大量に余った冷蔵庫の在庫処分を効率的にする方法とは

電化製品を取り扱う業者さんの中には、大きな家電が不良在庫として残り、処分に困っている方も多いのではないでしょうか。
中でも冷蔵庫は大きさ、重量ともに大きいため処分が大変です。

「邪魔だからできるだけ早く捨ててしまいたい!」
とお思いかもしれませんが、冷蔵庫は通常のゴミと同じように
処分してはいけないことをご存じでしょうか?

そこで今回は冷蔵庫の在庫処分方法や注意点などを
ご紹介します。

□冷蔵庫の処分方法は決まっている

冷蔵庫は「家電リサイクル法」という法律で、その処分方法が細かく決められています。
したがって、通常の一般ゴミと同じ捨て方をしてしまうと法律違反となっています。

不要となった冷蔵庫を処分する際は、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」を支払ってリサイクル業者に引き取ってもらうのが一般的です。
専門業者が法律に則って適切に処分してくれます。

□違法な業者には注意を

冷蔵庫などの特殊な廃棄物は「一般廃棄物処理業」という許可をもった業者のみが処分を許されています。

しかし、近年、適切な処理を行わず不法投棄する悪徳業者による問題が多発しています。
このような業者に依頼しないよう、各市町村が出す情報を加味しながら適切なリサイクル業者を選ぶようにしましょう。

□買い取り業者に依頼するのも有効な手段

冷蔵庫の処分と聞くとまっさきに思い浮かべるのは廃棄処分でしょう。

そのため冷蔵庫の処分を検討する際「どう廃棄するか」しか検討しないのが実情です。
しかし、冷蔵庫を処分する方法は必ずしも廃棄だけではありません。

有効な手段のひとつとして「買い取り」があげられます。
買い取り業者は、不良在庫となってしまった冷蔵庫などの家電製品を買い取り、買い取り業者独自の販路で在庫を売りさばいてくれます。

今まで自店舗では確保できなかった販路で販売できるため売り切ってしまう可能性が高くなります。
また、業者によっては海外に販路を持つ会社もあり、売れる確率はさらにアップします。

買い取り業者を使って処分すれば、現金収入が手に入るだけでなく、廃棄コストもかからないためまさに「一石二鳥」な処分方法なのです。

ご覧頂いた通り、冷蔵庫は正規の処分方法でしか処分できません。そのため処分にはコストがかかります。

しかし、廃棄処分だけを考慮するのではなく「買い取り業者による買い取り」を検討すればコスト削減と現金収入が見込めるかもしれません。
冷蔵庫を処分する際は是非、買い取り業者も検討してみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です