在庫を持っているだけで税金がかかるなんて!買取を依頼するのがおすすめの理由とは

「もうお店をたたむことに決めたけれど、在庫が余っている…」
「在庫品を持っているだけで税金がかかるといううわさを聞いたけど本当なの?」
このように思ったことはありませんか?
今回は、在庫品を抱えたままにしておくと本当に税金がかかるのか、またその対策についてお話しします。

 

□在庫に直接税金はかからない?

まず、
「在庫に税金がかかる」
というのは正確な表現ではありません。
正確には、
「余剰在庫も売り上げの一部として計算されてしまい、それも含めた利益に所得税がかかる」
なのです。

在庫である棚卸資産(たなおろししさん)というのは、決算期末に所有している在庫の数をもとに計算されます。
そして、その数字によって税金額が決定されるという仕組みです。
在庫が少ないほど数字は小さくなり、税金額が減るのです。

利益に所得税として税金がかかるのは当たり前ですよね。
それに対して、
在庫に税金がかかるということは、在庫を棚卸資産として資産評価して直接税金をかけるということではありません。
さきほどお伝えしたように、固定資産はかからないけれど利益として計算されてしまいます。
そのため、期末商品の棚卸資産が少ない方が納める所得税が少なくなるということなのです。
決算期末を迎えるまでに在庫処分セールが数多く行われるのはそのためです。

 

□じゃあ不良在庫はどうしたらいいの?

直接税はかからないとしても、できるだけ支出は減らしたいですよね。
お店をたたむ場合や、決算が近づいている場合はなおさらです。

在庫を処分するのに最適な方法はどのようなものなのでしょう。
セール販売やアウトレット販売、買取業者への依頼などさまざまな方法があります。
ここでは、買取業者に依頼する方法をピックアップしておすすめします。
買取業者に依頼して在庫品を買い取ってもらう方法のメリットは、処分したい商品を一括で一気に利益にできるという点です。
セール販売やアウトレット販売のように、お客様の手に渡り現金になるまでのことを考える必要もありません。
余計な手間をかけずに抱えている在庫を処分できるのです。

 

□まとめ

以上、
「在庫品に税金がかかるとはどういうことなのか」

「不良在庫を処理する方法」
についてお伝えしました。
おすすめの方法の中で買取業者への依頼を取り上げましたが、最近は無料査定を行っている業者が多くなっているようです。
手元に残って困っている在庫品がございましたら、買取業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

できるだけ高く…でもどうしたら?在庫品を高額で買取してもらうコツとは

「長年営業していた店をやめることにしたから、在庫品を全て売ってしまいたい!」
「どうせ売るなら高く売りたい!」
このように考えたことはありませんか?
在庫品の買取を業者に依頼したいけれど、どの企業をどのようにして選べば高額で買い取ってもらえるのか知りたい方が多いのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫品をできるだけ高い値段で買い取ってもらうコツをお伝えします。

 

□なるべくいい状態で

まず1つ目のコツは、
「できるだけ早く買取依頼をすること」
です。
在庫品は放置しているともちろん劣化していきます。
なにもせずにただ倉庫で保管しているだけでも、少しずつ価値が下がってしまうのです。
また、長期保管による維持のための光熱費や倉庫賃借代などのコストがかかってしまう場合もあるでしょう。
さらに、その時期や年に流行した商品であれば、流行が終わってしまったら一気に価値は下がっていきます。
このようなことから、できるだけ早く業者に依頼することが高価格買取を希望するときに重要だということがわかりますね。

 

□業者の選び方

次に紹介するコツは、買取を依頼する業者の選び方です。
おそらくこれが1番気になるポイントではないでしょうか。
ここで重要なのが、自分の提示する条件に寄り添ってくれる業者を見つけることなのです。
たとえばもう閉店する店舗ならば、店頭に並べていたものや倉庫内の在庫品のほかにも、使用していた備品や機材などの買取も行っている業者を選ぶのです。
そうすることで、それらの処分にかかるはずの余計なコストを削減できます。
また、大量の商品の買取を希望する場合であれば、出張買取を行っている業者に依頼することで輸送コストを抑えられます。
さらに、業者がウェブサイトなどで公開している買取可能商品リストを確認して、自分が買取を希望している商品が買取可能かどうかチェックするのも業者選びのコツです。
買い取ってほしい在庫品を全て引き受けてもらえるかどうかは大事なポイントですよね。
全て買い取ってもらえる企業を選ぶことで、効率よく在庫品の処分を進めることができます。
このように、顧客の希望に寄り添ってくれる業者を見つけることで、より高額で効率よく在庫品を処分することが可能なのです。

