在庫品の管理について知りたい方|適正在庫について解説します!

「適正在庫ってなに?」
「適正在庫にするためにはどうすればいいの?」

このような疑問を持っていらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
特に在庫に関する知識があまりない方は、詳しく把握しておきたいですよね。
今回は、そんな方向けに在庫管理に関して適正在庫について詳しく解説します。

□適正在庫とは

適正在庫とは、欠品を出さない最小限の在庫数のことです。
在庫数が少なすぎて欠品すると、販売機会を損失する恐れがあります。
また、欠品を防ぐことができても、商品棚に商品が少ないと消費者の購入意欲を無くしてしまう恐れがあります。

□適正在庫にするには

*処分のルールを作る

会社は、注文が殺到した時のために備えて在庫を多めに抱える傾向があります。
しかし、在庫を多く持ち続ける場合、在庫が増える一方で、無駄なコストの増大に繋がる可能性があるため、在庫を処分する必要があります。
それゆえ、一定の数値を超えたら処分するルールをあらかじめ作っておけば無駄な在庫を抱えずに済みます。

*定期的に処分する

定期的に処分する時間を設けておけば、在庫が溜まりすぎることはないでしょう。
これを継続的に実施することで、在庫の適正化を図ることが可能になります。
もし、不用品が非常に多いのであれば、捨てる基準が適切ではない可能性があるため、再度確認することをおすすめします。

□在庫の注意点

在庫に関して注意すべきことが2つあります。

*いつの在庫であるか

在庫数・在庫量は常に変化しており、商品が出荷されると減り、入荷されると増えます。
したがって、在庫が多いか少ないかについて判断する際は、いつの時点の在庫を見て判断するのかを決めておく必要があります。

 

*どのように算出された数かを確認する

在庫数を数えた値とは別に、発注点や安全在庫のような基準値と、理論在庫や未来在庫のような予測値の2つの種類の在庫を分けて考える必要があります。
基準値とは、発注点や発注量の計算式の中の項として現れる安全在庫のように、発注の基本として使用されるものです。
理論在庫は、所定の在庫管理を実施した時の平均在庫の予測値であり、未来在庫は出荷予測と入荷計画の差し引き計算で求められる将来時点での在庫数の予測値です。

□まとめ

今回は、在庫管理をする上での適正在庫について詳しく解説しました。
適正在庫についての正しい知識を身につけておけば、在庫管理で困ることは少なくなるでしょう。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です