在庫は残しておくと損?滞留在庫を処分するメリットを紹介!

「滞留在庫を処分するメリットについて教えてほしいな」

このような要望に応えます。
在庫管理をするとなると、絶対に知っておきたいのが「滞留在庫」です。
滞留在庫とは、売れる見込みがほとんどない在庫商品のことを指します。
よく対比されるものとして、売れるけど、数が多すぎて余っている、「余剰在庫」もあります。
今回は特に滞留在庫を処分するメリットについて紹介していきます。

 

節税できる

*在庫が増えると法人税が課税される

税法では、今期末の在庫が前期末よりも増えると、会社に法人税が課税されます。
というのも、在庫は現金預金と同じように、資産として扱われます。
そのため、在庫が増えると、所得金額も増えることになるのです。

*在庫を処分することは節税策になる

売れる予定のない滞留在庫を処分すれば処分した分だけ、節税効果が出ます。
また、不用品買取業者に依頼し、買取ってもらうことができれば、資金調達することも可能になります。
つまり、滞留在庫を不用品買取業者に買取ってもらうことができれば、一石二鳥の節税策と言えます。

□人件費を減らすことができる

滞留在庫を残しておくとなると人件費がかかります。
というのも、在庫を管理する人や在庫を運搬する人にもお金を継続的に支払わないといけません。
このように、人件費は売上に直結しない無駄な作業と言えるので、お金も時間も浪費してしまうことになります。
そのため、これらの不要な滞留在庫はできるだけ早くに処分したほうがいいでしょう。

□保管コストがかからない

滞留在庫を保管するとなると、倉庫代や光熱費などでかなりのコストがかかってしまいます。
また何かあったときのことを考え、在庫に保険をかけているのであれば、保険料まで支払わないといけません。

□まとめ

今回は滞留在庫を処分するメリットについて紹介しました。
滞留在庫のメリットをまとめると、
・法人税の節税ができる
・滞留在庫に関わる人件費を減らすことができる
・倉庫代や光熱費、保険代などの保管コストがかからない
という点が挙げられます。
このように、売れる予定のない滞留在庫を処分すると、たくさんのメリットを受けることができます。
当社では、法人・個人事業主向けに在庫商品の買取査定を行っています。
25年以上の実績があるため、お客様からご信頼をいただいております。
創業以来、お見積りでお金をいただいたことは一切ございません。
もし査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

倒産品はいつ売るのが良いの?倒産品を処分するタイミングを紹介

「倒産品を処分するのに最も良いタイミングを教えてほしいな」

このような要望に応えます。
会社が実際に倒産してしまった場合、大量の倒産品を抱えてしまうことになります。
このように一見処分に困る倒産品ですが、見方を変えると、負債を返済するための費用にできます。
とはいえ、これまで倒産品を売ったことがなければ、どのタイミングで倒産品を売ればいいのかわからないですよね。
そこで今回は倒産品を売る予定の方に向けて、倒産品を処分するのに最も良いタイミングを紹介します。

□倒産品とは

そもそも倒産品とはどのようなものを指すのでしょうか。
倒産品とは、会社が倒産して、残った残留物のことです。

倒産品には、
・事務で用いられるパソコンや文房具などの「事務用品」
・お店で使用していた食器などの「店舗用品」
・オフィスに置かれている机やいすなどの「オフィス家具」
・売れ残りの商品である「商品在庫」
が挙げられます。

ただ、上記のものを全て売れるわけではありません。
買取業者は、当然売れるものを買取りたいと考えているため、目立った傷があるものを売るのは難しいのです。

□倒産品はできるだけ早く売る

倒産品を処分するタイミングは早ければ早いほど高い値段で売れる可能性が高いです。
特に電化製品の場合は、新しいバージョンが次々に登場するので、時間を置けば置くほど現在持っているものの価値が下がってしまいます。
そのため、倒産が決まるとできるだけ早くに倒産品を売るようにしましょう。
また、倒産品は保持する期間が長いと、その分在庫コストもかなりかかってしまうことも大きなデメリットと言えるでしょう。

□タイミング以外に倒産品を高く買取ってもらう方法は?

