利益を上げたい!そんな方がやっておきたい在庫管理の方法とは?

個人経営をされている方の中には「在庫管理から利益を上げたい」と、思われている方もの多いのではないでしょうか?

在庫管理を効率よく行うことで、利益を拡大させることができます。

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介します。

□利益を拡大する4つの方法

在庫管理を効率化させることで利益を拡大する方法には、どういったものがあるのでしょうか?
4つの方法をご紹介していきます。

*基本的な在庫管理を徹底する

利益を拡大させるために、まずは基本的な在庫管理を徹底しましょう。
基本的な在庫管理には以下のような2つの方法があります。

 

・ABC分析による分類管理売れ行きのいい主力商品であるA群。
主力商品に次いて売れ行きがいいB群。
あまり売れ行きがよくないC群。

このように販売する商品を3段階に分け、対応に差を
つけ、管理の仕方を変えていきます。

 

・A群(主力製品:全体の10%)
売れる見込みの高い主力商品なので、頻繁に在庫を確認し、仕入れがどのくらい必要なのかに注意します。

・C群(あまり売れない商品:全体の70%)
売れにくく、動き少ない製品なので、発注業務や管理の手間を省略するようにする。

・B群(主力製品の次に売れる商品:全体の20%)
一般的に、主力製品のの次に売れる準主力商品は全体の売り上げの80%をしめます。
A群とC群の中間的な対応をします。

ABC分析は、こまめに記録をつける必要がありますが、導入コストも低くかなり効果的な方法です。

・在庫管理システムの導入
ABC分析と比べ、導入コストが大きくなりますが、在庫管理システムを導入も効果的です。
PC場でデータを扱いながら在庫の管理を行っていきます。

*在庫回転率を求め、上げていく

在庫回転率とは、在庫として保管されている商品の金額と実際に販売された商品の原価の金額を比べることで、在庫商品が何回転入れ替わったのかを表す指標のことです。

この指標は、在庫の管理体制や、在庫の仕入れ頻度が適切か、売筋の商品はどういったものかなどの分析に用いられます。

単純な計算ではありますが、客観的な数値で、現状を図ることができるので、オススメの方法です。

*競合他社を分析・模倣

在庫回転率を分析するなど、黒字で安定した業績を残している競合他社を分析してみましょう。
良い点はどんどん模倣していくことも大切です。

分析するための時間は必要ですが、大きな費用もかからず、効果も見込める方法です。

*在庫処分で利益増および税金対策

大きな売上が見込めない在庫は、セールを行ったり、買取業者に買取を依頼するなどして、在庫処分をしていきましょう。
こうすることで、できる限り多くの利益を得ることができます。
また、買取業者に依頼して買取を行ってもらう際に、売上が見込めないものも回収してもらうこともできる可能性があります。

□おわりに

今回は、在庫管理から利益雨を拡大する方法を4つほど、紹介しました。在庫管理を効率よく行うことで、
十分に利益拡大が見込めます。
もし、「利益を上げたい」とお考えの場合は、ぜひこの記事の内容を参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です