個人事業主が在庫を溜めないための注意点についてご紹介します

皆さんは、在庫を溜めないためにどのような方法があるかご存知でしょうか。
在庫を溜めてしまうことで、税金や管理費が多くかかってしまい、
経営を圧迫する原因の一つになってしまいます。


そこで今回は、在庫が溜まるのを防ぐためにはどのような方法があるのかについてお話していきます。在庫管理に悩んでいる個人事業主の方はぜひ参考にしてみてください。

□仕入れ量・生産量の見直し

在庫が溜まってしまう大きな原因の一つとして、仕入れ量が需要よりも多いということが挙げられます。
売れるかな、というような考えで大量に仕入れてしまい、結局あまり売れず、滞留在庫となってしまうことが多いです。
そのため、様々なところから情報収集をして、市場のトレンドや消費者が求めているものを見極めて、適切な量を仕入れるということが重要です。また、現時点でどのようなものが在庫になっているかを確認して、なぜ売れなかったのかということを分析するということも大切です。
そのため定期的に倉庫に行って歩き回り、在庫を自分の目で確認するようにしましょう。

□販売価格の見直し

消費者の感覚よりも高すぎる販売価格で売り出している場合は、売れるまでに時間がかかりすぎるため在庫が溜まっていく原因になってしまいます。
在庫を長く持ちすぎると管理にコストがかかるだけでなく、時間とともに商品価値が下がってしまいます。
販売価格を下げることで一つひとつの利益は減っていしまいますが、仕入れと販売のサイクルが早まり、全体的にはプラスに働きます。

□在庫処分

もう売れなくなってしまったものは、セールやアウトレットなどで在庫処分をするという方法もあります。
売れない在庫を持っているだけでは、管理費や税金などで経営が圧迫するため、思い切って在庫処分を行うというのも一つの手です。
また買い取り業者に買い取ってもらうという方法もあります。
セールやアウトレットなどで価格をかなり下げて売ってしまうとブランドイメージを低下させる原因にもなってしまいますが、海外輸出などで国内に再流通しないようにしてくれる買い取り業者もあるのでおすすめです。

□まとめ

今回は在庫が溜まるのを防ぐためにはどのような方法があるのかについてお話してきました。
在庫を溜めないためには仕入れ量や販売価格を見直したり、定期的に在庫処分を行うという方法がある、ということをご紹介しました。
皆さんも在庫が溜まらないように、様々な方法をお試しください。

個人事業主のための在庫処分の方法について解説します!

皆さんは在庫管理に悩んでいませんか?
多くの在庫を溜めてしまうと、管理するためのコストや税金がかかってしまい、経営を圧迫する原因になってしまうため、在庫処分をする必要が出てきます。
しかしどのような方法で在庫処分をすればいいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。
そこで、今回は様々な在庫処分の方法についてご紹介していきます。
在庫管理に悩んでいる個人事業主の方はぜひ参考にしてみください。

□セールで売る

「在庫処分セール」などと銘打って価格を下げて売っている店などをよく見かけますよね。
あれは文字通り溜まった在庫を処分するために行われています。
価格を下げて売ると一つひとつの商品の利益は減ってしまいますが、在庫を一掃でき、新たに商品を仕入れることができます。

特に季節感を意識して、例えば夏前には夏に売れそうな在庫をセールで売るというような工夫をすることで売れ行きが上がります。また、セールでの売れ行きを上げるもう一つの方法として、どのくらいの値下げをしたのかを分かりやすく記載するという方法もあります。

□買い取り業者に依頼する

買い取り業者に依頼することで、在庫を倉庫から直接買い取ってくれるだけでなく、在庫処分の際の事業主側の手間も省くことができます。
業者によっては新品のものだけでなく中古のものなども買い取ってくれる場合が多いので、中古品の在庫を抱えている方にもおすすめです。
セールなどで安売りした場合はブランドイメージが低下してしまうというデメリットが生じてしまいます。
しかし買い取り業者によっては、買い取ったものを海外輸出することで国内に再流通しないようにしてくれる業者もあり、ブランドイメージを下げたくない方にはおすすめです。

□廃棄する

ブランドイメージを下げないために、一切再流通させたくない方は最終手段として廃棄することが挙げられます。
廃棄に際してコストがかかってしまったり、環境に負荷を与えてしまうため必ずしもおすすめできるわけではありませんが、在庫処分の方法の一つです。

□まとめ

今回は様々な在庫処分の方法についてご紹介してきました。
一口に在庫処分といってもセールで売ったり、買い取り業者に買い取ってもらったりするなど、様々な方法がありましたね。
在庫処分を行うことでコストを削減するだけでなく、空いたスペースに新たな仕入れができるようになるというメリットがあります。
皆さんも状況に応じて様々な在庫処分をお試しください。

売れ残った在庫の削減方法とは?|在庫買取なら白石商事

商品が売れ残った場合、どのように処理したらいいのか悩むことはありませんか?
余剰在庫はできるだけ溜めておきたくないものですよね。
今回は、売れ残った在庫の処理方法をいくつかご紹介いたします。

 

□売れ残りの在庫処理方法

売れ残った在庫品は、どのようにして処理すればいいのでしょうか?
その方法には、代表的に次のようなものがあります。

*ABC分析

「ABC分析」とは、在庫をいくつかのグループに分けて優先順位を決める方法です。
扱っている商品をA、B、Cの3つのグループに分けて、ランク付けを行っていくのです。
別名「重点分析」とも呼ばれます。

まず、Aグループは主力商品を対象にします。
売れ筋が良い商品を分類し、発注量や在庫量を増やして売り上げ規模を拡大していきます。
ただし、いつまでも売れ続けるとは限らないため、売上動向を見守る必要があります。

次に、Bグループには準主力商品を分類します。
現状売上を維持するために、ある程度の在庫確保を行います。
また、同時に主力商品になれるように販売を促しながら、全体の売上バランスを整えていきます。

そして、Cグループは非主力商品です。
これは、あまり売れない商品であるため、できるだけ在庫削減を行うようにします。
売れ行きが良くないときは、売り切れるようにセールを開催すると良いでしょう。

このようにして、販売商品の優先度を決めて、在庫が残らないように調整するのがABC分析です。

*ジャスト・イン・タイム

「ジャスト・イン・タイム」とは、「必要なものを、必要なときに、必要な分だけ」という意味です。
つまり、在庫が無駄にならないように、必要なときだけ、必要な分を仕入れるという手法です。
そのため、効率よく仕入れるように、細かな計画を立てる必要があります。
「ムダ、ムラ、ムリ」がないように考えられた方法です。

*業者による買取

これまでは、自社で行うものをご説明いたしました。
しかし、これらの手法を取り入れても完全に在庫がなくなるとは限らず、余った在庫に手を焼くこともあるでしょう。
そこで、おすすめなのが「業者による買取」です。
これは業者が進めてくれるものなので、手間が省けます。
また、ABC分析やジャスト・イン・タイムとは違い、在庫を確実に処分できます。

このように、どうしても余った在庫の削減方法がわからない、手間がかかって面倒だと考える方には、買取がおすすめだと言えます。

 

□おわりに

このように、在庫品の処理方法は複数あることをご紹介いたしました。
他にも、様々な在庫品の削減方法はあるので、気になる方は是非弊社までご連絡ください。

また、弊社では、買取を行っているため、買取について不明点がある場合はいつでもお問い合わせください。
お待ちしております。

決算前の在庫処分が節税対策になる理由とは?|在庫買取なら白石商事

「決算前に在庫処分をしたら、節税対策になると聞いたが、なぜなのだろうか?」

「在庫処分の方法として、効率的なものはあるのだろうか?」

このようにお考えになったことはありませんか?
確かに、損をしないように節税対策や在庫処分の方法を知るのは重要です。
そこで、今回は、決算前の在庫処分が節税対策になる
理由と在庫処分の方法をご紹介いたします。

 

□なぜ決算前に在庫処理をすると、節税できるの?

在庫処理をして節税できる理由は、「売上原価」と「棚卸資産」が関連しているからです。

「棚卸資産」とは、いわゆる在庫を指しており、決算書上では資産に計上され経費として扱われないのです。
本来、商品は売上に対して原価として扱われるので、経費に含まれます。
しかし、在庫は経費に含まれないことから、これでは損をしていることになるのです。

一方、「売上原価」とは、商品の仕入れや製造にかかった金額のことです。
その売上原価を求める式は、次のように表されます。

「売上原価=前年度の繰越分+今年度の仕入れ分ー棚卸資産」

この式から、棚卸資産を小さくするほど売上金額が大きくなることがわかります。
そして、利益を求める式は、次の通りです。

「利益=売上総額ー売上原価ーその他の経費」

これからは、売上原価が大きくなるほど、利益は小さくなることを指します。
つまり、この2つの式から、利益が大きくなるほど在庫は余っており、結果、収益は伴っていないということができます。
よって、棚卸資産である在庫を処分することで、売上原価は大きくなり、課税対象である利益を抑えることが可能なのです。
そのため、在庫処分は節税対策になるのですね。

□在庫処分の方法

では、在庫処分をする方法として、何があるのでしょうか?
おすすめなのは、業者による買取です。
全国にある買取業者に依頼をして、買い取ってもらい、転売する方法です。
これをすることで、在庫処分の手間が省けます。

一般的に、在庫処理の方法として決算前セールというものがあります。
しかし、セールを行うためには手間がかかるうえ、安価にしたからと言って全てのものが売れる保証はありません。
業者による買取であれば、その場で一括で処分できるのが大きなメリットになります。

□おわりに

以上、決算前の在庫処分が節税対策になる理由と、在庫処分の方法として業者からの買取をご紹介いたしました。
白石商事では、在庫商品の買取を専門としております。
今回の内容により、在庫商品の買取に関して気になる方は、是非お問い合わせください。
お待ちしております。

在庫品を減らす理由とは?在庫削減の時期と買取についてももご紹介

在庫は減らした方がいいという話を耳にしたことはありませんか?
そして、この話を聞いたとき、なぜ減らした方がいいのか疑問に思ったこともあるのではないでしょうか。
そこで今回は、在庫を減らした方がいい理由と、減らす時期、さらに減らす方法をご紹介いたします。

 

□在庫を減らすべき理由とその時期

在庫が多ければ、何がいけないのでしょうか?
その理由は、次の3つが挙げられます。

*品質の低下

在庫を長期にわたって放置していると、品質が落ちていきます。
品質が下がってしまうと、商品価値も低くなってしまい、最終的には廃棄するしかありません。
売上や利益も得られないうえに、後処理も面倒になるので、在庫は少なくするべきなのです。

*保管場所の維持管理の困難さ

在庫が多くなると、保管する場所の管理と維持が困難になってしまいます。
在庫を高品質のまま保存するために、商品によっては保管場所の温度や湿度調整など、安全な保管方法の確保が求められることがあります。
すると、維持費用が自然とかかります。
さらに、在庫を管理するための人件費や物の出し入れをする運送費もかかります。
このように、在庫を減らしていかなければ、保管維持に手間がかかり、必要のない費用もかかってしまいます。

*キャッシュフローの減少

在庫が多ければ、今年度末の資産に加えられます。
しかし、それは逆に、キャッシュフローが減少してしまうことでもあるのです。
キャッシュフローとは、会社状態をお金の流れで確認できることです。
キャッシュフローが悪化してしまうと、自由に使えるお金が少なくなり、黒字倒産をしてしまう可能性を生み出してしまうのです。
よって、在庫の増加は会社経営にも関連すると言えます。

以上より、在庫は減らしたほうがいいことがわかります。
そして、その在庫削減は、特に12月に検討するのがおすすめです。
なぜなら、確定申告をしなければいけないからです。
確定申告では、資産や経費の計上を行います。
従って、無駄な支出を示さないように、12月あたりに在庫削減をするのがおすすめです。

▢在庫削減の方法

では、在庫を減らす方法に、一体何が挙げられるのでしょうか?

それは、買取です。
買取業者に依頼して、実際に買い取ってもらえば、在庫管理などの手間を省くことができます。
一般的に、在庫削減として決算セールが挙げられることがあります。
しかし、開催するための手間がかかってしまうので、その必要のない買取が効率の良い方法だと言えます。
また、買取の支払いもすぐに行うことができます。
買取業者の到着後、1週間以内に支払いをさせていただく仕組みです。

このように、素早さをもって、買取を進めるのが特徴的です。

 

▢おわりに

このように、在庫を減らすことは会社経営において重要であることがわかりました。
また、在庫削減の良い時期やその方法も、知っておいて損はありません。
以上より、ご不明な点があれば、是非弊社までご相談ください。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

在庫の増加と営業利益の関係とは?|在庫買取なら白石商事

「なぜ在庫を増やすことで営業利益が増えるのだろうか?」
「在庫の増加による弊害は何だろうか?」

このような疑問をお持ちになったことはありませ んか?

在庫と営業利益にどのような関係性があるのか知ることは、経営をしていくうえでとても重要です。

そこで、今回は、在庫の増加が営業利益に与える影響について、ご紹介いたします。

□在庫の増加が営業利益を増やす理由

「なぜ在庫を増やすことで営業利益が増えるのだろうか?」
この問いに、お答えさせていただきます。
まず、利益を求めるための式をご紹介いたします。

「利益=売上ー売上原価」

「売上原価=前年度の在庫分+今年度の仕入れ分ー今年度の在庫」

これらの式から、売上原価が小さいほど利益は大きくなることがわかります。
また、売上原価を小さくするには、今年度の在庫を大きくすればいいということになります。
よって、在庫が多いほど、営業利益は増える傾向があるということなのです。

しかし、在庫の多さにより営業利益が大きいというのは、危険でもあります。
なぜなら、営業利益が大きいほど課税額も高くなるからです。
もちろん、在庫が売れるならば実利を生むので問題ありません。
一方、なかなか売れない在庫を多く抱えてしまうと、「利益にならないもののために税金を支払う」という状態になるのです。

□在庫が増えすぎていた場合

在庫の増減を確認していても、急激に増えてしまうケースはあり得ます。
このとき、そのまま放置していては価値が下がってしまい、もう一度販売してもまた売れ残る可能性があります。
また、倉庫の維持や管理に負担がかかり、コストが増えるばかりです。

そこで、おすすめの対策方法として「業者による買取」が挙げられます。
買取業者に依頼して、在庫品を買い取ってもらい、転売することです。
在庫品の処分をする手間が省けることが大きな特徴です。

弊社で買い取った商品は、様々な種類があります。
家電や家具、雑貨や日用品、さらには食品も買い取った事例があります。
ただし、賞味期限が切れた食品や食料工場の原材料といったものは、買取ができません。
買取する時期も考えながら、在庫処分をする必要があります。

□おわりに

以上、在庫の増加と営業利益の関連性についてご説明いたしました。
これを踏まえて、気になる点や不明な点がありましたら、いつでも弊社までお問い合わせください。
また、買取についてご興味がありましたら、ぜひ一度ご相談ください。
お問い合わせをお待ちしております。

在庫回転期間について詳しく知りたい方へ!買取についてもご紹介

「在庫回転期間」という言葉をご存知でしょうか?
これは、商品を仕入れるときに欠かせない重要な語句です。
今回は、「在庫回転期間」という言葉の意味と、どのような行動に移せば良いのかをご紹介いたします。
また、最後に、弊社も行っている在庫品の買取についてもご説明いたします。

□在庫回転期間とは

「在庫回転期間」とは、商品を仕入れてからどれくらいの期間で販売できるのかを表した指標です。

在庫回転期間が短いほど商品を仕入れてからすぐに売れるということなので、在庫に残る商品数が少ないということになります。
在庫回転期間を求める式は、次のように表されます。

「棚卸資産÷(売上原価÷12)=在庫回転月数」

この「在庫回転月数」とは、1ヶ月間にどれだけ在庫回転があったかという意味を表します。
貸借対照表に計上するときは、月数で表すことが多いため、在庫回転月数を使うことがほとんどです。
細かく回転期間を知りたい場合は、12ではなく365で割ると「在庫回転日数」を導き出せます。
これは、1日における在庫商品の動きを確認することができます。

これらを知ることで、「売れ筋商品」と「死に筋商品」を見分けることができます。
「売れ筋商品」とは、よく売れる商品のことです。
逆に、「死に筋商品」とは、売り上げの悪い商品のことです。
これを見分ければ、品揃えを変えて、回転率の向上につなげることが可能です。
また、過剰に在庫品を置いていないかも確認できるため、倉庫の維持管理にも役立てます。

□在庫回転期間を短くするには?

では、もし、在庫品が増えて回転率が遅くなった場合は、どうすればいいのでしょうか?
それは、在庫品の処分が挙げられます。

そして、在庫を処分する方法としては、買取をおすすめ致します。
買取とは、業者が在庫品を買い取って、一般消費者へ転売することです。
は業者がすべて行うため、在庫処分を手間なく終了させることができます。
また、買取なので、現金に換えられることから廃棄よりもお得だと言えます。
そのため、もし、倉庫に商品が残ったままならば、是非買取業者を利用してみることをおすすめいたします。

□おわり

このように、「在庫回転期間」は、商品の売り上げや倉庫管理において重要であることがわかりました。
これを踏まえて、在庫回転期間について気になる点や不明な点があれば、いつでも弊店までお聞きください。

また、在庫商品の買取についてより詳しいことを知りたいときも、ご相談ください。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

不良在庫の確定申告への計上方法とは?|在庫買取なら白石商事

不良在庫の確定申告への計上方法を、皆様はご存知でしょうか?
確定申告は、会社を経営する上でとても重要な作業です。
しかし、書類記入がややこしく、多くの方が確定申告に難しさを感じて

いるのではないのでしょうか。
そこで今回は、不良在庫の確定申告の計上方法を
ご説明いたします。

□不良在庫の確定申告への計上方法

不良在庫を確定申告に計上するには、次のような準備をする必要があります。

まず、不良在庫を確認することです。
確認のポイントは、廃棄する在庫品を見つけることです。
今後売れる見込みのない在庫商品がある場合は、処分することをおすすめします。
なぜなら、在庫処分を行えば課税額が減少するほか、在庫の維持管理費の削減に直結するからです。
不良在庫が増えないように、日々確認し、評価額を計上しておく必要があるのです。

不良在庫が確認できれば、在庫を処分した理由と年度内に処分した証明の準備に移ります。
処分した理由は、社内のルールに沿って提示するのが良いです。
処分した証明には、処分した在庫商品のリスト、処分直前と処分後の写真を用意すると良いでしょう。
そして、処分を業者に依頼したのであれば、その請求書を用意します。
処分の評価損は、税務署からの厳しい確認が入るため、慎重に準備するようにします。

□不良在庫の処分方法

では、不良在庫を処分するのに、どのような方法があるのでしょうか?
セールを開催して安価で売り捌く、廃棄するなどさまざまな選択肢があります。
そのなかでも、「時間をかけずに処分したい」「少しでも現金に換えたい」というときには、業者による買取をおすすめします。
不良在庫は倉庫に置いたままでは価値が下がっていくため、早急に処分するのが望ましいです。
そのため、手間がかからない買取業者に依頼したほうが価値は落ちずに済みます。

□おわりに

以上、不良在庫の確定申告の方法と、業者による在庫買取についてご説明させていただきました。
これらを踏まえて、わからない点や気になる点がありましたら、いつでも弊社までお問い合わせください。

 

 

 

 

白石商事では、25年以上にわたり日本国内の各地から在庫品の買取を行っています。さまざまなジャンルの商品に対応しており、買取査定は完全無料でさせて頂いております。海外にも販路を有しており、再販売の形態は打ち合わせ可能ですので
「ブランドイメージを損ないたくない」というメーカー様もご安心ください。
ご依頼をお待ちしております。

なぜ在庫が増えるのか?その原因と買取についてご紹介! 

「在庫が最近増加してしまうのは、なぜなのか?」
「在庫が増えてしまう原因を知りたい」

このようにお考えになったことはありませんか?
気づけば在庫が増えてしまっているという状況は、多くの方が経験されたことがあるでしょう。

では、在庫が増えてしまう原因は一体何なのでしょうか?
今回は、在庫増加の理由とその対策法についてご紹介いたします。

□在庫が増える原因

在庫が増える原因は、次のようなものが挙げられます。

*予定よりも多めにストックする

商品を販売する際、品切れになることは少なくありません。
そのため、販売し続けられるように多めに商品を買ってしまい、結局余ってしまう事例が挙げられます。
品切れの他に、突然の注文に対応できるように予定よりも多く商品を仕入れる傾向があります。
また、原材料や部品がなくなって生産ができなくなることを避けるために、仕入れることもあります。
このように、商品がなくなったときの対応の手間を省くために、商品をたくさん仕入れてしまい、余らせてしまうことがあります。

*販売計画を立てていない

たくさん仕入れてしまう原因は、販売計画を立てていない、または緻密な計画を立てていないことがあります。

商品を仕入れる際、いくつ在庫があるのか把握する必要があります。
在庫分ももう一度販売して、削減するためです。
しかし、在庫数を確認せず、余分に仕入れてしまうことがあります。また、在庫数を確認していなければ、商品が減ったときにいくつ仕入ればいいのかわからなくなることもあります。
このように、在庫数を確認していくつ仕入れるかという計画がなければ、在庫を増やす原因に繋がってしまうのです。

*社内ルールが徹底されていない

在庫数を確認するには、それを行う担当者を設けることが必要です。
そのため、在庫数を把握していないということは、その担当者を設けておらず、社内ルールが徹底されていないと言えます。

保管場所の管理や維持について担当者を設けていなければ、在庫数増加の原因になってもおかしくはありません。

□おわり

このように、在庫が増えてしまう原因はたくさんあることがわかりました。
もし在庫数が増えてしまった場合は、対処法の一つに業者による買取が挙げられます。
在庫処分をすべて業者が行うので、手間なく在庫数を減らせるのが特徴です。

また、弊社では買取事業を行っているため、買取についてご不明な点があれば、是非弊社までお問い合せください。
詳しい内容まで、ご説明させていただきます。
あなたからのご依頼をお待ちしております。

在庫品を損益計算書に計上するには?|在庫買取なら白石商事

損益計算書は、会社経営をする上で必ず作成する書類です。
在庫があった場合には、どうやって計上するのでしょうか?
今回は、在庫を損益計算書に計上する方法をご紹介いたします。

□損益計算書に在庫を書く方法

在庫を損益計算書に書くには、どうすればいいのでしょうか?

損益計算書への計上は、在庫品が売れ残っているときに行います。
本来、在庫品が売れたら貸借対照表に記入します。
しかし、在庫品が残り続けたら、価格が下がっていきます。
つまり、「資産としての価値」が下がったという意味で、残った在庫品は損益対照表に記入するのです。
この在庫品を年度末に残った場合、損益計算書上では「期末商品棚卸高」と表記します。
逆に、年度初めにある在庫品を「期首商品棚卸高」と表します。
この「期末商品棚卸高」は、「期首商品棚卸高」から仕入れた個数を足して、売れた個数分を引けば求められます。

そして、これを損益計算書の記載項目に沿って、記入していきます。
「期首商品棚卸高」も同様に記入します。
決算書の1枚目に損益計算書があるため、すぐに記入できる仕組みになっています。

その他に、「売上原価」を計上する場合もあります。
これを求めるには、次の式を用います。

「売上原価=期首商品卸高+今年度の仕入高ー期末商品卸高」

これも同じく、損益計算書に沿って記入します。

□在庫商品を処理する方法

ここまで、損益計算書に在庫を計上する方法をご説明いたしました。
しかし、期末在庫が多いと、それだけ数字上の資産が増えて課税額も高くなってしまいます。
では、在庫をなくして資産にするにはどうすればいいのでしょうか?

その方法の一つに、業者による買取があります。
セールを行うなどの他の処分方法に比べると、処理する手間や時間が省けることがメリットです。
決算前に在庫をなくしたい場合でも、早急に対応してもらうことも可能です。

その際、買取査定を行う必要があります。
そのために必要なものもあります。
在庫品が多い場合は、商品リストと保管場所の写真、保管様子の写真、商品の写真が必要です。
これらをそろえて、査定に通れば買取が完了します。

□おわりに

以上、損益計算書に在庫品を計上するポイントをご紹介しました。
白石商事では、在庫品の買取を行っております。
さまざまなジャンルの商品に対応しており、かつ再販売の経路を海外にも有していることが特長です。
在庫品の買取に関して、詳しく知りたい方は是非お問い合わせください。
お待ちしております。