 

□まとめ

以上、在庫品をできるだけ高額で買い取ってもらうためのコツをお伝えしました。
まずは買取を希望する商品のリストアップや、業者のホームページのチェックなどを行ってみてはいかがでしょうか。
なるべく早く自分に合った買取業者を見つけて問い合わせることがポイントです。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

まず知りたいのは流れ!在庫品の買取の流れとそのとき必要なものとは

「在庫品を全部売ってしまいたいけれど、買取ってまず何をしたらいいの?」
「在庫品の買取を依頼したいけれど、必要なものがわからない…」
このように思ったことはありませんか?
今回は、在庫品買取業者に依頼したときの流れと、そのときに必要なものについてお話しします。

在庫品買取には大きく分けて2種類の方法があります。
それぞれについて詳しく解説します!

 

□宅配買取

まず1つ目は、宅配買取です。
宅配買取の流れは以下のようになっていることが多いです。

最初に、お客様が買取業者のホームページや広告から買取の依頼を行います。
このときに、買い取ってもらいたい商品の情報や写真を業者に伝えましょう。
買取業者はその情報を元に商品の査定を行い、仮の査定価格を提示します。
お客様がその価格に納得した場合、商品のサンプルを買取業者に送ります。
買取業者がそのサンプルを実際に確認して価格決定をします。
その価格にお客様が納得すると、契約成立となります。
そして、お客様が商品を出荷し、買取業者による検品が行われます。
確認完了後、指定の方法で送金されるという流れです。

またこの方法は、買取を希望する在庫品が少ない場合に多く選ばれます。

 

□出張買取

2つ目の方法は、出張買取です。
出張買取の流れは以下のようになっていることが多いです。

最初に、お客様が買取業者のホームページや広告から買取の依頼を行います。
このときに、買い取ってもらいたい商品の情報や写真を業者に伝えましょう。
買取業者はその情報を元に商品の査定を行い、仮の査定価格を提示します。
お客様がその価格に納得した場合、商品のサンプルを買取業者に送ります。
買取業者はそのサンプルを実際に確認し、価格を決定します。
提示された価格にお客様が納得すると、契約成立となります。
ここまでは宅配買取と同じですね。
契約時に、査定日や場所、時間を相談して決定しておきます。
買取業者が実際に査定に出向いてくれます。
買取業者により、その場での査定と価格決定が行われます。
そして、お客様がその価格に納得した場合、現金が受け渡されるという流れです。

またこの方法は、買取を希望する在庫品が多い場合によく選ばれます。
さらに、店舗や倉庫の在庫品を一括で買取してもらいたい場合もこの方法を選ぶことが多いです。

 

□必要なもの

最後に、在庫品の買取に必要なものの例を紹介します。

 

*在庫品の種類が多い場合

在庫品の種類が多い場合は、在庫リストや保管状況の写真、商品の写真と保管地域などが必要です。

 

*在庫品の種類が少ない場合

在庫品の種類が少ない場合は、商品名と商品の写真または情報のURL、在庫数、サイズ、使用(賞味)期限、保管地域などが必要です。

 

*店舗・倉庫の商品一括買取の場合

店舗・倉庫の商品の一括買取の場合は、在庫リストや、バックヤードや倉庫内の商品写真、店内の商品写真、店舗の面積などが必要です。

これらは必要なものの一例ですので、実際に買取を依頼する際は各業者の説明に従ってくださいね。

 

□まとめ

以上、在庫品買取の流れについてお話ししました。
在庫品が業者の手に渡り現金になるまでの流れを少し知っていただけましたでしょうか。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

買取してもらえるの?日用品の片付けで出てきた在庫のゆくえ

「家を掃除したら在庫となった日用品が出てきて、処理に困っている…」
「日用品の片付けの方法を知りたい!」
このように思ったことはありませんか?
日用品は、絶対に使わないと言い切ることができないのでついついストックしてしまいがちですよね。
今回は、日用品の片付け方法と、捨てると決まったものの処理方法についてお伝えします。

□まとめて、広げて、選ぶ!

