決算前の在庫処分が節税対策になる理由とは?|在庫買取なら白石商事

「決算前に在庫処分をしたら、節税対策になると聞いたが、なぜなのだろうか?」

「在庫処分の方法として、効率的なものはあるのだろうか?」

このようにお考えになったことはありませんか?
確かに、損をしないように節税対策や在庫処分の方法を知るのは重要です。
そこで、今回は、決算前の在庫処分が節税対策になる
理由と在庫処分の方法をご紹介いたします。

 

□なぜ決算前に在庫処理をすると、節税できるの?

在庫処理をして節税できる理由は、「売上原価」と「棚卸資産」が関連しているからです。

「棚卸資産」とは、いわゆる在庫を指しており、決算書上では資産に計上され経費として扱われないのです。
本来、商品は売上に対して原価として扱われるので、経費に含まれます。
しかし、在庫は経費に含まれないことから、これでは損をしていることになるのです。

一方、「売上原価」とは、商品の仕入れや製造にかかった金額のことです。
その売上原価を求める式は、次のように表されます。

「売上原価=前年度の繰越分+今年度の仕入れ分ー棚卸資産」

この式から、棚卸資産を小さくするほど売上金額が大きくなることがわかります。
そして、利益を求める式は、次の通りです。

「利益=売上総額ー売上原価ーその他の経費」

これからは、売上原価が大きくなるほど、利益は小さくなることを指します。
つまり、この2つの式から、利益が大きくなるほど在庫は余っており、結果、収益は伴っていないということができます。
よって、棚卸資産である在庫を処分することで、売上原価は大きくなり、課税対象である利益を抑えることが可能なのです。
そのため、在庫処分は節税対策になるのですね。

□在庫処分の方法

では、在庫処分をする方法として、何があるのでしょうか?
おすすめなのは、業者による買取です。
全国にある買取業者に依頼をして、買い取ってもらい、転売する方法です。
これをすることで、在庫処分の手間が省けます。

一般的に、在庫処理の方法として決算前セールというものがあります。
しかし、セールを行うためには手間がかかるうえ、安価にしたからと言って全てのものが売れる保証はありません。
業者による買取であれば、その場で一括で処分できるのが大きなメリットになります。

□おわりに

以上、決算前の在庫処分が節税対策になる理由と、在庫処分の方法として業者からの買取をご紹介いたしました。
白石商事では、在庫商品の買取を専門としております。
今回の内容により、在庫商品の買取に関して気になる方は、是非お問い合わせください。
お待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です