棚卸の際に在庫を減らすメリットについて解説します!

皆さんは棚卸時に在庫を減らすことによるメリットをご存知ですか?
在庫は持っていることで品切れを防ぐことができますが、あまりたくさん持ちすぎると、いくつかのデメリットが出てくるため、在庫を減らす必要性が出てきます。

そこで今回は、棚卸時に在庫を減らすことによるメリットについてご紹介していきます。
現在在庫の増加に危機感を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

□棚卸時に在庫を減らすメリット

大きなメリットは、ずばり税金の負担を減らすことができることです。
在庫と税金については密接な関係があり、棚卸時の在庫が増えれば税金の負担が増えてしまいます。
税金は売上総利益に対してかかってきますが、その売上総利益は「売上-売上原価」で表されます。
売上原価は「期首在庫-仕入高-期末在庫」で表されますが、期末在庫が増えれば増えるほど売上原価は低くなっていきます。
つまり、棚卸時の在庫が増えれば増えるほど売上原価が減って、売上総利益が上がり、税金が増えてきてしまうということが分かります。
そのため、棚卸時の在庫を減らすことができると売上総利益を減らすことができ、結果的に税金の負担を減らすことができるというメリットがあります。

□在庫を減らすには

上にあげたメリットを享受するためには在庫を減らす必要があります。
そして在庫を減らすためにはいくつかの方法があります。

*セールで売る

「在庫処分セール」と銘打って在庫処分のセールが行われているお店を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
セールで売ることによって、商品の価格は安くなるので利益は減ってしまいますが、廃棄をすることに比べると、利益は確保できます。

*買い取り業者に依頼する

買い取り業者に依頼することによって、手間をかけることなく在庫を処分することができます。
また、すぐに現金化することができるので資金繰りにも良い影響を及ぼします。

*廃棄する

廃棄をする際には、コストがかかったり環境に対して負荷をかけたりしてしまうことがありますが、在庫処分をする方法の一つです。

□まとめ

今回は棚卸時に在庫を減らすことによるメリットについてご紹介してきました。
棚卸時に在庫を減らすことによって、税金の負担を下げることができるということでしたね。
在庫を減らすためには、セールなどで安く売却したり、廃棄したり、買い取り業者に依頼するという方法があります。
増える在庫に危機感を感じている方はぜひお役立てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です