在庫回転率とは何か、計算方法も含めて解説します

経営をされている方の中には、「在庫回転率」という言葉を一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか?

ですが、
「在庫回転率が、どういったものなのか、いまいちわからない」
「在庫回転率を計算してみたけど、これが高いのか低いのかよくわからない」
という方も多いかもしれませんね。

今回は、在庫回転率とはどういったものなのか、その計算方法も含めて解説します。

□在庫回転率とは?

在庫回転率とは、在庫として保管されている商品の金額と実際に販売された商品の原価の金額を比べることで、在庫商品が何回転入れ替わったのかを表す指標のことです。

「在庫回転率が高い」ということは、在庫回転がいいということを表し、よく売れていることを示しています。
「在庫回転率が低い」ということは、商品があまり売れていないことを表します。
ですから、回転率が低い場合は、改善が必要だということです。

□在庫回転率の計算方法

在庫回転率の計算方法は、

「在庫回転率 = 売上原価 ÷ 棚卸資産の金額」

です。
棚卸資産の金額とは、在庫となっている商品の金額の合計です。

例えば、常に在庫を100万円所有している業者、つまり棚卸資産100万円の業者の在庫が全て売れて100万円の売り上げがあったとすれば、上の売上原価は100万円となり、在庫回転率は1となります。

また、在庫回転率10回転というのは、棚卸資産100万円の業者の在庫100万円が1年間で10回全部売ることができていたということを指しています。

自社だけの在庫回転率では低いか高いかの判断ができませんので、競合他社の在庫回転率を調べ、比較することで低いか高いかを判断し、対策を検討していきましょう。

在庫回転率は、大きければ大きいほど、在庫が保管されている期間が短く、効率が良いとされています。
しかし、品切れのリスクが高くなるので、高すぎるというのもまた問題です。
在庫回転率を分析することで、滞留在庫の改善に努めていきましょう。

□在庫回転率を知り、適正在庫を維持

在庫回転率という言葉を初めて聞いた方も、すでにご存知だった方も、他社の在庫回転率を分析しながら自社と比較していきましょう。在庫回転率は、業務の改善につながる大切な指標です。
今回紹介した計算方法を元に、ぜひ今の在庫回転率を計算してみてくださいね。

今回は、在庫回転率とはどういったものなのか、その計算方法も含めて解説しました。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です