在庫の買取業者はどこがいい?判断基準を解説します

「在庫を処分したいけれどどの業者に頼めば良いのだろう?」
「業者選びの判断基準が分かれば良いのに」
そのようにお考えの方はおられませんか?
在庫買取の業者は全国にありますが、正しい業者選びの方法を知っておくだけで結果は大きく変わってきます。
そこで、今回は在庫の買取を依頼するときの業者の選び方をいくつかご紹介いたします。

□余剰在庫を抱えているとどうなるか

余剰在庫を多めに持っておくことは多くのデメリットがあります。
しかし在庫維持費用がかさむこと、収益が低下すること、キャッシュフローの減少といった問題点があります。

*キャッシュフローの低下

余剰在庫は流動性が低いことから利益率がゼロになるため金利の負担も大きくなります。
経営のためにはなるべくキャッシュフローを増やしたいところです。

*商品価値の低下

使用しなくても置いておくだけで商品の価値は低下します。
仮に品質管理を徹底していたとしても家電などの場合は日々新たな性能を持った家電が生み出されており商品の価値が低下していってしまうのです。
結果としてまだ使用できるのに売れなくて処分せざるを得ない状況になってしまいます。

*維持にかかる負担の増加

維持にも当然ながら費用がかかっています。倉庫代、光熱費など保管していても会社としてはマイナスになってしまうのです。

□買取業者に依頼するメリットとデメリット

*現金化できる

買取業者に依頼するメリットとしては短期間で現金化することができるところです。

*買取方法が選べる

また、在庫が多く買取業者まで持っていけないとしても、中には出張サービスを行っているところもあるため手軽に行えます。

□業者選びの注意点

*トラブルには気をつける

業者の中には悪徳な業者も存在します。
事前に聞いていない出張費を取られたりしたトラブルがあるかもしれないので、気を付けましょう。

*対応は丁寧か

在庫の売買とはいえ、業者の対応は需要ですよね。
中には対応が雑な業者も存在します。
電話の応対などでその業者が信頼できるのかどうかも見極めておくと良いでしょう。

*出張買取を行っているか

出張買取を行っているかどうかも大きな判断基準です。
あらかじめ出張買取が可能かどうか確認してから業者を選ぶようにしましょう。

□最後に

以上、在庫買取業者の選び方について解説しました。
どの業者でも良いわけではなく色々な判断基準があるということがお分かり頂けましたでしょうか。
ぜひこの記事を参考にしていただき納得のいく業者選びにお役立てください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です