食品の在庫処分方法にお悩みの方へ!業者へ依頼するときのポイント

食品というのは、おいしく食べられるために作られたものです。

製造したすべての食品が、お客様のもとに届き、おいしく食べていただけるということが望ましいですが、在庫として倉庫に残ってしまう食品も存在していますよね。

食品の流行りというのは、さまざまな波があり、まだおいしく食べられるのに在庫として余ってしまうということが、多々起こってしまいます。

そんなときには、どのように食品の在庫を処分すればよいのでしょうか。今回は、食品の在庫の処分方法についてお話しします。

 

●食品はなるべく早く在庫処分を!

食品は、衣服や機械などと比べ、「賞味期限・消費期限」という期限があるため、長期間保存すると、最終的には廃棄という道しかなくなってしまいます。そのため、在庫として残っている食品は、なるべく早く処分しなければなりません。

「賞味期限・消費期限」が切れた商品は、商品価値が失われるため、買い取りが不可になることがほとんどです。また、「賞味期限・消費期限」が切れても買い取りしている業者がありますが、その後どのような扱いをされるのか不透明な場合が多いようです。

「処分」という文字を見ると、食品を粗末にしてしまうのでは、と感じる方もいらっしゃるでしょう。しかし、在庫買い取り業者に依頼し、「処分」することは、食品がまたお客様に届く可能性をよみがえらせることです。

定期的に在庫の整理をし、不良在庫であると判断した場合はなるべく早く、買い取り見積もりの依頼をすることをおすすめします。また、上記のように食品の在庫処分にはスピードが大切である場合が多いため、手続きがスムーズに行える業者を選びましょう。

 

●安心の再販ルート

食品在庫の処分で、買い取り業者に依頼するときに最も心配することの一つが、「買い取られた食品は、どのように再販されるのだろう…」ということではないでしょうか。

食品にとって、最も重要なのは「安全」です。

せっかく今まで築いてきた、皆さんの会社の「安全」のイメージが、不法に再販されたなどの理由で一気に壊れてしまうことが最も恐ろしいと思います。

そのような事態を防ぐために、買い取り業者に食品の在庫処分を依頼するときは、どのように再販されるのか明確であり、再販方法についてこちらの希望を通せる業者を選ぶと安心です。

 

 

今回は、食品の在庫処分について、特に大切なことについてお話ししました。

食品の在庫処分は、「早さ」と「安全性」を重視してください。業績のある買い取り業者であれば、手続きも明確であり、再販の方法も明示されていることが多いです。食品の商品価値が失われてしまう前に、業績のある信頼度の高い業者を選び、お早めに見積もり依頼をすることをおすすめします。

 

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク