これだけは知っておきたい!在庫回転率を上げる方法とは?

在庫回転率は、経営改善に向けた大切な指標です。

経営をされている方の中には、在庫回転率から、経営改善を模索されている方も多いのではないでしょうか?
経営改善には、回転率の良い循環を生むことが大切です。

今回は、在庫回転率を上げるにはどうすれば良いのか、その方法を3つのポイントでご紹介します。

□在庫回転率を上げる3つのポイント

在庫回転率を上げるためにはどのようにすれば良いのでしょうか?
3つのポイントを紹介していきます。

*まず、現状を知り、把握すること

まず何よりも、在庫回転率を計算しながら、現在の状況を知ることが大切です。
「在庫の原価の合計はいくらなのか」
「どのくらいの売上が発生しているのか」
を把握して、在庫回転率を計算してみましょう。

また計算するなかで、現状と真摯に向き合い、改善する方法を模索していきます。

在庫回転率の計算方法は以下のとおりです。
「在庫回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産の金額」

*棚卸資産の金額

棚卸資産の金額とは一度に保管できる在庫の原価の合計金額です。

自社の在庫回転率が求められれば、競合他社の在庫回転率を求め、他社と比較することで自社の値が低いのか高いのか検討しましょう。

比較することで、業界の中で、自社がどのくらいの位置にあるのか把握できます。

*売上高を上げるか平均在庫を下げる

在庫回転率を上げるための方法は、売上高をあげるか、平均の在庫を少なくするかの2つの方法が考えられます。
売上を多くするにはどうすればいいのか。在庫の量を減らすにはどうすればいいのかを考えてみましょう。

*黒字経営の競合他社を分析・模倣

他社の在庫回転率を調べていく中で、参考になるような安定して黒字経営をする会社が見つかります。
まずは、その他社の在庫管理や販売戦略などを分析し、模倣してみましょう。
分析し、模倣する中で、在庫回転率の上げるにはどのようなことをしていけばいいのか。
自社には何が足りていないのか。といったことがだんだんと見えてきます。
そして、改善案を実践していきます。

□在庫回転率を出し、現状の把握が第一歩

在庫回転率は、経営改善のための大切な指標です。経営改善に向け、在庫回転率を調べることが初めの第一歩です。
「現状の売上はいくらなのか」と「在庫の原価の合計金額はいくらなのか」を調べ、在庫回転率を求めましょう。
また競合他社の在庫回転率を調べたり、求めたりして、自社のものと比較し分析していきましょう。

今回は、在庫回転率を上げるにはどうすれば良いのか、その方法を3つのポイントでご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です