売れ残った在庫の削減方法とは?|在庫買取なら白石商事

商品が売れ残った場合、どのように処理したらいいのか悩むことはありませんか?
余剰在庫はできるだけ溜めておきたくないものですよね。
今回は、売れ残った在庫の処理方法をいくつかご紹介いたします。

 

□売れ残りの在庫処理方法

売れ残った在庫品は、どのようにして処理すればいいのでしょうか?
その方法には、代表的に次のようなものがあります。

*ABC分析

「ABC分析」とは、在庫をいくつかのグループに分けて優先順位を決める方法です。
扱っている商品をA、B、Cの3つのグループに分けて、ランク付けを行っていくのです。
別名「重点分析」とも呼ばれます。

まず、Aグループは主力商品を対象にします。
売れ筋が良い商品を分類し、発注量や在庫量を増やして売り上げ規模を拡大していきます。
ただし、いつまでも売れ続けるとは限らないため、売上動向を見守る必要があります。

次に、Bグループには準主力商品を分類します。
現状売上を維持するために、ある程度の在庫確保を行います。
また、同時に主力商品になれるように販売を促しながら、全体の売上バランスを整えていきます。

そして、Cグループは非主力商品です。
これは、あまり売れない商品であるため、できるだけ在庫削減を行うようにします。
売れ行きが良くないときは、売り切れるようにセールを開催すると良いでしょう。

このようにして、販売商品の優先度を決めて、在庫が残らないように調整するのがABC分析です。

*ジャスト・イン・タイム

「ジャスト・イン・タイム」とは、「必要なものを、必要なときに、必要な分だけ」という意味です。
つまり、在庫が無駄にならないように、必要なときだけ、必要な分を仕入れるという手法です。
そのため、効率よく仕入れるように、細かな計画を立てる必要があります。
「ムダ、ムラ、ムリ」がないように考えられた方法です。

*業者による買取

これまでは、自社で行うものをご説明いたしました。
しかし、これらの手法を取り入れても完全に在庫がなくなるとは限らず、余った在庫に手を焼くこともあるでしょう。
そこで、おすすめなのが「業者による買取」です。
これは業者が進めてくれるものなので、手間が省けます。
また、ABC分析やジャスト・イン・タイムとは違い、在庫を確実に処分できます。

このように、どうしても余った在庫の削減方法がわからない、手間がかかって面倒だと考える方には、買取がおすすめだと言えます。

 

□おわりに

このように、在庫品の処理方法は複数あることをご紹介いたしました。
他にも、様々な在庫品の削減方法はあるので、気になる方は是非弊社までご連絡ください。

また、弊社では、買取を行っているため、買取について不明点がある場合はいつでもお問い合わせください。
お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です