在庫を持っているだけで税金がかかるなんて!買取を依頼するのがおすすめの理由とは

「もうお店をたたむことに決めたけれど、在庫が余っている…」
「在庫品を持っているだけで税金がかかるといううわさを聞いたけど本当なの?」
このように思ったことはありませんか?
今回は、在庫品を抱えたままにしておくと本当に税金がかかるのか、またその対策についてお話しします。

 

□在庫に直接税金はかからない?

まず、
「在庫に税金がかかる」
というのは正確な表現ではありません。
正確には、
「余剰在庫も売り上げの一部として計算されてしまい、それも含めた利益に所得税がかかる」
なのです。

在庫である棚卸資産(たなおろししさん)というのは、決算期末に所有している在庫の数をもとに計算されます。
そして、その数字によって税金額が決定されるという仕組みです。
在庫が少ないほど数字は小さくなり、税金額が減るのです。

利益に所得税として税金がかかるのは当たり前ですよね。
それに対して、
在庫に税金がかかるということは、在庫を棚卸資産として資産評価して直接税金をかけるということではありません。
さきほどお伝えしたように、固定資産はかからないけれど利益として計算されてしまいます。
そのため、期末商品の棚卸資産が少ない方が納める所得税が少なくなるということなのです。
決算期末を迎えるまでに在庫処分セールが数多く行われるのはそのためです。

 

□じゃあ不良在庫はどうしたらいいの?

直接税はかからないとしても、できるだけ支出は減らしたいですよね。
お店をたたむ場合や、決算が近づいている場合はなおさらです。

在庫を処分するのに最適な方法はどのようなものなのでしょう。
セール販売やアウトレット販売、買取業者への依頼などさまざまな方法があります。
ここでは、買取業者に依頼する方法をピックアップしておすすめします。
買取業者に依頼して在庫品を買い取ってもらう方法のメリットは、処分したい商品を一括で一気に利益にできるという点です。
セール販売やアウトレット販売のように、お客様の手に渡り現金になるまでのことを考える必要もありません。
余計な手間をかけずに抱えている在庫を処分できるのです。

□まとめ

以上、
「在庫品に税金がかかるとはどういうことなのか」

「不良在庫を処理する方法」
についてお伝えしました。
おすすめの方法の中で買取業者への依頼を取り上げましたが、最近は無料査定を行っている業者が多くなっているようです。
手元に残って困っている在庫品がございましたら、買取業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です