在庫品を処分をする効果とは?|在庫品の買取業者が詳しく解説

「在庫品が多くなってきた・・・」
「在庫品を処分するか迷っている」
在庫品の処理って難しいですよね。
もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまい、倉庫に保管している商品も多くあると思います。
このような悩みを抱えている皆様に、今回は在庫品を処分するメリットについて詳しく解説していきます。

□節約につながる


在庫を管理するには、思いのほかたくさんの費用がかかっています。
まず、滞留在庫も商品であるので、品質を維持するために一定期間ごとに品質をチェックする人員の人件費です。
もう一つは、滞留在庫の数が増えるにつれてたくさんのスペースを使うようになります。
そのため、会社の倉庫のスペースを圧迫し、さらに会社の倉庫ではスペースでは足りなくなった場合は、別に倉庫を借りるようになることもありますね。
この倉庫を借りている賃貸料や、倉庫の土地代には多くの金額がかかっています。
思い切って在庫を処分することで、今まで滞留在庫の品質管理を担当していた人件費や倉庫を維持するための費用をかなりカットできます。
滞留在庫は、持っているよりも会社の売り上げや経理に大きな負担がかかっていることがあるので注意しましょう。

□新しいことをはじめるきっかけにもなる?


今では滞留在庫となってしまった商品も、最初は「たくさんの売り上げが見込める!」と思い取り扱いを始めた商品が多いですよね。
そのため、もしかしたらまだ売れるかもと思ってしまいがちです。
しかし、思い切って滞留在庫を処分することで、心機一転し新しい商品を取り扱いを始めるきっかけに繋がります。
売れる見込みの低い滞留在庫よりも、もっと売れそうな新しい商品を探してみましょう。

□税金が安くなる?


滞留在庫は、税務上会社の資産として扱われます。
よって、年度末の売り上げや利益の調整の際に思いがけない税金の負担をしてしまうかもしれません。
特に負担が増える部分が利益に関する税金です。
商品を購入した原価ではなく、滞留在庫を差し引いた原価で計算するため実際の利益よりも多く税金を払うことになってしまいます。
ぜひ年度末までに滞留在庫を処分し、節税をしましょう。

□まとめ


売り上げをあげるために、新商品の取り扱いや開発をする前に滞留在庫を処分して無駄な経費を節約することを検討してみましょう。
滞留在庫を処分する際には、廃棄も良いですが買取業者もご検討ください。
買取業者をお悩みの方は、ぜひ長年の信頼のある弊社にお任せください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です