不良在庫にお悩みの方必見です!在庫の回転期間の分析方法とは?

皆さんは在庫回転期間についてご存知ですか?
在庫回転期間とは、在庫を販売するまでにかかる期間を表す数値ですが、これが分かっていればより効率的に在庫管理を行うことができます。
そこで今回は在庫回転期間はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話していきます。
増える滞留在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□在庫回転期間とは

在庫回転期間とは在庫を販売するまでにかかる期間のことです。
よく似た言葉で在庫回転率という言葉がありますが、これは1年間に何回在庫が回転したかを表す数値で、在庫回転期間と逆数になっています。

 

□在庫回転期間の計算方法

在庫回転月数は「棚卸資産÷(売上原価÷12)」で求めることができます。
例えば棚卸資産が30万円で1年間の売上原価が120万円であった場合、「30万円÷(120万円÷12)=3カ月」と計算することができます。
この例の場合の回転月数は3カ月となり、3カ月経たないとその在庫が売れないということが導き出されます。

つまり回転期間が短い商品の方がよく売れており、効率的であるといえます。
逆に、長い場合は商品が売れておらず、それだけ在庫が眠っていることが分かります。
ちなみに在庫回転期間を月数ではなく日数で知りたい場合は、
棚卸資産÷(売上原価÷365)」で求めることができます。
月数よりも日数の方が細かくわかりやすいので、細かく知りたい場合はこちらの計算方法をおすすめします。

 

□在庫回転期間の分析の仕方

在庫回転期間がどれくらいが好ましいかは、業種によっても異なってくるので、いくつかの同業他社と比較したりして分析してみると良いでしょう。
同業他社と比べることによって、その会社より効率が良いのか悪いのかを知ることができます。
在庫回転期間が他社よりも自社の方が長く、効率が悪いことが分かった場合は、その原因を追及してできることから改善をしていきましょう。
ちなみに、小売業者全体の平均の在庫回転期間はおよそ26日となっています。

□まとめ

今回は在庫回転期間はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話してきました。
在庫回転期間は長ければ長いほどよく売れていて、短ければ短いほどあまり売れてないということでしたね。
不良在庫にお悩みの小売業者の方はぜひお役立てください。

また、当社でも在庫の買取を行っております。
在庫の処分にお困りの方はお気軽にご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です