在庫をできるだけ高く売る方法とは?買取に出す際の4つのポイント

多くの在庫を抱えてしまった方の中には、
「買取業者に依頼して、できるだけ高く買い取ってもらいたい」
とお考えの方も多いのではないでしょうか?

セールなどの在庫処分よりも、売れないかもしれないという不確定要素の少ない在庫処分の買取。
より高く買い取ってもらうためには、どういった工夫が必要なのでしょうか?

今回は、在庫を買取に出す際に、できるだけ高く売るための4つのポイントをご紹介します。

□買取に出す際の高く売る4つのポイント

高く売るためのポイントには、どういったものがあるのでしょうか?
どうすれば、高く買い取ってもらえるのか、そのポイントを解説していきます。

*在庫についた汚れは綺麗に掃除しておく

状態が良く、本来は買取価値が高いものであっても、汚れが目立ってしまえば、その分買取価格が下がってしまいます。
ですので、買取を依頼する際は、在庫に付着した汚れを取り除き、できるだけ綺麗な状態で買取を依頼しましょう。

また、普段から在庫の整理整頓を心がけ、傷や汚れがついてしまわないように気をつけること必要です。

*付属品も併せて査定する

買取を依頼する際は、製品の本体はもちろん、それを使用するために必要な付属品を一緒に出すことで、より高く買い取ってもらいやすくなります。
また、付属品だけでは買い取ってもらえない可能性もあるので、付属品はできるだけ本体の製品と一緒に買取を依頼しましょう。

*できる限りまとめて買取に出す

付属品も併せて査定してもらうのと同様に、買い取り製品が多い方が、少ない場合に比べて高く買い取ってもらいやすい傾向があります。
ですので、在庫処分を検討している在庫は、できる限りまとめて買取を依頼しましょう。
そのためにも、処分する在庫と処分しない在庫を整理しておくことが必要です。

*インターネットで相場を調べる

見落とされがちな方法として、インターネットで買取の相場を調べておくという対策方法があります。
もし、悪徳な業者に依頼してしまった場合、相場よりもかなり低い価格で買い取られてしまう場合があります。
ですので、時間に余裕がある場合は、インターネットで事前に買取の相場を調べておきましょう。

□効果的な対策で、買取額5%以上アップ!

上記のような対策をすることで、買取金額が5%以上も上がったという事例があります。

できるだけ、高く買い取ってもらうためにも、できる限りの対策を施していきましょう。

今回は、在庫を買取に出す際に、できるだけ高く売るための4つのポイントをご紹介しました。

 

倉庫に溜まった日用品の在庫処分を効率的に行う方法とは

こまかな日用品や生活雑貨を取り扱う小売業者のみなさんにとって、倉庫にいつまでもある在庫はとっても厄介な存在ですよね。
小売業界は、売れ行きの動向を読むのが難しく、また、消費者のニーズが激しく変化するため不良在庫が生まれてしまうのは仕方のないことです。

そこで重要となってくるのが、それらの在庫をいかに処分するかです。
処分の方法によってお店の収益が大きく変化します。

そこで今回は、日用品や雑貨など細々した商品の在庫処分の方法について抑えておきたいポイントをいくつかご紹介します。

□在庫は大きなコストになる

日用品や雑貨は細々としたものであり、保管するにもそれほど場所を取らないため、売れない不良在庫でもついついため込んでしまっているのではないのでしょうか。
ひとつひとつは小さな日用品類ですが、その在庫も大量になれば管理にかかるコストも大きくなります。


気付いたらとてつもないコストがかかってしまっていたと後から気付くのが不良在庫の怖さです。

細々した日用品とはいえ、こまめに在庫を管理し、適切に処分するようにしましょう。

□捨ててしまうその前に

日用品や雑貨は、テレビや冷蔵庫、洗濯機といった家電などと違い、一般ゴミとして廃棄することができます。
そのため処分を検討する際、廃棄以外の選択肢を全く考えることなく廃棄してしまう方が多くいらっしゃいます。

