滞留在庫の削減方法を比較!それぞれのメリットとデメリット

滞留在庫とは、仕入れたものの使われない、売れないなどの理由により工場や店舗に滞留してしまっている在庫のことを指しています。

経営をされている方の中には、この滞留在庫の対処に悩まれている方も多いのではないでしょうか?

滞留在庫は増えれば増えるほど維持費用がかかりますが、売り上げが発生するわけではありません。
できることなら、滞留在庫は削減しておきたいところですよね。

今回は、滞留在庫を削減するための方法を比較しながらご紹介します。

□滞留在庫の3つの削減方法

滞留在庫を削減するためには、どういった削減方法があるのでしょうか?
削減方法には主に、「ABC分析」、「ジャスト・イン・タイム」、「データ分析による在庫管理」があります。

*ABC分析

ABC分析は、滞留在庫の削減方法の中でも、多く用いられている方法です。
ABC分析は在庫の重要度を3段階で振り分け、それぞれ対処していく方法です。
在庫をA群、B群、C群に振り分けていきます。

・A群(主力製品:累積構成比の70%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:累積構成比の90~100%)
売れにくく、動きの少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにします。

・B群(主力製品の次に売れる商品:累積構成比の70~90%)
一般的に、主力製品の次に売れる準主力商品は、全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

他の方法よりも、リスクが低く、導入コストもあまりかかりませんが、ABCの分類分けに人的資源が必要です。
また、手仕事が多いためシステムが軌道に乗るまで時間がかかるという特徴があります。

*ジャスト・イン・タイム

ジャスト・イン・タイムとは「必要なものを、必要なときに、必要な量だけ」仕入れるという方法です。
ある大手自動車メーカーが導入したことで有名になりました。
仕入れの偏りを防ぎ、必要以上の仕入れを防ぎ、管理コストを下げるという特徴があります。

費用削減には繋がるものの、災害時に仕入れできなくなると商売ができなくなるなどリスクが高いものとなっています。

*データ分析による在庫管理

機械学習やビッグデータを用いて、在庫を管理する方法です。
導入費用はかかりますが、経験や憶測にとらわれない、質の安定した管理を行うことができます。

天気から売れ行きを予測したり、新商品をどれくらい仕入れればいいか、データ分析することでわかるなどの特徴があります。

□事業規模に応じた方法で、滞留在庫を削減

対策方法によって、導入コスト、運営のリスクは様々です。事業の規模や人的資源を考慮して検討していきましょう。

今回は、滞留在庫を削減するための方法を比較しながらご紹介しました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です