在庫品の海外輸出の際の注意点とは?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品を買い取ってもらいたい」
「在庫品を海外輸出する際の注意点を知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
在庫品を輸出する際に気をつけておくべき点がいくつかあります。
そこで今回は、皆さんに海外輸出をするときの注意点をいくつか紹介します。

□注意点

*法規制

法律に関することで違反した場合は、処罰を受けないといけません。
最悪の場合、国同士の交渉になる危険もあるため注意してください。
トラブルにならないためにも、事前に法律の面で輸出規制に違反していないかを確認してください。

 

*調査

海外輸出をする際は、事前に海外の市場を調査しておいてください。
海外輸出には、運送費や税関の経費などの面で費用がかかります。
また価格を設定する際は、これらの費用を上回る利益を確保できる価格にしないといけません。
そのため、設定価格が輸出国で売れるかどうかを調べておく必要があります。

*影響を把握する

海外輸出をする際は、輸出国の影響を考えることが重要です。
輸出する在庫品は、期間限定品になることが多いため、需要が見込めるかを確認する必要があります。
一度に大量の在庫品を輸出してしまうと失敗する可能性が高いです。
そのため不安なときは、定期的に輸出を行うことをオススメします。

*証明書

海外輸出をする際は、インボイスが必要です。
インボイスとは、輸出国が輸入国に送る商品の証明書のことです。
国際配送する際の情報に加えて、商品・着地・出荷地・取引条件・金額・数量なども記入しないといけません。

インボイスにもいくつか種類があります。

・プロフォーマ
この種類は、見積もりとして作られるものです。
正式なものではなく、仮に使うものとされています。

・コマーシャル

この種類は、請求書と同じように使われます。
これに記載されている価格を支払います。
税率を計算する際にも使われるので、詳細に記入する必要があります。
不備がある場合は、修正申告をする必要があり、時間がかかるので注意してください。

・ショッピング

この種類は、配送指示書や納品書に使われます。

・カスタムズ

税関を対象とした書類です。
海外輸出をする際に、輸入国が作る書類です。

□まとめ

以上、海外輸出をするときの注意点をいくつか紹介しました。
在庫品を海外輸出する際は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、在庫品の海外輸出をしております。
在庫品の買取に興味がある方は、ぜひ一度連絡してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です