返品在庫をそのままにしていませんか?返品在庫を溜めるデメリットとは

返品商品の返品理由とはどのようなものでしょうか。様々な理由が存在しますが、「思っていたイメージと違った」、「自分の体質に合わなかった」、「他にもっといいものが見つかった」など、商品自体の問題というよりも、購入者の方の事情によるものがほとんどでしょう。

つまり、ほとんどの返品された商品自体には問題はありません。そのため、「いつかもう一度売れるかもしれない」と、手元にそのまま置いたままにしてしまったり、「処分するのはもったいない」と、手放せなくなったりするのでしょう。

しかし、たとえ商品に問題がなくてもそのまま返品在庫として溜めてしまうことにはデメリットが存在します。

今回は、つい溜めてしまいがちになる返品在庫のデメリットについてお話しします。

 

 

●商品の価値の最大化

あらゆる商品は、人々の購買意欲を高めるように、様々な価値を付加されています。購入者は、その商品の価値が、支払うコストよりも上回ったときに購入を決めるのですね。

しかし、ほとんどの商品の価値は長くは続きません。例えば、金(きん)は長期間財産として保有されます。これは、金は希少性があり、品質が劣化しないため世界中で共通の価値をもつこと、金そのものが価値を持ち、物価変動などの影響を受けないこと、換金性が高いことといった様々な特殊な価値があるからです。これが、今売れている電化製品であればどうでしょうか。人気のあるうちはたくさん保有していると、高値で販売でき、大きな利益を得られます。しかし、1年も経てば、新たな機能を持つ電化製品が市場に出回るため、保有している旧式の電化製品の価値は、1年前と比べてかなり小さいものとなります。

すなわち、商品を市場に出す「タイミング」というものがあるのです。そのタイミングを逃してしまうと、商品の価値は失われてしまい、処分するしか方法がなくなってしまいます。返品商品であっても、市場にもう一度出すためには、価値が最大であるタイミングを逃すことは大きなデメリットです。

 

今回は、返品在庫を溜めておくデメリットについてお話ししました。もちろん、返品在庫を溜めていると、管理のコストもかかってきます。返品在庫を溜めておくデメリットにより不利益を被らいないためにも、なるべく早く対処しなければなりません。

返品在庫のおすすめの処分は買い取り業者に依頼することです。まだ商品としての価値がある返品在庫を市場に回すためにも、まずは無料見積もりを行っている買い取り業者に相談することをおすすめします。

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク