滞留在庫が資金繰りに与える影響を分かりやすく解説します!

皆さんは滞留在庫に悩まされていませんか?
在庫を持つことは品切れに対応できたり、急な需要増加に対応できるというメリットがある一方で、多くの在庫を抱えてしまうと管理するのにコストがかかったりなどの悪影響も出てきてしまいます。
そこで今回は在庫の量がどれくらい資金繰りに影響を与えるのかをお話していきます。
増える在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□収益が悪化する

多くの仕入れや生産をしたものの想定よりも売れなかった場合は、在庫となってしまいます。

在庫を処分するためにセールなどで値段を下げて販売したり、廃棄をしたりする必要がありますが、それによって収益が悪化してしまいます。

□管理費用が発生する

在庫を管理するためには倉庫のスペースを用意しなければいけません。
倉庫には賃借料や光熱費などの様々な費用が掛かってきてしまいます。
また、在庫を取りに行ったり、探したり、入れ替えたりする必要があるため、在庫を管理する人件費も必要になってきます。
最近はAIを搭載したロボットが在庫管理をするような企業もありますが、それでも導入に際して多くのコストがかかりますし、維持費もかかります。

□商品価値が低下する

商品は日が経つにつれて劣化してきたり、流行から遅れていき陳腐化していってしまい、価値が低下していきます。
特に炊飯器や冷蔵庫など、家電に関しては最新型のものが次々に開発されていくので、陳腐化のスピードが速いため、商品価値の低下が速くなります。
また、クリスマスグッズやハロウィングッズなどの季節やイベントものの商品は、その時期を逃してしまうと一気に商品価値が低下してしまいます。

□キャッシュフローが減少する

在庫によって資本が固定化されてしまうことで、すぐに現金化することが難しく、キャッシュフローが減少してしまいます。
これによって他のものに投資できなくなったり、何か問題が起きて現金が必要になった際にもすぐに対応できなかったりなど資金繰りが苦しくなってしまいます。

□まとめ

今回は在庫の多さがどれくらい資金繰りに影響を与えるのかをお話してきました。
滞留在庫を抱えてしまうことで、収益が悪化したりコストがかかったりするだけでなく、キャッシュフローが減少してしまい、資金繰りに悪影響を及ぼします。
資金繰りに悪影響を及ぼさないためにも、多くの在庫を抱えないように様々な対策を打ちましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

個人事業主の方は必見です!在庫管理のコツとは?

「在庫がたくさん余ってしまって、困っている。」
「在庫管理をうまく行う方法について知りたい。」

このようなお声をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、在庫管理に悩んでいる個人事業主の方に向けて、在庫管理を行う上でのコツについてご紹介させていただきます。
ぜひ、ご参考にしてみてください。

 

□仕入れの頻度ごとに分けて在庫管理する

たくさんの種類、数量のものを仕入れている方にとっては、正確に在庫の管理を行うだけでも一苦労するのではないでしょうか。
まず最初に紹介させていただく在庫管理のコツは、仕入れサイクルの短いもの(頻繁に仕入れるもの)と仕入れサイクルの長いもの(頻繁には仕入れないもの)を分別して在庫管理を行うことです。

 

*頻繁に仕入れるもの

頻繁に仕入れるものに関しては、仕入れの際の請求書に仕入れるものの一覧表を作っておきます。
この時に実際に仕入れたものの数量を記入できるようにしておきましょう。
そして実際に仕入れを行ったら、数量をそれぞれ一覧表に記入していきます。
こまめに更新していくことで、頻繁に仕入れるものに関しての漏れが無くなり、在庫管理が正確かつ迅速に行うことが可能になります。

 

*頻繁には仕入れないもの

次に、頻繁には仕入れないものに関しても、基本的には頻繁に仕入れるものと同じ在庫管理の方法で構いません。
ただ、在庫管理のコツとして、何年にもわたって在庫が残っているものについては処分してしまいましょう。
こちらは、数量確認の手間を省くためです。
また、頻繁に仕入れるものと棚を分けておくと、数量確認がしやすくなるのでおすすめです。

 

