買取してもらえるの?日用品の片付けで出てきた在庫のゆくえ

「家を掃除したら在庫となった日用品が出てきて、処理に困っている…」
「日用品の片付けの方法を知りたい!」
このように思ったことはありませんか?
日用品は、絶対に使わないと言い切ることができないのでついついストックしてしまいがちですよね。
今回は、日用品の片付け方法と、捨てると決まったものの処理方法についてお伝えします。

□まとめて、広げて、選ぶ!

まず最初にお伝えするのは、日用品の片付け方法です。
「断捨離」
という言葉がすっかり定着していますが、実際にものを捨てるというのは意外と難しいものです。
「これはいつか使うはず!」
「もしかしたらこれも使うかも!」
このように、断捨離しようと意気込んだものの、結局何も捨てられなくなった経験がある方が多いのではないでしょうか。
そこで、断捨離のやり方としておすすめするのが
「まとめて、広げて、選ぶ」
という方法です。
これは、日用品の中でもある程度分類してから、いらないものを選ぶという方法です。
たとえば、キッチン用品というカテゴリーにまとめて、食器や調理器具、ラップやキッチンペーパーを仕分けするのです。
それが終わったら次は洋服、タオル、食品というように進めていきます。
ものを広げるある程度のスペースを確保してこの方法を使うと、手当たり次第に選ぶよりも効率が良くなります。
捨てる方法がわからなかったり、手間がかかるからという理由で放置していたりした日用在庫品もこのときに捨てるものと一緒にして処分してみてはいかがでしょうか。

□捨てるルールを設定しておく

次にお伝えするのは、
「まとめて、広げて、選ぶ」
を設定しておくことです。
1年以上使わなかったもの、すぐに買いに行けるものなど、自分なりのルールを決めてしまえば悩む時間が減ります。
どうしても決められないというものだけ後でよく考えることにしたら、大幅に時間を短縮できます。

 

□捨てると決めたものは?

捨てると決まった在庫品は、ゴミとして処分してしまう方法もありますが、まだ使用できたり食べられたりするものなら有効活用できます。
リサイクル業者や買取業者に依頼することで、捨てるはずだった日用品に価値が生まれます。
特に、買取業者に依頼し、買い取ってもらえたら現金化できるのです。
最近は、家電や機材だけでなく食品やコスメ、スキンケア用品、調理器具や家具などの日用品の買取を行っている業者が増えています。
また、買い取ってもらう場合は劣化や値段が下がることを防ぐために、なるべく早い査定をおすすめします。

 

□まとめ

以上、日用品をスッキリ片付ける方法、いらないものを在庫品として処分する方法についてお伝えしました。
お伝えした方法を実践して不要な在庫品を一掃することによって、一気にお部屋が広くなるかもしれませんね。
また、未使用の在庫品があるようでしたら、一度買取業者のウェブサイトを確認して、どのようなものを買い取っているのか調べてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です