必見!不良在庫の処分の方法は?そのメリットとデメリットとは?

「在庫を抱えすぎた。」「在庫の処分どうしよう。」このように考えている業者さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに在庫を抱えてしまうと、どのようにしたらいいのかわからなくなりますよね。

特に思い入れがあったり、何かの記念だったりすると捨てることもできないこともあるようです。

そのような方のため今回の記事では在庫の処分方法をご紹介します!

◆買取業者

在庫の処分方法には買取という方法があります。買取の大きなメリットは売れ残って抱えてしまった在庫がお金に変わるという点でしょう。また一気に買い取ってもらえるため、手間もかからずお手軽です。

反対にデメリットもあります。

デメリットは自分の商品がどこで売られるかわからないということがあります。

◆特売品

セール特売品価格やセール価格で販売することができれば、定価ではないものの一番自分たちの思いに近い金額で売れると思います。

しかし、危険な面としては、特売価格やセール価格で売り出したからといって全てが売れるわけではなく、そこでも売れ残り在庫になってしまう可能性が考えられます。

◆廃棄処分

一番簡単なのは廃棄処分かもしれません。一括で処分でき、買取査定などもないため、すぐに在庫を処分することができます。

そのため決算前に税金対策で廃棄処分を行う業者さんも多いようです。

しかし、廃棄処分をするにはコストがかかってしまいます。在庫を抱え、売上にならないだけでなく、廃棄コストまでかかってしまうのは避けるべきではないかと思います。

◆倉庫に保管

これに関しては在庫処分とは言えませんが、非常に多くの業者さんがこの方法を選ぶようです。その理由はいつか売れるのではないかという課題の先送りです。確かに、可能性としては残りますが、少しリスクもあるような気がします。

そして倉庫に保管はコストがかからないと思っていませんか?倉庫に保管する際にもコストはかかります。ものを倉庫まで運ぶコストや場所のコストがあります。

その在庫がなければ新商品を倉庫に保管でき、売れては補充するという好循環ができるかもしれません。その可能性まで失うことも考えられます。

◆まとめ

在庫処分の方法はご理解いただけたでしょうか。

一番避けたいのは在庫を抱え、コストがかかり、全く利益を生まないことだと思います。在庫処分はもちろん倉庫に保管することもコストがかかるため、ぜひ早い段階で決断しましょう。

当社では在庫の買取を行っております。
また当店では買い取ったものは当社で運営しているリサイクル店で販売しますので、売られる場所も安心です。ぜひ一度ご相談ください!

カテゴリー: 未分類   パーマリンク