閉店時の在庫処分の方法を比較|メリット・デメリットとは?

「閉店するんだけど、在庫はどう処分したらいいのだろうか…」

閉店を考えている経営者の方の中には、こういったお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか?

今回は、閉店時の在庫処分にはどのようなものがあるのか、またどういった違いがあるのか。
それぞれの方法の特徴を比較しながらご紹介していきます。

□閉店時の在庫処分の3つの方法

閉店時の在庫処分の方法には、主に「閉店セールとして売り出す」「買取業者に依頼する」「インターネットで販売する」と
いった3つの方法があります。

それぞれにメリットがあり、デメリットがあります。
それでは、具体的に説明していきます。

*閉店セールとして売り出す

まず、最も一般的で広く行われているのが、閉店セールとして売り出す方法です。
大幅な値下げをすることで、お客さんの注意を引き、買ってもらうという方法です。

もともとどのくらいの客足があったのか、人通りの多い道に面しているなど目立つ場所にお店があるかなど、在庫処分できる量はお店の現状に大きく左右され不確定な要素が多いです。

また、買取業者に依頼して買い取ってもらう場合と比べて、現金化するまでに期間が必要だというデメリットもあります。

*買取業者に依頼する

次に一般的なのが、買取業者に依頼して買い取ってもらう方法です。
「閉店セールで売り出す」「インターネットで販売する」といった方法に比べて、買取価値がないものでも引き取ってくれる業者があることを考えれば、確実性の高い方法といえます。

ですが、買取業者も買い取ったものをさらに販売することを念頭に置いて買取しますので、買取に出すことで得られる金額は、他の2つの方法よりも小額になってしまいます。

また、現金化するまでの期間は、買取業者に依頼する方法が一番短いという特徴があります。

*インターネットで販売する

最後に、在庫処分の方法として「インターネットで販売する」という方法があります。
「閉店セールで売り出す」方法より売れるかどうかの判断は難しいですが、立地に関係なく販売できるのがインターネットの特徴です。

得られる金額も、「閉店セールで売り出す」「買取業者に依頼する」の2つの方法よりも、高額にできる可能性があります。
なぜなら、インターネット上だからこそ、その商品の価値を感じている人に見つけてもらいやすいからです。

□違いを生かして、効率よく在庫処分

今回は、閉店時の在庫処分にはどのようなものがあるのか、またどういった違いがあるのか、それぞれの方法の特徴を比較しながらご紹介しました。
それぞれに強みがあり、特徴があります。
違いを生かして、効率よく在庫処分を行っていきましょう。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です