□在庫管理システムを導入する

前項では、在庫管理のコツについてご紹介させていただきました。
しかしこの他に、在庫管理の手間を革新的に省いてくれるものがあります。
それは在庫管理システムです。
仕入れたものにバーコードのタグをつけて管理しておけば、仕入れの時期や

数量、すでに販売されたものの時期や数量を簡単に把握することができ、大変便利です。
また、よく売れているものについても簡単に把握できる点もメリットとして挙げられます。

 

□最後に

今回は、在庫の管理に悩んでいる方に向けて個人事業主の方に向けて、在庫管理を行う上でのコツについてご紹介させていただきました。
在庫管理にお悩みの方は、ぜひご参考にしてみてください。
また、当社では処分に困った在庫の買取を承っております。
お気軽にご連絡ください。

棚卸の際に在庫を減らすメリットについて解説します!

皆さんは棚卸時に在庫を減らすことによるメリットをご存知ですか?
在庫は持っていることで品切れを防ぐことができますが、あまりたくさん持ちすぎると、いくつかのデメリットが出てくるため、在庫を減らす必要性が出てきます。

そこで今回は、棚卸時に在庫を減らすことによるメリットについてご紹介していきます。
現在在庫の増加に危機感を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

□棚卸時に在庫を減らすメリット

大きなメリットは、ずばり税金の負担を減らすことができることです。
在庫と税金については密接な関係があり、棚卸時の在庫が増えれば税金の負担が増えてしまいます。
税金は売上総利益に対してかかってきますが、その売上総利益は「売上-売上原価」で表されます。
売上原価は「期首在庫-仕入高-期末在庫」で表されますが、期末在庫が増えれば増えるほど売上原価は低くなっていきます。
つまり、棚卸時の在庫が増えれば増えるほど売上原価が減って、売上総利益が上がり、税金が増えてきてしまうということが分かります。
そのため、棚卸時の在庫を減らすことができると売上総利益を減らすことができ、結果的に税金の負担を減らすことができるというメリットがあります。

□在庫を減らすには

上にあげたメリットを享受するためには在庫を減らす必要があります。
そして在庫を減らすためにはいくつかの方法があります。

*セールで売る

「在庫処分セール」と銘打って在庫処分のセールが行われているお店を見たことがある人も多いのではないでしょうか。
セールで売ることによって、商品の価格は安くなるので利益は減ってしまいますが、廃棄をすることに比べると、利益は確保できます。

*買い取り業者に依頼する

買い取り業者に依頼することによって、手間をかけることなく在庫を処分することができます。
また、すぐに現金化することができるので資金繰りにも良い影響を及ぼします。

*廃棄する

廃棄をする際には、コストがかかったり環境に対して負荷をかけたりしてしまうことがありますが、在庫処分をする方法の一つです。

□まとめ

今回は棚卸時に在庫を減らすことによるメリットについてご紹介してきました。
棚卸時に在庫を減らすことによって、税金の負担を下げることができるということでしたね。
在庫を減らすためには、セールなどで安く売却したり、廃棄したり、買い取り業者に依頼するという方法があります。
増える在庫に危機感を感じている方はぜひお役立てください。

滞留在庫の回転率を分析する方法について解説します!

皆さんは在庫回転率についてご存知ですか?
在庫回転率とは、1年間に何回在庫が回転したかを表す数値ですが、これが分かっていればより効率的に在庫管理を行うことができます。
そこで今回は在庫回転率はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話していきます。
増える滞留在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

 

□計算方法

在庫回転率=1年の売上げ÷在庫金額」で求めることができます。
例えば1年間で全体として12万円の売上げがあったとして、1つの商品の平均価格が2万円であった場合、「12万円÷2万円」と計算することができます。
この例の場合の回転率は6回となり、1年間に6回その商品が仕入れられて、平均2ヶ月で売れたことが導き出されます。

つまり回転率が高い場合は商品がよく売れており、効率的であるといえます。
低い場合は商品が売れておらず、それだけ在庫が眠っていることが分かります。

□分析の仕方

在庫回転率が何回くらいが好ましいかは、業種によっても異なってくるので、いくつかの同業他社と比較したりして分析してみると良いでしょう。
例えば製造業では回転率が低くなりますが、その逆で回転率が高くなる業種もあります。
その道に詳しい人でなければ、なかなか適切に分析をすることは難しいですが、誰にでも分かりやすい目安も存在します。