まず最初にお伝えするのは、日用品の片付け方法です。
「断捨離」
という言葉がすっかり定着していますが、実際にものを捨てるというのは意外と難しいものです。
「これはいつか使うはず!」
「もしかしたらこれも使うかも!」
このように、断捨離しようと意気込んだものの、結局何も捨てられなくなった経験がある方が多いのではないでしょうか。
そこで、断捨離のやり方としておすすめするのが
「まとめて、広げて、選ぶ」
という方法です。
これは、日用品の中でもある程度分類してから、いらないものを選ぶという方法です。
たとえば、キッチン用品というカテゴリーにまとめて、食器や調理器具、ラップやキッチンペーパーを仕分けするのです。
それが終わったら次は洋服、タオル、食品というように進めていきます。
ものを広げるある程度のスペースを確保してこの方法を使うと、手当たり次第に選ぶよりも効率が良くなります。
捨てる方法がわからなかったり、手間がかかるからという理由で放置していたりした日用在庫品もこのときに捨てるものと一緒にして処分してみてはいかがでしょうか。

□捨てるルールを設定しておく

次にお伝えするのは、
「まとめて、広げて、選ぶ」
を設定しておくことです。
1年以上使わなかったもの、すぐに買いに行けるものなど、自分なりのルールを決めてしまえば悩む時間が減ります。
どうしても決められないというものだけ後でよく考えることにしたら、大幅に時間を短縮できます。

 

□捨てると決めたものは?

捨てると決まった在庫品は、ゴミとして処分してしまう方法もありますが、まだ使用できたり食べられたりするものなら有効活用できます。
リサイクル業者や買取業者に依頼することで、捨てるはずだった日用品に価値が生まれます。
特に、買取業者に依頼し、買い取ってもらえたら現金化できるのです。
最近は、家電や機材だけでなく食品やコスメ、スキンケア用品、調理器具や家具などの日用品の買取を行っている業者が増えています。
また、買い取ってもらう場合は劣化や値段が下がることを防ぐために、なるべく早い査定をおすすめします。

 

□まとめ

以上、日用品をスッキリ片付ける方法、いらないものを在庫品として処分する方法についてお伝えしました。
お伝えした方法を実践して不要な在庫品を一掃することによって、一気にお部屋が広くなるかもしれませんね。
また、未使用の在庫品があるようでしたら、一度買取業者のウェブサイトを確認して、どのようなものを買い取っているのか調べてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

買取の相場が知りたい!家電を高く買い取ってもらう方法とは

「引っ越し準備をしていたら、いらない家電が出てきたから売ってしまいたい!」
「家電を売りたいけれど、どうせ売るなら相場より高く買取してほしい!」
このように考えることはありませんか?
せっかく高いお金を出して買った家電ですし、できるだけ高額で売りたいですよね。
そこで今回は、家電の買取相場と高額で買取してもらう方法をお伝えします。

□家電の買取相場

以下が買取事例の多い家電の相場です。
家電の買取の際は、基本的に製造年式を基準にして値段が決定されます。
もちろん商品の状態も価格決定の大切な基準です。

*洗濯機

まだ使えても買いかえてしまうことが多い洗濯機は、2年落ちだと5000~12000円、3年落ちだと4000~10000円、4年落ちだと3000~9000円、5年落ちになると0~8000円という価格が相場です。
2年落ちとは、製造年式から2年が経過しているということです。
洗濯機の場合ドラム式であれば、価格がさらに高くなる場合があります。
また、機能性に加えて、見た目やしっかりと掃除されているかということによっても値段が変わります。

*冷蔵庫

引っ越しの際に1番荷物になる冷蔵庫は、買取の事例がとても多いです。
特に多いのがファミリータイプの冷凍庫付き冷蔵庫です。
こちらの相場は、2年落ちだと30000~50000円、3年落ちだと20000~35000円、4年落ちだと9000~20000円、5年落ちになると0~8000円くらいです。
1ドア70リットル以下の冷蔵庫でしたら0~3000円、2ドア70~100リットルは3000~4000円、101~130リットルは5000円くらいが相場です。
冷蔵庫も中の汚れや傷の状態によって価格が変わってくるので、できるだけ綺麗にしてから査定に出すことが重要です。

 

*そのほかの家電

そのほかによく買取される家電の相場は、オーディオ関連でスピーカーが3000~8000円、掃除機はメーカーや型によって変わりますが、3000~15000円くらい、テレビは大きさによりますが2年落ちが20000円、3年落ちが15000円くらいが相場です。

 