*まとめて出す

高額買取してもらう場合、倒産品を個別に売るのではなく、まとめて売ることで比較的高いお金で査定してもらえます。

*複数の業者を比較検討する

買取業者の中には悪徳業者も存在します。
特にこちらが倒産しているとなると、相手はその隙をついて安い価格で買取要求してくる可能性もあります。
そのため、業者を選ぶ際は、複数の業者から見積もりを出し、相場を把握することが重要です。

□まとめ

今回は倒産品を売るタイミングを中心に、高く買取ってもらう方法を紹介しました。
倒産品を処分するのは、早いに越したことはありません。
そのため、倒産が決まれば、すぐに倒産品の買取を検討しましょう。
当社は法人様向けの在庫商品の買取査定を行っています。
もし買取査定で不明点などあれば、お気軽にお問合せください。

倒産品の仕入れ方法は?豊橋市の買取専門店が解説

「倒産品を仕入れたい」
「倒産品を仕入れる方法が知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
倒産品は、安く仕入れられることが多いので、きちんと把握しておきたいですよね。
そこで今回は、皆さんに倒産品を仕入れる方法をいくつか紹介します。

□仕入れはとても重要

仕入れの方法を知っておくと、他の売り手が入手できない商品を仕入れられたり、お得な価格で買えたりします。
そのため、仕入れの方法を把握しておくのは非常に大事です。

□方法

*倒産品メール

倒産品メールとは、Web About株式会社が配信しているサービスです。
1000円支払えば、継続的に倒産品の情報を手に入れられます。
安く販売している店は、倒産品を非常に安い価格で仕入れることでかなりの利益を出しています。
倒産品を仕入れる際は、このようなサービスに登録してみてはいかがですか。

*卸問屋

卸問屋の中には、倒産品を販売しているところもあります。
メーカーの倒産品を販売している店もあるので調べておくと良いです。
倒産品は、破格で販売されていることもあるのでオススメです。

*買取専門店

買取専門店の中には、商品を安い価格で販売してくれるところもあります。
当社では、大量の商品を入荷した際に安い価格で商品をご案内できます。
商材のジャンルとメールアドレスを記入するだけなので気軽にできます。
興味がある方はぜひ一度当社に相談してください。

□注意点

価格が安いからといって、いきなり大量に仕入れるのは避けましょう。
理由は、リスクが高いからです。
そのため仕入れする際は、まず少量で仕入れて、問題がなければ、追加で仕入れるようにしてください。
お店の中には、非常に安い値段で販売する代わりに、100点以上購入するなど、条件をつけているところもあります。
そのような場合は、利益が出るかを把握してから購入することをオススメします。

□販路を増やそう

安く仕入れることだけに目を向けてはいけません。
なぜなら、仕入れた後は商品をさばかないといけないからです。
大量の商品をさばくには、販路を増やす必要があります。
そのため、一つの市場だけで勝負するのではなく、他の市場と併売することをオススメします。

□まとめ

以上、倒産品を仕入れる方法をいくつか紹介しました。
仕入れる方法を知っているだけで、だいぶお得ですよね。
倒産品を仕入れたい方は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、倒産品や在庫商品の買取をしております。
興味がある方はぜひ一度連絡してください。

倒産品って何?処分方法は?豊橋市の買取業者が解説

在庫処分を考える時に必ずといっていいほど出てくるのが「倒産品」という言葉。
しかし、「そもそも倒産品とは何なのか?」
という疑問をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?
そのような方のために、今回は倒産品についてご紹介していきます。

□倒産品の基礎知識

*倒産品とは何か?

