在庫品の管理にかかる費用について詳しく解説します!

「在庫を管理するのに費用が発生するの?」
「在庫管理に必要な費用はどれくらいなの?」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
特に自営業をしている方は、詳しく把握しておきたいですよね。
今回は、そんな方向けに在庫品の管理にかかる費用について詳しく解説します。

 

 

□在庫管理とは

在庫管理とは、変動する需要に対する在庫数や、どのタイミングで発注すれば在庫切れを起こさず、かつ過剰な在庫にならないかを費用の最小化の観点から決定する手法です。

□在庫管理に必要な費用

在庫を抱えて管理するのには、多くの費用が必要になります。
そこで、在庫管理に必要な費用をいくつか紹介します。

 

*在庫金利

在庫金利とは、在庫保有によって生じる金利の負担のことです。
実際に金利が生じていなくても、生じていると考え、管理会計上で使われます。
在庫金利の計算方法は、棚卸資産残高に企業の平均資金調達金利を掛けて算出し、それぞれの会社の規模などによって決められることが多いです。

*人件費

在庫を多く抱え、倉庫が大きくなると、その分移動距離や在庫の入れ替え、目的のものを探す時間が多くなります。
このような時間が増えるということは、他の業務に使う時間が減るということなので従業員の生産性は落ち、人件費は自然と上がります。

*スペースにかかるコスト

在庫が多くなればなるほど、広いスペースが必要になります。
元々予定していた場所に保管することができなくなり、倉庫を増設したり、外部の倉庫に預かってもらったりすることがあります。
倉庫には、減価償却費代がかかります。
余剰在庫を置いているスペースに、他のものを置くことで有効活用できるかもしれません。
計算式は、余剰在庫の減価償却費=倉庫の減価償却費×余剰在庫のスペース/倉庫のスペースとなります。

□注意点

*在庫商品の劣化

在庫商品は、時間の経過とともに劣化してしまうことが多いです。
商品が劣化すると価値が落ち、その落ちた分だけ損害になります。
特に食品関連の商品は、劣化が早く価値が落ちやすいのでしっかりとした管理が必要です。

 

 

□まとめ

今回は、在庫の管理にかかる費用について詳しく解説しました。
在庫管理は、利益を出す上で欠かせないものであり、コストがかかるのでしっかりと理解をしておくことが大切です。
また、無駄な在庫を出さないように努力するのも良いかもしれません。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社までお問い合わせください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です