在庫品を減らす理由とは?在庫削減の時期と買取についてももご紹介

在庫は減らした方がいいという話を耳にしたことはありませんか?
そして、この話を聞いたとき、なぜ減らした方がいいのか疑問に思ったこともあるのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫を減らした方がいい理由と、減らす時期、さらに減らす方法をご紹介いたします。

 

□在庫を減らすべき理由とその時期

在庫が多ければ、何がいけないのでしょうか?
その理由は、次の3つが挙げられます。

*品質の低下

在庫を長期にわたって放置していると、品質が落ちていきます。
品質が下がってしまうと、商品価値も低くなってしまい、最終的には廃棄するしかありません。
売上や利益も得られないうえに、後処理も面倒になるので、在庫は少なくするべきなのです。

*保管場所の維持管理の困難さ

在庫が多くなると、保管する場所の管理と維持が困難になってしまいます。
在庫を高品質のまま保存するために、商品によっては保管場所の温度や湿度調整など、安全な保管方法の確保が求められることがあります。
すると、維持費用が自然とかかります。
さらに、在庫を管理するための人件費や物の出し入れをする運送費もかかります。
このように、在庫を減らしていかなければ、保管維持に手間がかかり、必要のない費用もかかってしまいます。

*キャッシュフローの減少

在庫が多ければ、今年度末の資産に加えられます。
しかし、それは逆に、キャッシュフローが減少してしまうことでもあるのです。
キャッシュフローとは、会社状態をお金の流れで確認できることです。
キャッシュフローが悪化してしまうと、自由に使えるお金が少なくなり、黒字倒産をしてしまう可能性を生み出してしまうのです。
よって、在庫の増加は会社経営にも関連すると言えます。

以上より、在庫は減らしたほうがいいことがわかります。
そして、その在庫削減は、特に12月に検討するのがおすすめです。
なぜなら、確定申告をしなければいけないからです。
確定申告では、資産や経費の計上を行います。
従って、無駄な支出を示さないように、12月あたりに在庫削減をするのがおすすめです。

▢在庫削減の方法

では、在庫を減らす方法に、一体何が挙げられるのでしょうか?

それは、買取です。
買取業者に依頼して、実際に買い取ってもらえば、在庫管理などの手間を省くことができます。
一般的に、在庫削減として決算セールが挙げられることがあります。
しかし、開催するための手間がかかってしまうので、その必要のない買取が効率の良い方法だと言えます。
また、買取の支払いもすぐに行うことができます。
買取業者の到着後、1週間以内に支払いをさせていただく仕組みです。

このように、素早さをもって、買取を進めるのが特徴的です。

 

▢おわりに

このように、在庫を減らすことは会社経営において重要であることがわかりました。
また、在庫削減の良い時期やその方法も、知っておいて損はありません。
以上より、ご不明な点があれば、是非弊社までご相談ください。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です