倒産品は倒産した企業や商店などに取り残された備品や在庫のことを言います。
具体的には商品の在庫のほか、事務用品やオフィス家具、店舗用品などが挙げられます。
在庫品は、資産の一部になりますし、負債の一部にもなりえますので、メーカー側としては商品として卸し資金を得たいので、倒産品専門の買取業者に買取を依頼して買い取ってもらった商品を「倒産品」と区分しています。

 

*倒産品の困りごと

倒産品はそのまま放っておけばゴミになってしまいます。
企業で出たゴミは自治体に回収を依頼することはできず処分業者にお金を払って処分する必要があります。
ですから倒産品はできるだけ買い取ってもらうのが、企業にとっても嬉しいことです。

□倒産品の処分方法をご紹介!

*譲る・独自の方法で処分する

倒産品を自分で処分する場合、知り合いの会社に譲る、ゴミにする、ネットオークションに出品するといった方法があります。
ゴミとして捨てる場合は、産業廃棄物として適切に処分することが必要なものもあるため、必ず確認してください。

*在庫品買取業者を使う

在庫品買取を依頼することは、資金的な余裕が出てくるだけでなく、在庫処分の際の労力の節約にもなります。
必要な商品と不要な商品を分類して、さらにそれらを処分するとなると、本来行うべき業務以外に時間を割くことになるため、できる限り避けたいですよね。
当社では大量にあって困っている在庫品や倒産品で、廃棄に時間がかかりすぎる商品であったとしても、可能な限り対応させていただきます。
速やかに処理するために、ぜひとも当社のサービスをご利用ください。

*悪徳業者には注意!

業者を注意する際に気をつけてほしいのが悪徳業者の存在です。
全ての業者が信用できるわけではなく、中には不正を働く業者も存在しています。
特に近年は悪徳業者とのトラブルも多発しているため注意が必要です。

□まとめ

以上、倒産品とは何か、その管理方法についてご紹介しましたがいかがだったでしょうか?
当社では、倒産品の買取を行っております。
もし、興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

在庫品を買取してもらうメリットは?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫を買い取ってもらいたい」
「在庫買取のメリットが知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
買取を依頼する際は、きちんとメリットを把握しておきたいですよね。
特に初めての方は、失敗しないためにもメリットを知っておく必要があります。
そこで今回は、皆さんに在庫品の買取のメリットを紹介します。

□メリット

*妥当な価格で売れる

在庫品を買取対象にしている店は、きちんと相場を把握しています。
特に買取専門店には、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。
そのため、人気のない商品であっても、相場価格で買い取ってもらえるのでオススメです。

*ブランディング

オークションやメルカリを使って在庫品を売る方法があります。
しかし、売ることに必死で安くしすぎると、ブランドのイメージを損ねてしまいます。
例えば、高級ブランドの商品を売りたいがために、原価より低い価格で販売すると、ブランドの価値が下がります。
それらを避けるためにも買取専門店に依頼するのが無難です。
当社では、ブランド品を買い取る際に、お客様が販売方法を決められます。
また、安価で販売して欲しくない商品は、海外輸出をすることで国内に再流通しないようにしています。

*資金を増やせる

在庫品を買い取ってもらうことで、資金が増えます。
そのため、借り入れをしている場合は、その資金を使って早期返済が可能になります。
早期返済ができると、利子が節約できて、新しい商品の仕入れができます。
このように、在庫を買い取ってもらうだけで、会社の資金回りも良くなるのでオススメです。

 

*費用がかからない

在庫品を買い取ってもらう際に費用はほとんどかかりません。
費用がかかるとしても、買取価格を上回る心配はないです。
不安な方は、一度無料で見積もりを依頼してから検討することをオススメします。
当社では、無料で見積もりをしているので利用してください。

□注意点

*信頼できる業者にする

業者の中には、商品を低く見積もったり、対応が悪かったりするところがあります。
そのため、依頼する際は、一度HPを確認することをオススメします。
特にあまり経験がないお店は、避けた方が良いです。
当社は、25年と豊富な経験があるので気軽に連絡してください。

□まとめ

以上、在庫品の買取のメリットを紹介しました。
買取を検討している方は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、在庫品の買取をしています。
興味がある方は、ぜひ一度連絡してください。

この在庫品は買取可能?不可能?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品を多く抱えていて大変!」
「処分してスッキリさせたい!」
このようにお考えの方は、ぜひ在庫品の買取をお考えになってはいかがでしょうか?
処分するにしても少しでもお金になった方が良いですよね。
しかし、買取商品の中にも買取可能なものとそうではないものが存在するので、今回はその詳細を確認していきましょう。

□買取可能な商品とその特徴とは?