□相場以上の買取のコツ

相場をお伝えしましたが、この相場より高値での買取のためにはいくつかの方法があります。
一つ目は、査定前に自分でできる限りの整備をしておくことです。
査定までに汚れを取り除いて綺麗にしておくことがポイントです。
取扱説明書や付属の備品を用意しておくことも大切です。
二つ目のコツは、買取を依頼する時期です。
近年、大学生の一人暮らしが増えていますし、引っ越しが盛んになる時期の3月や4月前半までに買取業者に査定してもらうことも相場より高く買い取ってもらうコツのひとつです。
この時期は中古品の購入が盛んになり、買取業者も積極的に買取事業を行っていることが予想されるからです。

 

□まとめ

以上、家電の買取相場と少しでも高く買い取ってもらう方法をお伝えしました。
無料の問い合わせや写真を送るだけの査定を行っている業者も増えています。
まずは時期や状態を確認して、買取業者に問い合わせてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

知らなきゃ損する?家電の在庫品買取を依頼するときのコツとは

「もうお店を閉じるからこの大量の家電をなんとかしないと…」
「家電の在庫品はどのように売れば高値がつくのか知りたい!」
このように考えている方はいらっしゃいませんか?
実は、家電を高く売るのにはいくつかコツがあるのです。
今回はそのコツについてお話しします。

□できるだけ早く?

まず、最初にお話しするコツは、なるべく早く業者を見つけて買取をしてもらうということです。
食品ではないのだからそんなに急ぐ必要はないと思う方がいらっしゃるかもしれません。
しかし、家電の在庫品にも保証期間があります。
保証期間が長いほど再販される際に売れやすくなるので、買取時に高値がつく可能性が高くなります。
つまり、保証期間を過ぎていたり、劣化していたりする商品には高い値段がつきにくいということです。

□売りたい商品の買取をしているかチェック

2つ目のコツは、自分が売りたいと考えている商品の買取を行っているかどうかをチェックすることです。
基本的にどの業者もエアコンやテレビ、冷蔵庫や電子レンジなどの家電の買取は行っていますが、自分が持っている在庫品の中に少し変わった商品がある場合は確認が必要です。
変圧器や精米器、布団クリーナーなど、様々な種類に対応している業者を見つけることがポイントです。

□希望条件に対して柔軟に対応してくれるかどうか

3つ目のコツは、こちらの意見を尊重した買取をしてくれるかどうかチェックすることです。
「いろいろな種類の在庫品を少しずつでもいいのか」
「数千点というものすごく多い数でも対応してくれるのか」
「商品の一括買取を引き受けてくれるのか」
など、それぞれの希望するスタイルでの買取を行ってくれる業者を見つけるのがポイントです。
そのような買取業者を見つけるためにはまず業者のウェブサイトをチェックすることです。
今までの買取実績や買取可能商品が公開されている場合が多いので、自分に合う業者を探すことができるのです。
特に最近は、無料の問い合わせや査定を行っている買取業者が増えているようですので、気になる業者があった場合、一度問い合わせてみてもいいのではないでしょうか。

□まとめ

以上、家電の在庫品を上手に買い取ってもらうコツをお話ししました。
まずはどのような条件での買取を希望するのかを明確にすることです。
お話ししたコツを使って、その条件に合う業者を見つけてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

不良在庫の会計処理は決算の前?後?正しいタイミングとは

「夫の会社の経理を任されているけれど、不良在庫ってそもそもなんのこと?」
「不良在庫の会計処理をしなければいけないけれど、いつやるべき?」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか?
会計に関わってはいるけれど、処理のタイミングや方法などの専門的なことはわからないという方が多いのではないでしょうか。
今回は、不良在庫の説明と、会計処理のタイミングや方法についてお話しします。

□不良在庫ってなに?

不良在庫とは、仕入れたけれど消費者の手に渡ることがなく、倉庫やバックヤードに長期間放置されている在庫品のことです。
また、これらは売れる見込みがないうえに、会計上は資産として計算されるため、会社の資産に悪影響を与え続けています。
そして、保存期間が長期になればなるほど自然に劣化するため、その在庫品がもっていた価値がどんどん下がってしまうのです。
さらに、そのような売れない在庫のための維持管理費用もかかっている場合が多いのです。

 

□会計処理は決算前に!

