店舗に眠るエアコンの在庫処分 気をつけるべき注意点とは

「大きな電化製品が大量の不良在庫となって倉庫に眠っている…。」
そんなお悩みを抱えた家電量販店の担当者の方はいらっしゃいませんでしょうか。

中でもエアコンは家庭用ですら大きくて処分が難しい上に、更に巨大な業務用ともなれば処分の方法を考えるのも一苦労です。
また、家電のリサイクル最大の問題は普通のゴミと一緒に処分してはならないため、さらに面倒くさいのが実状です。

そこで今回は、エアコンを処分する方法と注意点をご紹介します。

□家電リサイクル法に則って処分しよう

家電を処分する際は、家電の有効活用や不法投棄の撲滅を目的とした「家電リサイクル法」に沿って処分する必要があり、エアコンもその対象の1つです。
もし廃棄するのであれば、専門の資格を持った専門業者に処分を依頼する必要があります。

専門の業者に依頼する際は、家電リサイクル券を購入した上で、専門業者まで運搬する必要があります。
そのため、リサイクル費用だけでなく、運搬費用もかかることがしばしばあります。

□買い取り業者への依頼も検討してみよう

家電の処分と聞くと、廃棄かリサイクルくらいしか方法が思いつかないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、エアコンを初めとする家電の不良在庫を処分する方法は必ずしもその2つだけではありません。

有効な処分方法の1つとして、専門業者による買い取りがあります。
買い取りサービスを利用すれば、販売できなかった在庫から現金収入を得ることができます。

「今まで売れなかった商品がそんなに上手いこと売れるの?」
と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

買い取り業者は国内各地や海外に独自の販売経路を持っているため、今まで販売で
きなかった幅広い地域での販売が可能なため、売り切れる確率が格段に上がるのです。
また、販売業者を利用すれば、廃棄にかかる家電リサイクル料が必要なくなります。

さらに近年、出張買い取りを行う業者も増えているため、リサイクル業者までの運搬料が必要ないケースもあります。
これらのサービスを利用することで、現金収入とコストカットという2つの「お得」を手に入れることができます。

このように、業務用を初めとするエアコンの処理には様々な決まりや利用できるサービスがあります。
安易に廃棄という選択肢を選んでしまっては大きな損をしてしまうかもしれません。
エアコンの在庫を処分する際はぜひ買い取り業者による買い取りもご検討ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です