回転率が5回以下の場合は非常に低く、眠っている在庫が多いと考えられるため、一度眠っている在庫を見直す必要があります。
5~10回の場合は高いとは言えませんが、在庫を見直すことでもっと上げることができそうです。
20回以上になってくると、高いと言うことができ、非常に良い状態です。
回転率は高いほうが効率的であると言えますが、高くなりすぎてしまうと在庫の補充が追い付かなくなってしまうこともあるため、品切れの状態に陥ってしまいます。
そうなると顧客からの信頼を失いかねないので、注意が必要になってくるでしょう。

□まとめ

今回は在庫回転率はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話させていただきました。
在庫回転率は高ければ高いほど多く売れていて、低ければ低いほどあまり売れてないということでしたね。
またどの程度が好ましいかは同業他社と比べるべきで、適切な回転率を目指すことが好ましいでしょう。
滞留在庫にお悩みの小売業者の方はぜひお役立てください。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

棚卸と在庫と税金の関係について分かりやすく解説します!

皆さんは棚卸時の在庫が税金にどのような影響をもたらすかご存知でしょうか。
よく棚卸時には在庫を減らしておいた方が良いということは聞くかもしれませんが、なぜ在庫を減らせばいいのかということについて詳しく知っている方は多くないのではないでしょうか。
そこで今回は棚卸と在庫と税金の関係についてお話していきます。
在庫の増加に対して危機感を感じている方はぜひ参考にしてみてください。

□在庫が多ければ税金が増える?

税金は売上総利益に対してかかってきますが、その売上総利益は「売上-売上原価」で表されます。
つまり売上が上がれば上がるほど利益は増え、また売上原価が減れば減るほど利益が増えていきます。
ここまでで在庫についての話は出てきていませんが、実は売上原価について在庫が深く関わってくるのです。
売上原価は「期首在庫-仕入高-期末在庫」で表されますが、この式を見てわかるように、期末在庫が増えれば増えるほど売上原価は低くなっていきます。
つまり棚卸時の在庫が増えれば増えるほど売上原価が減って、売上総利益が上がり、税金が増えてきてしまうということが分かります。
そのため、在庫が増えれば税金の負担が増えてしまうのです。

□在庫を減らすためには

*セールで売る

「在庫処分セール」などと銘打って価格を下げて売っている店などをよく見かけますよね。

あれは文字通り溜まった在庫を処分するために行われています。
価格を下げて売ると一つひとつの利益は減ってしまいますが、在庫を一掃でき、新たに商品を仕入れることができます。

*買い取り業者に依頼する

買い取り業者に依頼することで、在庫を倉庫から直接買い取ってくれるだけでなく、在庫処分の際の事業主側の手間も省くことができます。
業者によっては新品のものだけでなく中古のものなども買い取ってくれる場合が多いので、中古品の在庫を抱えている方にもおすすめです。

*廃棄する

廃棄に際してコストがかかってしまったり、環境に負荷を与えてしまうため必ずしもおすすめできるわけではありませんが、在庫処分の方法の一つです。

□まとめ

今回は在庫と税金の関係についてお話してきました。
棚卸時の在庫と税金には密接な関わりがあり、棚卸時に在庫を減らすことができれば税金の負担も少なくなるということでしたね。
在庫を減らすためには、セールなどで安く売却したり、廃棄したり、買い取り業者に依頼するという方法があります。
在庫の増加に危機感を感じている方はぜひお役立てください。
また、当社でも在庫の買取を行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

不良在庫にお悩みの方必見です!在庫の回転期間の分析方法とは?