まず結論からお話しします。
不良在庫の会計処理のタイミングとして正しいのは
「決算の前」
です。

不良在庫は基本的に伝票上で
「棚卸減耗費(たなおろしげんもうひ)」
を使って処理します。
棚卸減耗費とは、棚卸減耗を処理する費用の勘定のことをいいます。
棚卸減耗とは、決算日において、もともと計画していた帳簿上の数である帳簿棚卸高と、実際に存在している数である実地棚卸高の差のことです。
つまり、計画上の数字と本当の数字を照らし合わせるということですね。
この数字は業者にとっては損にあたるため、棚卸減耗損という場合もあります。

このように処理をすると正確な数字を知ることができるため、確実に正しい数字が必要な決算の前に行うことが必要なのです。

 

□難しい処理の前に…

以上でお話ししたのが、不良在庫の伝票上の処理方法です。
この方法の他に、セール販売やアウトレット販売、買取業者への依頼などの手段を使って物理的に処理してしまう方法もあります。
不良在庫を一括で買い取ってもらうという方法も1つの選択肢です。
企業のお荷物になっていた不良在庫が利益に変わる可能性があるのです。

 

 

□まとめ

不良在庫とはどんなものなのか、少し知っていただけたでしょうか。
処理の方法についても簡単に説明させていただきました。
伝票上で処理をするのか、物理的に処理をするのか…。
自分に合った方法を探してみてはいかがでしょうか。
不良在庫を処理する場合は
「決算の前に」
というのがポイントです。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

放っておいたら増え続ける!?滞留在庫問題を解決する方法とは

「月末になるといつも滞留在庫の数に悩まされる…。」
「なんとか解決したいけれど、まあいつか処分することにしよう」
このように考えている方はいらっしゃいませんか?
実は滞留在庫は所有しているだけで企業にとってマイナスになってしまうことがあるのです。
今回は、滞留在庫が存在することの問題点と、その解決方法についてお話しします。

□滞留在庫って?

滞留在庫とは、製造や仕入れをしたのにもかかわらず、売れ残ってしまい、長期にわたって倉庫に残ってしまった在庫品のことです。
この在庫品には、保管するための光熱費や維持費、人件費などのコストがかかり、多ければ多いほど会社のお金が必要です。

□滞留在庫が存在することの問題点とは?

滞留在庫が存在することの大きな問題点は、不必要な費用がかかるということです。
以下で詳しく解説します。

まず1つ目は、先ほどお話ししたような管理費用がかかるということです。
そもそも、在庫品は棚卸資産(たなおろししさん)であり、企業の大切な資産を使って購入されたものです。
それが売れるまでは、企業にとってのマイナス要素なのです。
それに加えて維持費用がかかると考えてみてください。
マイナスにマイナスを足したらもっとマイナスになりますよね。
2つ目は、払わなくてもいいはずの税金がかかるということです。
処分してしまったらかからない税金を、滞留在庫のせいで払っている場合が多いのです。

このように、売ることができない在庫がたまってしまうと、それを管理、保管するための費用がかかるのです。
廃棄してしまえばその費用はかからなくなりますが、廃棄するのにも業者に委託すると費用がかかります。

□滞留在庫問題の解決策

以上の問題を解決するにはどうしたらよいのでしょうか。
答えはケースによってさまざまです。
ここでは、いくつかの解決策を紹介します。

*システム構築・分析

システム構築とは、かみ砕くと、今まで使用していたシステムを見直し、組み立て直すということです。
今までどのように販売計画を立てていたのか、製造過程はどうか、もう一度データを分析して改善するのです。
ここで重要なのが、正確な情報を各部門が共有することです。
そうすることで、極端に欠品を恐れて在庫を増やしすぎることを防げます。

 

*買取業者に依頼

この方法は、買取業者に滞留在庫を一括で買い取ってもらうというものです。
無料査定や出張買取も行っている業者が増えているので、条件に合った買取をしてもらえます。
また、マイナスになっていた利益をプラスにできるのです。

 

 

□まとめ

以上、滞留在庫を所有している場合の問題点とその解決策をお話ししました。
もし今抱えている滞留在庫があったら、手放して会社の利益にすることを考えてみてはいかがでしょうか。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

在庫品を処分したいけれどどうしたら?あなたに合った在庫品処分の方法とは

「今月はこんなに在庫品が余ってしまったけれど、なんとかして利益にしたい」
「在庫を処分するにはどんな方法が1番なのだろう?」
このように考えたことはありませんか?
今回は、余ってしまった在庫品の処分方法について紹介します。

 

□セールをする

1つ目の方法は、セールです。
商品の値段を下げ、その分多くの人に商品を買ってもらうことができるセールは、在庫を一掃するのに効果的な方法として広く知られています。
余剰在庫を完璧に処分するのは難しいかもしれませんが、
「SALE!」という文字に弱いという方も多いのではないでしょうか。

