滞留在庫の回転率を分析する方法について解説します!

皆さんは在庫回転率についてご存知ですか?
在庫回転率とは、1年間に何回在庫が回転したかを表す数値ですが、これが分かっていればより効率的に在庫管理を行うことができます。
そこで今回は在庫回転率はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話していきます。
増える滞留在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

□計算方法

在庫回転率=1年の売上げ÷在庫金額」で求めることができます。
例えば1年間で全体として12万円の売上げがあったとして、1つの商品の平均価格が2万円であった場合、「12万円÷2万円」と計算することができます。
この例の場合の回転率は6回となり、1年間に6回その商品が仕入れられて、平均2ヶ月で売れたことが導き出されます。

つまり回転率が高い場合は商品がよく売れており、効率的であるといえます。
低い場合は商品が売れておらず、それだけ在庫が眠っていることが分かります。

□分析の仕方

在庫回転率が何回くらいが好ましいかは、業種によっても異なってくるので、いくつかの同業他社と比較したりして分析してみると良いでしょう。
例えば製造業では回転率が低くなりますが、その逆で回転率が高くなる業種もあります。
その道に詳しい人でなければ、なかなか適切に分析をすることは難しいですが、誰にでも分かりやすい目安も存在します。

回転率が5回以下の場合は非常に低く、眠っている在庫が多いと考えられるため、一度眠っている在庫を見直す必要があります。
5~10回の場合は高いとは言えませんが、在庫を見直すことでもっと上げることができそうです。
20回以上になってくると、高いと言うことができ、非常に良い状態です。
回転率は高いほうが効率的であると言えますが、高くなりすぎてしまうと在庫の補充が追い付かなくなってしまうこともあるため、品切れの状態に陥ってしまいます。
そうなると顧客からの信頼を失いかねないので、注意が必要になってくるでしょう。

□まとめ

今回は在庫回転率はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話させていただきました。
在庫回転率は高ければ高いほど多く売れていて、低ければ低いほどあまり売れてないということでしたね。
またどの程度が好ましいかは同業他社と比べるべきで、適切な回転率を目指すことが好ましいでしょう。
滞留在庫にお悩みの小売業者の方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です