どうすれば在庫品を削減できるの?トヨタのジャストインタイムで解決

「ジャストインタイムによる在庫削減方法について知りたい」

当記事ではこのような要望に応えます。
ジャストインタイムは物流などに携わっているとよく耳にするのではないでしょうか?
ジャストインタイムとは、トヨタ自動車が生み出した生産管理システムのことです。
英語の「Just In Time」を略し、JITとも呼ばれます。
「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」製造することで、無駄なコストをそぎ落とし、生産性を最大限まで高められます。
そこで今回は、ジャストインタイムを用いた在庫削減方法を紹介します。

□ジャストインタイムの前提条件

ジャストインタイムを知るうえで欠かせないのが「平準化」という考え方です。
平準化とは、どんなときでも一定の生産量や生産する商品が流れ続けている状態を指します。
平準化生産は、生産量と種類が一定なので、前後の工程において在庫を抑えられるのです。

□ジャストインタイムの3原則

*必要数でタクトを決める

原則として、必要数でタクトを決めなければなりません。
タクトタイムは1個当たりどれぐらいの時間で作ればいいのかというスピードを表します。
顧客の必要とする個数を把握したうえで稼働時間から生産必要数を割ると、1個当たりに必要な時間を算出できます。
例えば、稼働時間が6時間、生産必要数が500個なのであれば、21,600秒÷500で1個当たり約43秒以内に作ればいいということになるのです。
これにより、計画的に進捗度を把握できます。

*工程の流れ化

工程の流れ化とは、1個流し生産・ロット生産を行うことにより工程内で商品を停滞させない方法のことです。
1個流し生産とは、それぞれの工程の機械を近接させ、そこに1個ずつ品物を流すという生産方法です。
また、ロット生産とは、ある品物の集合体を1工程ずつ生産する方法です。
これによりスピーディーにものを作れるのです。

*後工程の引き取り方式

後工程の引き取り方式とは、後工程が前工程から、「必要なものを、必要なときに、必要なだけ」引き取る方法です。
後工程から引き取ることにより必要な分だけ生産できるため、無駄がなくなります。

□まとめ

当記事では在庫削減に悩んでいる方に向けて、在庫削減方法を紹介しました。
今回紹介した内容は、それぞれ在庫削減に有効な考え方なので、この機会に理解して、ぜひ実践してみましょう。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
もし不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です