□アウトレット販売をする

2つ目の方法は、アウトレット販売です。
そもそもアウトレットとは出口やはけ口という意味を持ちます。
その名のとおり、店舗で売れ残った商品や、製造や輸送の段階で傷ついてしまった商品などを売ることができます。
出品の方法によっては手数料などの料金が必要になる場合がありますが、消費者にとっても、通常の店舗よりも安く商品を購入できるという理由で人気が集まっています。

□廃棄する

3つ目は、廃棄するという方法です。
この方法には、下手に値下げをするよりもブランドイメージを守ることができるというメリットがあります。
また、流通を防ぐことができるという面もあります。
しかし、廃棄にもコストがかかることがほとんどで、企業への利益が全くないうえにマイナスになってしまうというデメリットがあります。
しかし、1つの手段として思い切って捨ててしまう、という方も多いようです。

□買い取り業者へ依頼する

最後の方法は、買い取り業者に依頼し、商品を買い取ってもらうという方法です。
この方法には、手放したい在庫品全てをすぐに手軽に買い取ってもらえるというメリットがあります。
ほかの方法では、消費者の手に届くまでにさまざまなコストや手間がかかるのに対して、買い取り業者は
「買い取りのプロ」
であるため、廃棄にかかるコストや消費者に届くまでのさまざまな手続きも手間をかけずに利益もプラスにしてくれるのです。
さらに、最近増えているLINEアプリケーションを使用した査定や買い取りによってさらに簡単で使いやすい方法になっています。
写真を撮って送るだけで査定してもらえるなら、商品を輸送するコストも削減できますね。

 

□まとめ

以上、在庫品を処分する方法についてお話ししました。
魅力的な方法は見つかったでしょうか。

当社では、在庫品の買い取りを行っております。
もし興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せください。

 

在庫品がこんなに余っていたなんて!在庫品の増加を止めることができる対策とは

「しっかりと計画、発注したはずなのに、在庫がこんなに余っていた…」
「小売業者に出荷して売れたはずなのになんで在庫が余るのだろう」
このように思ったことはありませんか?
今回は、在庫が余る原因とその対策についてお話しします。

□在庫品が増加する原因

*欠品に対する心理的不安

1つ目は、情報不足による心理的不安から、在庫品が増加してしまうケースです。
ここで言う情報とは、現在その商品販売に関わっている部門が抱えている在庫数のことです。
この情報がしっかりと共有されていないと、極端な欠品を恐れるあまり、次のようなことが起こる場合があるのです。

・販売計画を立てる部門で、販売によるロスをできるだけ減らしたいと考え、多めに計画を立てて在庫を持ちすぎてしまう。
・生産に関わる部門で、販売部門からの要求に対して余裕を持って対応するために、多めに生産してしまう。

*情報共有不足

2つ目は、情報が行き届いていないために在庫品が増加してしまうケースです。
たとえば、販売部門の指示で生産部門が生産した商品を、倉庫から販売会社に出荷したとします。
このとき、販売部門はこの商品を売れたものとして勝手にカウントしてしまっている場合が多いのです。
そのため、さらなる生産の指示を出してしまいます。
しかし、実際は売れずに小売店に余った在庫品として残っていることがあるのです。
余った在庫品を正確に管理しなければ、余分な在庫品がどんどん増加することになるのです。

□在庫品が増加することへの対策

原因に思い当たることはありましたか?
ここからは、原因に対する対策をお話しします。

*情報共有がカギ!

実は、2つの原因のどちらにも共通した対策があるのです。
それは、
「それぞれの部門が抱えている在庫の情報を全ての部門で共有する」
ということです。
電子機器を用いて共有ページを作成したり、報告を義務化したりすることで、簡単に情報を共有することができます。
在庫管理の方法を見直してみてはいかがでしょうか。

 

*今抱えている在庫は?

さらに、現在抱えている在庫の行き先を紹介します。
在庫品を処分する方法には、セールの開催やアウトレット販売などの方法がありますが、時間や手間がかかってしまうことが考えられます。
そこで、抱えている在庫品を一気に手放す手段として有効なのが
「業者に買い取ってもらう」
という方法です。
余っている全ての在庫品を、すぐに手放すことができるのです。
計画を見直す前に、まずは在庫品を一掃して、新しい計画を実行してみてはいかがでしょうか。

 

□まとめ

以上、在庫品が増加してしまう原因と対策についてお話ししました。

当社では、在庫品の買取を行っております。
もしご興味がありましたら、ぜひ一度当社までお問い合せくださいませ。