在庫管理におけるよくある失敗とは?対処法まで詳しく解説します!

「在庫管理をする上で、どんな失敗が多いの?」
「よくある失敗のそれぞれの対処法を知りたい!」

このような疑問やお悩みを抱えてはいませんか?
売り上げの最大化や効率化を達成するには、正しい在庫管理を行うことが必須ですよね。
しかし、在庫管理について日々試行錯誤を繰り返してはいるが、なかなか上手くいかず悩んでいるという方も多いと思います。
そこで今回は、在庫管理において、よく起こる失敗とその対処法について解説します!

 

□よく起こる失敗事例とその原因

*実地在庫と帳簿在庫の差異

在庫管理において実地在庫と帳簿在庫の間に差異が発生してしまうという事例が最も多いのではないでしょうか。
このような差異が発生してしまう原因には、在庫管理に関する適切なルールが定着していない、単なる人為的な管理ミスといった理由が挙げられます。

 

 

*在庫管理システムの運用ミス

作業の効率化を図って在庫管理システムを導入したはいいが、結局使いこなせずに余計な手間が増えただけということもよく起こりうる失敗です。
この事例の原因としては、単に操作方法を理解していなかった、導入前から試運転期間や移行期間を設けておらず、いきなり現場に投入したといったことが考えられます。

*欠品や不良在庫

欠品や不良在庫を抱えてしまったという失敗の事例も多いのではないでしょうか。
欠品や不良在庫が発生する原因には、適正在庫の計算が正しくできておらず、売れ行きに対する適切な予測ができていないという理由が挙げられます。

□対処法と再発防止法

上記でよく起こりうる失敗とその原因を解説したところで、次はその失敗に対してどのように対処し、再発防止に努めていくべきかを解説していきます。

*実地在庫と帳簿在庫の差異

実地在庫と帳簿在庫との間の差異を発見した場合は、その商品がどのような状態で、どこに、何個あるのかということを把握して適切な処理をする必要があります。
また、このような差異を防ぐためには在庫管理に関するルールを徹底する意識を持つことが大切です。

*在庫管理システムの運用ミス

まずは在庫管理システムについての正しい知識を身につける必要があります。
そしてこのような新しいシステムを導入する際には、前もって試運転期間や移行期間などの猶予を持つということが大切です。

*欠品や不良在庫

欠品があった場合には早急に仕入れ、不良在庫を抱えてしまった場合には処分価格での販売や買い取りサービスに出すなどして消化する必要があります。
そしてこのような事例を防ぐためには在庫管理システムから得たデータを基に様々な指標を分析して適正在庫を理論的に予測していくことが大切です。

 

□まとめ

今回は在庫管理におけるよく起こりうる失敗とその対処、再発防止策について解説しました。
よくある失敗としては

・実地在庫と帳簿在庫の差異
・在庫管理システムの運用ミス
・欠品や不良在庫

これらの事例が多く上げられます。
ただし、それぞれの失敗への対処法は各会社によって全く変わってきます。
自社について分析、理解した上で適正な対処方法をとるようにしましょう。
当社では在庫の買い取りサービスを提供しておりますので、在庫管理についてなにかお困りでしたらぜひ当社にご相談ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です