在庫品の適正な量の求め方とは?|在庫品の買取業者が詳しく解説

「在庫はどれくらいの量があればいい?」
「在庫品の量の調節が難しい」
このような悩みを抱える事業主様は多くいらっしゃいます。
在庫品が多すぎることは良くありませんが、全くなければお客様や取引先の業者から頼まれた際にすぐに商品を供給できないですよね。
そこで今回は、所有する在庫の適正な量の求め方をご説明いたします。

□適正な在庫量を求める流れ


先ほども示しましたが、在庫はお客様や取引先から注文を受けた際にスムーズに供給するために必要です。
ここで、「リードタイム」という言葉が重要になってきます。
リードタイムとは、発注がきてから商品を届けるまでの日数のことです。
まずは、自分の会社のリードタイムがどれほどかかるかを理解しましょう。
リードタイムを正確に理解することで、多く在庫を抱えてしまったり、在庫不足になったりする可能性が一気に少なくなります。
次に、お客様のリードタイムをしっかり理解しましょう。
これは、お客様が注文してから商品がお客様の手元につくまで時間です。
これらの二つのリードタイムを理解して、その差やギャップを理解しましょう。
もし、自社のリードタイムが短く、お客様のリードタイムが長い場合は、それほど多く在庫を抱える心配はありません。
なぜなら、お客様の注文があってから発注をしても間に合うからです。
一方で、自社のリードタイムが長くかかってしまうにもかかわらず、お客様のリードタイムが短い場合は在庫を多めに用意することを心がけましょう。

□在庫量を決める際の注意点


しかし、一つ注意が必要なことは、これらの二つのリードタイムから適正な在庫量を算出したとしても不測の事態が起きる可能性があるということです。
特に、一般のお客様が購入する商品の場合は特に注意が必要です。
市場に絶対というものはないので、もしかすると自社の製品が芸能人や有名人にテレビやSNSで紹介されて、ある日突然注文が多くなるかもしれません。
したがって、このような商品を取り扱う場合はできる限り少し余裕をもって在庫を用意しておく方がよいと思われます。

□まとめ


適正な在庫量を求めることは、利益を出すために非常に重要です。
リードタイムを調べる際には、できる限り多くのデータを用意してたくさんの人で話し合うことが必要です。
しかし、どれほど入念に計画を立てても予想に反する出来事は起きてしまいます。
万が一、在庫が多くなってしまった場合には弊社の在庫品の買取サービスをご利用ください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です