在庫品の削減をしたい方へ!トヨタのジャストインタイム方式のデメリットを紹介!

「ジャストインタイムに関していいことばかり聞くけど、デメリットはないのかな?」

当記事では、このような疑問に答えます。
ジャストインタイムとは、トヨタ自動車が生み出した生産管理システムを指します。
英語の「Just In Time」を略して、JITとも呼ばれています。
このジャストインタイムは、生産性を最大限まで高められるので、さまざまな企業で導入されています。
しかし、ジャストインタイムには思わぬデメリットがあるのです。
そこで今回は、在庫品に携わっている方に向けて、ジャストインタイムのデメリットを紹介していきます。

 

 

 

 

□部品切れのリスクがある

どこかの部品が1つでも欠けてしまうと、全行程を止めなければなりません。
そうなると、製品を作れなくなってしまうので、売上が一気に下がってしまうリスクがあるのです。
どれだけ在庫の管理に気を付けていたとしても、災害や納品遅れなどあらゆる事態が考えられるので、ハイリスクハイリターンの方法と言えるでしょう。

□下請け企業の負担が大きくなる

ジャストインタイムでは最低限の部品のみで、最大限の生産性を求められます。
そのため、部品を製造する下請け会社は不良品がゼロの状態でなければなりません。
このように、常にミスができない状況にあるため、下請け企業にかなりの負担がかかっていると言えます。

□従業員の負担が大きくなる

また、下請け企業だけでなく、従業員の負担も増えてしまいます。
というのも、この方式を用いれば、常にラインを流し続ける必要性があるので、肉体的にも精神的にもストレスがかかってしまうのです。

□コストダウンを図るのが難しい

特に必要な分だけしか発注しないトヨタ式の生産システムを用いている場合は、大量購入をすることによって、コストダウンを図るのはかなり難しいと言えます。
そのため、規模が小さい中小企業では、大量購入によるコストダウンを図れなくなってしまうのです。

□まとめ

トヨタ式のジャストインタイムを用いると、生産性は高まり、在庫は減るものの、いくつかのデメリットがあります。
そのため、ジャストインタイムが自社に合っているのかをしっかり検討した上で採用するのが賢明だと言えるでしょう。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし、現時点で不要な在庫があれば、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です