自営業の方必見|在庫品の処分の方法を詳しく解説します!

「余った在庫品を処分したい」
「在庫品を処分する方法がわからない」

このように思ってらっしゃる方は多いのではないでしょうか。
今回はそんな方向けに在庫品を残す問題点と処分する方法について詳しく解説します。

□在庫を残す問題点

*商品価値が落ちる

在庫を残すと時間の経過とともに商品は劣化してしまい、商品価値が落ちてしまいます。
特に食品関連の在庫は、劣化が早いと言われています。
在庫が余ってしまった場合は、できるだけ早く在庫を処分することが大切です。

*維持費がかかる

在庫を多く抱えてしまうと、保管する場所代や管理する人件費などのコストがかかります。

*倒産する可能性がある

在庫が多いということは、商品が売れてないということです。
つまり、お金の流れが止まっているため、会社で回せるお金が少なくなります。
お金の回りが悪くなり、使えるお金がなくなると最悪の場合、会社が倒産することがあるので注意してください。

□在庫を処分する方法

ここまで在庫を多く抱えることが倒産のリスクに繋がることを解説しました。
そこで自分で在庫を処分する方法をいくつか紹介します。

*在庫処分セールをする

どうしても在庫を処分したい、でも損はしたくないという方は在庫処分セールで値下げして販売しましょう。
うまく販売できたら損害を最小限に抑えられることがあります。

*アウトレット販売をする

在庫を長い期間抱えてしまい、在庫の状態が悪かったり劣化していたりする場合でもアウトレット販売であれば気にする必要がありません。
なぜなら、お客さんも訳あり商品を安い値段で求めている場合が多いからです。

□業者を利用する

ここまで自分で在庫を処分する方法を紹介しましたが、次は業者を使う方法を紹介します。

*業者を使うメリット

業者を使えば自分で在庫を管理したり、販売したりする手間とコストがかからない上にすぐにお金に変えられます。
また、業者が一括して在庫の査定から回収まで行ってくれる場合が多いため、未経験の方でも安心して買取してもらえます。
さらに、どんな商品でも買取対象にしている業者が多いため、廃棄する前に一度業者に査定してもらうことをおすすめします。

*注意点

業者によっては査定に料金が発生したり、査定したら必ず買い取ってもらわなければいけなかったりすることがあります。
したがって、業者を選ぶ際は注意した方が良いでしょう。

□まとめ

今回は在庫処分を検討されている方向けに在庫処分の方法を紹介しました。
様々な方法があるので、ご自身にあった方法を選んでみてください。
何かご不明な点がございましたらお気軽に当社にお問い合わせください。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です