個人事業主の方必見!滞留在庫の処分の方法を買取業者が解説!

「滞留在庫が思ったより残ってしまっている」
「滞留在庫を管理するコストを削減したい」
このようなお悩みを抱える個人事業主様は、多くいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、滞留在庫の処分の方法についてご紹介します。

□捨てる


滞留在庫が溜まってしまった方は、廃棄するという方法を真っ先に思いつくのではないでしょうか。
しかし、持ち運びが困難な大きな商品や滞留在庫の数が多い場合は、処理のコストがかかってしまいます。
実際に、滞留在庫のコストとあまり変わらない額になってしまうことも少なくありません。
そして、ごみとして処分されてしまうと、地球環境を汚染してしまいます。
廃棄することは最も簡単な処分方法ですが、できる限り避けたいですね。

□セールを行う


割引や値引きをして安く売ることです。
捨てることなく、自社製品をお客様に提供できるので気持ちのいい処分方法です。
しかしこの方法のデメリットは、セールをしすぎてしまうと製品の価値が下がってしまうことです。
セールを頻繁に行うと、通常の値段で買うお客様が少なくなってしまいます。
また、いつもセールをしているお店という不名誉なイメージがついてしまうかもしれません。
会社の売り上げに大きく響いてしまう可能性もあります。
よって、年末年始といった節目にクリアランスセールを行うことや福袋などにしてまとめ売りすることが効率的です。

□滞留在庫の買取専門業者に依頼する


セールを行っても売れ残ってしまった製品や、できる限り値引きしたくない商品の場合はどうすればよいでしょうか。
ここで活躍するのが滞留在庫の買取専門業者です。
滞留在庫の買取業者とは、その名の通り、滞留在庫を買い取ってくれる会社のことです。
買取業者に依頼すると、査定が終わり次第すぐに現金化することができます。
お金を払って処分するよりも、経済的に考えて圧倒的に良いです。
査定の金額次第では、セールでたたき売りするよりも高く売れる可能性もあるので、セールを行う前にぜひ査定をしてみてください。
また、買取業者は対応する地域や商品は、もちろん査定金額も業者ごとにかなり異なります。
買取業者を選ぶ際は、できる限り高い金額で買い取ってもらえる業者を利用するようにしましょう。

□まとめ


以上が在庫を処理する主な方法です。
滞留在庫を処分することは、節税にもつながり会社の経理にも優しいことです。
また、滞留在庫の買取業者をお探しの方は、ぜひ25年以上の買取実績のある弊社にお任せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です