当社では家電から日用品、食品まで幅広く買取しています。
もし、下記に挙げた商品がございましたら、ぜひお問い合わせください。

*家電

AV家電、カメラ、オーディオ、付随するレコーダーやスピーカー、チューナー、ヘッドホン、イヤホンなどが買取対象となります。
また、エアコン、洗濯機、掃除機といった生活家電も買取しております。
そのほかにも、シェーバー、ドライヤー、マッサージチェアといった健康家電や美容家電も買取しております。

*家具

ソファ、ベッド、テーブル、デスク、ボックス、棚なども買取対象です。
その他にも布団、マットレス、シーツといった各種寝具も買取を行っております。

*食品

未開封で消費期限が切れていないものであれば食品の買取も行っております。
インスタント食品、菓子、レトルト食品、清涼飲料水など保存できるものを対象としております。

*アパレル・バッグ・アクセサリ類

靴、帽子、服、財布、指輪、ブレスレット、スーツケース、キャリーケースなどが買取対象です。

*その他

このほかにも様々なスポーツ用品、ピアノやギターなどの楽器類、化粧品やヘア用品、お中元などのギフト品、ゲーム・おもちゃ、介護防災用品、ペット用品も対象です。

□買取不可能な商品とその特徴とは?

ただいま買取をお断りしているものとしては、中古衣料品、賞味期限が切れた食品、使用期限が切れた化粧品、日本以外に保管されている商品(これから輸入が必要なもの)、家庭用プリンタのインクカートリッジなど、いろいろとあります。
当社のホームページで、買取不可能な商品を記載しているので、ぜひ一度そちらを確認してください。
また、買取不可能かどうかを判断するのは、難しい場合があるので、そのような際は、当社までご相談ください。

□まとめ

以上、買取可能な商品とそうでない商品をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか?
ぜひ、買取可能な商品とそうでない商品を知っておきましょうね。
当社では、在庫品の買取を行っております。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

在庫品査定のポイントは?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品を買い取ってもらいたい」
「買取の査定ポイントを知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
特に初めての方は、依頼する際はポイントを把握しておきたいですよね。
そこで今回は、皆さんに買取での査定ポイントをいくつか紹介します。

□種類で異なる

在庫品にもたくさん種類があります。
そのため、商品ごとにみるべき査定ポイントは異なります。
ここでは、3種類取り上げて説明します。

□家電製品

*ブランド

家電製品を買い取る際は、まずブランドを確認します。
有名なブランドほど需要があるので、業者は高値で買い取ることが多いです。

*製造年数

次に業者は、製造年数を確認します。
電化製品は、5年以上経つと、買取対象外になることが多いです。
そのため、在庫品を売る際は早めに売ることをオススメします。

*付属品

業者は、付属品がきちんとあるか確認します。
在庫品の場合、付属品が揃っていることがほとんどです。
しかし、念のためにも説明書や保証書、付属品があるか確認しておいてください。

□ブランド品のアクセサリー

*シリアル

シリアルとは、ブランド品に記載されている番号のことです。
アクセサリーは、小さいサイズのものが多いため、探すのが難しいですが、確認しておくのが無難です。

*素材の種類

ブランド品のアクセサリーは、金やプラチナなど様々な素材で作られています。
素材によって価格が大幅に異なるため、業者は詳細に確認します。

*重さ

業者は、アクセサリーの重さも確認します。
金やプラチナなどの希少な素材で作られているアクセサリーは、重いほど高く買い取ってくれます。

□服

*状態

業者は、必ず服の状態を確認します。
在庫品の場合、商品は綺麗なので心配する必要はありません。
しかし念のため、汚れがないか確認しておくことをオススメします。

*季節

業者は、服がどの季節に着られるかを確認します。
売る季節によって、価格は異なります。
例えば、冬に半袖のTシャツを売っても、高価で買い取ってもらえる可能性は低いです。
そのため、依頼する際は、季節に合った服を売ることをオススメします。

