在庫は処分?買取?閉店に向けての在庫処理方法

「店をたたむことになったけれど在庫の処分方法に困っている」
という方はいらっしゃいませんか?
大量に残った在庫は処分に困るのも当然です。

全て廃棄するのも勿体無いですし少しでもお金に変えておきたいところですよね。
処分の方法にはいくつかございます。
そこで今回は閉店の際に在庫を処分する方法を紹介するとともにそれぞれのメリットを比較していきます。

□閉店セールをする

これはスーパーでもよくある光景ですが毎日ある一定の時間になると一斉に食品の値引きが始まりますよね。

*閉店セールが効果的な商品

消費期限が来てしまうけれど、そのままだと商品が売れ残ってしまう場合には大変有効です。廃棄してしまった場合は利益は0ですが割引して売ってしまうことでそのぶんの利益は手に入れられます。

また大幅な値引きをすることで売れる商品の数も一気に増えるためたとえ1つあたりの利益が少なくとも総合で利益を上げることができるのです。


またこの際にできる限りの価格まで下げることも一つの戦略です。
在庫が残っているとそれを処分するのにさらに費用がかかりますのでなるべく売り切ってしまった方が良いです。

*閉店セールのメリット

閉店セールのメリットは在庫がなくなりやすいことです。
在庫がなくなることで処分にかかる費用が減ります。特に家電の場合は処分するのに多くの費用がかかりますので有効です。

□廃棄する

どうすることもできないものに関しては廃棄を考えましょう。
あまりオススメな方法ではないですがやむを得ないことです。

*メリット

廃棄のメリットとしては種類に関係なく一度に処分できてしまうことです。
一度に処分できるので手間がかかりません。
あまりに多くの在庫は分別、売りさばくのにも多くの時間と労力を必要とします。
売り切ったとしても見合うだけのリターンが得られる見込みがない場合には廃棄を考えても良いでしょう。

□買取業者に買取をお願いする

買取業者に買取をお願いすることもできます。
全国には多くの買取業者が存在しており、買い取ったものをまた転売してくれます。

そのため売れ残った商品であっても買い取ってくれる可能性は大いにあります。
また閉店セールを無理やりして低い利益を上げるよりも、業者の方が高く買い取ってくれる場合もあります。

*メリット

業者にお願いするだけなので自分で動く手間が省けます。

□最後に

以上閉店の際に在庫を処分する方法とそれぞれのメリットをご紹介いたしました。
閉店の際は在庫を全て処分してから閉店を迎えたいものです。
ぜひこの記事を参考にしてください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です