滞留在庫と余剰在庫の違いって何?【在庫管理基礎知識】

「滞留在庫と余剰在庫の違いって何だろう?」
このような疑問に答えます。
会社で「モノ」を販売するとなると、在庫を保管することになるでしょう。
在庫に関する仕事をするのであれば知っておきたいのが、「余剰在庫」と「滞留在庫」です。
そこで今回は在庫管理について知りたい方に向けて、「余剰在庫」と「滞留在庫」について紹介します。

□余剰在庫と滞留在庫の違い

*余剰在庫とは

余剰在庫は必要以上に仕入れた商品が、倉庫などに置いたままになっている状態を指します。
ただ、余剰在庫は余っているだけなので売れる可能性があります。

*滞留在庫とは

滞留在庫は、何らかの対策をしたとしても、売れる可能性がほとんどない在庫のことを言います。
そのため、余剰在庫や滞留在庫は業者に買取ってもらうことを検討するとよいでしょう。

□在庫を業者に買取ってもらうメリット

*現金として資金を確保できる

不要な在庫を売ることで、すぐに在庫を現金化できます。
資金が不足している場合は、特に効果的です。

 

*管理費がかからなくなる

不要な在庫を管理するとなれば、光熱費や倉庫費などの管理費がかかってしまいます。
しかし、業者にこれらの在庫を全て買取・処分してもらえれば管理費は不要です。

*人件費がかからなくなる

余剰在庫や滞留在庫が残っていると、在庫を管理する人・運搬する人に支払う人件費がかさみます。
これらは、売り上げに直接関係しないような非生産的な費用なので、売れる予定のない在庫は処分してしまいましょう。

□良い買取業者を選ぶポイント

*出張買取を行っている

会社の在庫を買取ってもらうとしても、量が多いと運搬するだけで苦労します。
そのため、事前に出張買取を行っているのかを確認しておきましょう。

*電話やメールの対応が早いかどうか

業者に連絡をした場合、相手の対応が早いかどうかをチェックしましょう。
また、丁寧に対応してもらえるかどうかも、今後の買取相手を選ぶ上で重要なので確認しておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は、余剰在庫と滞留在庫の違いについて紹介しました。
余剰在庫と滞留在庫の一番の違いは、売れる可能性があるかどうかという点です。
特に滞留在庫は、売れる可能性はかなり少なく、在庫コストがかかってしまうので、できるだけ早くに買取ってもらうのがおすすめです。
当社では法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です