□注意点

買取を依頼する際は、経験豊富で信頼のある業者に依頼してください。
当社は、25年の経験があり、ジャンルを問わず買取をしているのでぜひ利用してください。

□まとめ

以上、買取での査定ポイントをいくつか紹介しました。
在庫品の買取を依頼する際は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、無料で見積もりを行っております。
興味がある方は、ぜひ一度連絡をお待ちしております。

在庫品の買取のタイミングとは?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品の買取を検討している」
「在庫品の買取のタイミングを知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
特に初めて依頼する方は、タイミングをきちんと把握しておきたいですよね。
そこで今回は、皆さんに在庫品の買取を依頼するタイミングについて詳しく解説します。

□タイミング

*季節1ヶ月前

服などの、季節ごとに変わる商品は、季節が終わる1ヶ月前を目安に売るのが無難です。
1ヶ月を過ぎてしまうと、買取してもらえない可能性があるので注意してください。
また、買い取ってもらえる場合でも、価格は低い傾向にあるので、1ヶ月前を目安に売ることをオススメします。

*3~4月

3~4月は、学生や社会人が一人暮らしを始める時期です。
そのため、家電製品や家具の需要が高い傾向にあります。
これを理由に買取を強化している専門店もあるので、在庫処分する際は3~4月を目安にしてください。

 

*年末年始

年末年始は、決算の時期でもあるため、多くの会社が在庫処分します。
買取専門店も決算前の時期は買取を強化していることが多いです。
そのため、売れ残ったものや、来シーズンには売れないものはこの時期に買い取ってもらうことをオススメします。

□処分するなら買取がオススメ

買取の他にも在庫品を処分する方法はあります。
しかし処分する際は、買取専門店がオススメです。
買取する際は、別途に費用がかかりません。
また買取専門店の中には、出張買取をしているところもあるので、在庫品の量が多い場合に利用してみてはいかがですか。
当社では、出張買取をしており、買取にも自信があるのでお任せください。

□注意点

*信頼できる専門店を選ぶ

買取を依頼する際は、信頼できるお店を選んでください。
追加料金を請求したり、低く見積もったりするお店もあるので注意しましょう。
当社は、25年の豊富な買取経験があるので、上記のような心配はありません。
また、無料で見積もりをしているので、興味がある方は気軽に連絡してください。

*比較する

買取専門店に依頼する際は、いくつかの店と比較してください。
在庫商品の内容によっては、高い値段で買い取る店もあるので調べておきましょう。

□まとめ

以上、在庫品の買取を依頼するタイミングについて詳しく解説しました。
買取は、タイミングも重要ですよね。
買取を依頼する際は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、在庫品の買取を積極的に行っております。
興味がある方はぜひ一度連絡をお待ちしております。

在庫品の買取事例が知りたい!豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品の買取事例を知りたい」
「在庫品の買取を検討している」
このような方はいらっしゃいませんか?
買取を依頼する際は、事前に買取事例を確認しておきたいですよね。
特に初めての方は、買取事例を知っておかないと不安になりますよね。
そこで今回は、皆さんに当社の買取事例を紹介します。

□買取事例

当社は、様々な種類の商品の買取をしています。

*バラバラの商品

在庫品の中には、商品の種類がバラバラなものがありますよね。
また、商品の数量が均等でないものも多いです。
当社では、そのような商品でも買取対象にしております。
アウトレット店で販売できるため、種類や数量がバラバラな在庫品をお持ちの方は連絡してください。

*数量が多い

在庫品の中には、数量が多く、千点を超えるものもありますよね。
そういった場合、運ぶのにも一苦労です。
しかし当社では、出張買取をしているため、自分で運ぶ心配はないので安心です。

