ替わるのかを表し、回転期間はどれだけの間在庫を抱えているのかを表しています。
これらを意識することで、不良在庫は抱えていないか、どの商品がどれだけ売れているのかを把握して売り上げの最大化へと繋げることができます。
当社では在庫の買い取りサービスも提供しておりますので、もし在庫管理にお悩みでしたらぜひ当社にご相談ください!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です