もう増やさない!日用品の在庫を管理するコツとは

「在庫を管理するポイントって?」
「上手な日用品の在庫管理の方法が知りたい!」
そんな風に考えている方はいらっしゃいませんか?
気づいたら毎月在庫品がどんどん増えているということもあるのではないでしょうか。
そこで今回は、日用品の在庫を上手に管理するためのコツをいくつかお話しします。

 

□データと実際の数字が一致するようにする

最初にお話しするコツは、

「データ上の在庫の数と実際の在庫の数が一致するようにする」
ということです。
倉庫にあるストックの量が正確にわからないと、発注の際に多く発注しすぎて余剰在庫が増えてしまいます。
曖昧なデータを見て、欠品を防ぐためにとりあえず多めに生産してしまうのです。
決算時にそれがわかった場合、棚卸減耗(たなおろしげんもう)として処理されてしまいます。
日用品だからすぐ売れると思い込んでいると、どんどん余剰在庫が増えます。
このようなことを防止するためにも、正確なデータを更新し続けることが大切なのです。
小売店や販売会社に出荷した数、倉庫に入荷した商品の数の管理を徹底することが在庫管理のコツなのです。

 

 

□在庫品が整理整頓された状態を保つ

次にお話しするコツは、
「在庫品を常に整理整頓された状態にしておくこと」
です。
これを習慣化することによって、在庫品の正確な数を管理しやすくなります。
どの商品がどの棚にあといくつあるのかをすぐにわかるような状態にしておくことで、データ管理が簡単になります。
これを徹底すると、二重発注を防ぐこともできます。
今どのくらい在庫があって、あとどのくらい必要なのかを明確にしていると、不良在庫や余剰在庫が少なくなるのです。

 

 

□必要のない在庫は?

以上で述べたように在庫の整理をすると、過去に二重で発注してしまった在庫のように、必要のない在庫が見つかる場合があります。
そのような場合は、アウトレット販売やセール販売、買取業者への依頼などの方法で処分できます。
特に業者による買取を依頼した場合、売れずに会社のマイナスとなっていた不要な在庫品が、会社の利益としてプラスになるのです。
最近では、家電や家具だけでなく、食品や日用品も買取してくれるという業者も増えているようです。

 

□まとめ

以上、日用品の在庫管理のコツをお話ししました。
データ管理を徹底することによって、在庫がどんどん増えていくのを防ぐことができます。
不要な在庫はないかどうか、データ上の数字と実際の在庫の数は合っているかどうかをチェックしてみてはいかがでしょうか。
そして、不要な在庫品があった場合は会社にとってプラスになる方法で処分することで、効率よく日用品在庫を管理できるのです。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です