*一括買取

当社では、閉店後に残った在庫品を一括買取しております。
依頼する際は、事前に商品リストを作成しておくと、スムーズに進められるのでオススメです。

*再販売を避けたい商品

当社では、商品を海外輸出することがあります。
そうすることで、商品のブランド価値を下げません。
在庫品の再販売を避けたい場合は、当社にお任せください。

□当社の強み

*中古品も買取対象

ある程度量がある場合は、中古品でも買取対象にしております。
事務所を移転する際に備品を買い替える場合は、当社にお任せください。

*海外輸出

国内で安く販売してほしくない商品や処分品は、海外輸出をしております。
そうすることで、国内で再流通するのを防ぎます。
当社は、多くのメーカー様に依頼されており、信頼できる会社ですので安心してください。

*再販売

ブランド品などを買い取る際は、お客様との打ち合わせで販売方法を決めます。
ブランドイメージや商品ブランドを損ねないように考慮するので安心してください。

*見積もり

当社では、無料で見積もりを行っております。
買取を検討している方は、ぜひ一度利用してみてはいかがですか。

*ジャンルを問わない

当社は、再販売できる商品なら、ジャンルを問わず買取しております。
そのため、使用可能な商品は、一度査定してもらうことをオススメします。

□まとめ

以上、当社の買取事例を紹介しました。
買取の依頼を検討している方は、上記の内容を参考にしてください。
当社は25年以上の豊富な買取経験があるので、興味がある方はぜひ一度連絡してください。

在庫品の海外輸出の際の注意点とは?豊橋市の買取専門店が解説

「在庫品を買い取ってもらいたい」
「在庫品を海外輸出する際の注意点を知りたい」
このような方はいらっしゃいませんか?
在庫品を輸出する際に気をつけておくべき点がいくつかあります。
そこで今回は、皆さんに海外輸出をするときの注意点をいくつか紹介します。

□注意点

*法規制

法律に関することで違反した場合は、処罰を受けないといけません。
最悪の場合、国同士の交渉になる危険もあるため注意してください。
トラブルにならないためにも、事前に法律の面で輸出規制に違反していないかを確認してください。

 

*調査

海外輸出をする際は、事前に海外の市場を調査しておいてください。
海外輸出には、運送費や税関の経費などの面で費用がかかります。
また価格を設定する際は、これらの費用を上回る利益を確保できる価格にしないといけません。
そのため、設定価格が輸出国で売れるかどうかを調べておく必要があります。

*影響を把握する

海外輸出をする際は、輸出国の影響を考えることが重要です。
輸出する在庫品は、期間限定品になることが多いため、需要が見込めるかを確認する必要があります。
一度に大量の在庫品を輸出してしまうと失敗する可能性が高いです。
そのため不安なときは、定期的に輸出を行うことをオススメします。

*証明書

海外輸出をする際は、インボイスが必要です。
インボイスとは、輸出国が輸入国に送る商品の証明書のことです。
国際配送する際の情報に加えて、商品・着地・出荷地・取引条件・金額・数量なども記入しないといけません。

インボイスにもいくつか種類があります。

・プロフォーマ
この種類は、見積もりとして作られるものです。
正式なものではなく、仮に使うものとされています。

・コマーシャル

この種類は、請求書と同じように使われます。
これに記載されている価格を支払います。
税率を計算する際にも使われるので、詳細に記入する必要があります。
不備がある場合は、修正申告をする必要があり、時間がかかるので注意してください。

・ショッピング

この種類は、配送指示書や納品書に使われます。

・カスタムズ

税関を対象とした書類です。
海外輸出をする際に、輸入国が作る書類です。

□まとめ

以上、海外輸出をするときの注意点をいくつか紹介しました。
在庫品を海外輸出する際は、上記の内容を参考にしてください。
当社では、在庫品の海外輸出をしております。
在庫品の買取に興味がある方は、ぜひ一度連絡してみてください。