在庫処分することで考えられるデメリットを解説します

「在庫処分をしたいけれど、安易に処分しても良いのだろうか?」
このようなお悩みをお持ちの方はおられませんか?在庫処分にはメリットも存在する反面デメリットも存在するのです。
そこで今回は在庫処分のデメリットについて解説していきます。

□廃棄する場合のデメリット

*廃棄コストが必要

廃棄するにもコストが必要です。
特に大型の在庫や家電を廃棄する場合にはそれなりのコストが必要になってきます。
仕入れるのにも費用がかかる上、廃棄にも費用が必要になるため無計画な廃棄はかえって会社の首を絞めかねません。

*キャッシュフローは改善されない

廃棄をする場合、仕入れ値+廃棄費用がかかるだけで、在庫が会社にもたらしてくれる利益はありません。
キャッシュフロー的観点から見てもデメリットは大きいでしょう。

□在庫セールで処分する場合のデメリット

*安く売ってブランドイメージに傷がつく

決算期末になると決算セールと名をうって低価格で販売されますよね。
確かに効果的な処分方法ではありますが、中には「低価格で販売してブランドイメージを損ねたくない」とお考えになる方もおられるのではないでしょうか?

*人件費が必要になる

販売するにあたりスペースや人件費が必要になります。
また、全て販売できるとも限りません。
そのため販売できなかった場合はかえって負担になる可能性もあるのです。

□不安はこれで解消!

在庫セールを行うにしても、あまりに安い値段で売りすぎるとブランドイメージが崩れる可能性があります。
その防止策として
「ブランド名を伏せて販売する」
「海外に向けて販売する」
という2つの策が挙げられます。

そしてもう一つ、在庫買取業者を利用するのも良いでしょう。
在庫買取業者を使用するメリットは2つあります。
1つは「まとめて処分ができる」ことです。
在庫処分も大規模になるとその全てを捌くことは困難になってきます。

廃棄をするにしてもルールに沿った廃棄をしなくてはなりませんし、自治体によっては細かな規則があるところもあるのではないでしょうか?
買取業者は在庫をまとめて買取してくれるため、手間が省けます。

そして2つ目は「人件費が抑えられる」ことです。
在庫を販売しようとすると上記のように人件費が必要になりますが、業者ではその費用を抑えることができるのでおすすめです。

□おわりに

以上、在庫処分のデメリットとその解消方法について解説致しました。
上記のようなデメリットも工夫次第で軽減できます。
ぜひこの記事を参考にしていただき在庫処分にお役立てください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です