皆さんは在庫回転期間についてご存知ですか?
在庫回転期間とは、在庫を販売するまでにかかる期間を表す数値ですが、これが分かっていればより効率的に在庫管理を行うことができます。
そこで今回は在庫回転期間はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話していきます。
増える滞留在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□在庫回転期間とは

在庫回転期間とは在庫を販売するまでにかかる期間のことです。
よく似た言葉で在庫回転率という言葉がありますが、これは1年間に何回在庫が回転したかを表す数値で、在庫回転期間と逆数になっています。

 

□在庫回転期間の計算方法

在庫回転月数は「棚卸資産÷(売上原価÷12)」で求めることができます。
例えば棚卸資産が30万円で1年間の売上原価が120万円であった場合、「30万円÷(120万円÷12)=3カ月」と計算することができます。
この例の場合の回転月数は3カ月となり、3カ月経たないとその在庫が売れないということが導き出されます。

つまり回転期間が短い商品の方がよく売れており、効率的であるといえます。
逆に、長い場合は商品が売れておらず、それだけ在庫が眠っていることが分かります。
ちなみに在庫回転期間を月数ではなく日数で知りたい場合は、
棚卸資産÷(売上原価÷365)」で求めることができます。
月数よりも日数の方が細かくわかりやすいので、細かく知りたい場合はこちらの計算方法をおすすめします。

 

□在庫回転期間の分析の仕方

在庫回転期間がどれくらいが好ましいかは、業種によっても異なってくるので、いくつかの同業他社と比較したりして分析してみると良いでしょう。
同業他社と比べることによって、その会社より効率が良いのか悪いのかを知ることができます。
在庫回転期間が他社よりも自社の方が長く、効率が悪いことが分かった場合は、その原因を追及してできることから改善をしていきましょう。
ちなみに、小売業者全体の平均の在庫回転期間はおよそ26日となっています。

□まとめ

今回は在庫回転期間はどのように分析して、どのように生かせばいいのかをお話してきました。
在庫回転期間は長ければ長いほどよく売れていて、短ければ短いほどあまり売れてないということでしたね。
不良在庫にお悩みの小売業者の方はぜひお役立てください。

また、当社でも在庫の買取を行っております。
在庫の処分にお困りの方はお気軽にご連絡ください。

不良在庫に関する節税対策についてご紹介します!

皆さんは在庫に関してどのような節税対策を行っていますか?
在庫を持つことは品切れを防いだりするメリットがありますが、その一方で不良在庫を持ちすぎてしまうと、管理にコストがかかるだけでなく、多くの税金が発生してきてしまいます。

そこで今回は在庫に関しての節税対策をいくつかご紹介していきます。
増える不良在庫に悩んでいる小売業者の方はぜひ参考にしてみてください。

□在庫の節税対策について

税金は利益の発生に伴ってかかってくるため、税金を減らすには在庫を減らすことが重要です。
在庫を減らすことによって期末棚卸高が少なくなります。
それによって売り上げ原価が増えるので、利益が少なくなり、結果として税金が少なくなります。

そのため、税金を減らすためには在庫を減らすようにしましょう。

□具体的な方法とは?

*見切り品として処分

セールを行い価格を下げて在庫を処分するという方法です。
価格を下げて売ってしまうことで現金が手に入るので、会社の資金繰りにもプラスの効果が期待できます。
また、セールでの売れ行きを上げる方法として、どのくらいの値下げをしたのかを分かりやすく記載するというものがあるのでお試しください。

*在庫の評価を見直す

在庫は一定の条件を満たせば評価減が認められています。
在庫の評価減は棚卸資産評価損として計上することができるため、節税対策になります。
その条件とは、
・災害による損傷
・季節商品のため今後売れる可能性が低いもの
・形式や性能、品質が著しく異なる新商品の発売により今後通常の価額で売れないもの
・破損、型崩れ、棚ざらし、品質変化等により通常の方法で売れないもの
といったものがあります。
このような条件に当てはまるものがないか、一度自分の在庫を確認してみましょう。

*廃棄処分

上記二つの方法がダメだった場合は廃棄処分するというのも一つの手です。廃棄処分を行うことは廃棄に際してのコストがかかったり、環境へ負荷をかけることにもなってしまうためデメリットもありますが、廃棄損として計上することができます。

□まとめ

今回は在庫に関しての節税対策をいくつか紹介してきました。
税金を減らすためには、在庫を減らすことが重要であるということでしたね。

在庫を多く抱えてしまうと、管理費も税金もかかってしまい、経営を圧迫する原因になってしまいます。
増える不良在庫に悩んでいる小売業者の方は、ぜひお役立てください。
また、当社でも在庫の買取を承っておりますので、検討される方はご連絡ください。