しかし、それは会社にとって大きな損害です。
廃棄するということは、本来利益を生み出すはずだった商品から1円も得ることができない上、処分にさらなるコストを掛けることになるということです。

会社にとっては損害にしかならないのです。
では、日用品の在庫を上手く現金化する方法はないのでしょうか。

□在庫買い取りを検討しよう

せっかくの売れ残り商品を現金化したい、そんな方におすすめなのが「買い取り」です。
買い取り業者に売れ残った在庫を買い取ってもらい、現金を得ることができます。

買い取り業者は買い取った商品を国内や海外に持つ販売ルートをもとに販売します。
今まで売ることができなかった商品を別ルートで代わりに売ってきてもらうという感覚です。

こういった業者を利用すれば廃棄コストはもちろんかかりません。
さらには現金収入を得ることができるとまさに良いことずくめなのです。

在庫処分と聞くと、真っ先に廃棄を思いつくことでしょう。
しかし、買い取り業者を利用すれば眠っていた在庫たちを宝の山に変えることができるかもしれません。

在庫処分を行う際はまず、買い取り業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

経営を圧迫する厄介な不良在庫 溜めたら一体どうなるのか?

あなたのお店の倉庫には、長年売れずにいつまでも鎮座している在庫はありませんか?
販売個数を予測するのは大変難しく、どうしても売れない在庫は出てしまいますよね。

面倒で厄介な不良在庫ですが、整理、処分がめんどくさくてそのまま置きっ放しにしている、なんて業者さんはいらっしゃいませんか?
実は、不良在庫はお店に多大な損害を与える厄介者なのです。

そこで今回は、不良在庫を溜めたらどうなるのかを簡単に解説致します。

□不良在庫は「金食い虫」

不良在庫を倉庫にため込んでしまうと、会社にとってどんな悪影響が出てしまうのでしょうか?

不良在庫をため込むことによる最大の問題はやはり「コスト」の問題です。
一体どんなコストがかかってしまうのか具体的にご紹介します

*管理コスト

当然のことながら、在庫を無料で管理することはできません。
倉庫でそれなりに場所をとりますし、管理に必要な人件費も日々の積み重ねでいつのまにか膨大な金額になってしまいます。
また、温度管理のための光熱費なども必要です。

管理コストはしっかりとした在庫管理で減らせる経費です。
無駄な在庫が倉庫に眠っていないか、もう一度確認してみましょう。

*「売れる商品」を置けない

無駄な商品を置いているそのスペース、もし空いていれば新たな商品を置けますよね。
無駄なスペースがなければその分、今売れ筋の商品が置けるのです。

流行に左右されやすい小売業界では、少し波に乗り遅れただけで多額の機会損失が発生してしまいます。
いつでも売れ筋の商品が置けるように倉庫のスペースは無駄なく活用しましょう。

*支払い利息も痛い出費に

もし仮に、借りたお金を元手に、今ある滞留在庫を買っていたと仮定すると、この瞬間も借りた利息を返し続けていることを意味します。

売り上げていて、利息分を回収できていれば問題ありませんが、不良在庫となっているということは売り上げゼロという意味です。利息の負担という観点からも不良在庫は会社の貴重な資金をむしばんでいく「金食い虫」なのです。

在庫による損失などたかがしれていると甘く見てはいけません。
積もり積もった損失がいつの間にか会社の経営にとって大ダメージとなっている可能性があります。

不良在庫は会社にとって「百害あって一利なし」です。
もう売れないと判断したならば、すぐに処分に移りましょう。

買い取りなどのサービスで利益を生み出しながら在庫処分がをする方法があります。
まずは在庫処分の専門業者に相談をしてみましょう。

個人事業主にとって在庫処分を行う最適な時期とは

小売り事業主の方にとって死活問題である「不良在庫」の問題。

処分しなきゃいけないと分かっているけど中々処分に踏み切れない。
そうやっていつまでも在庫を処分せずに在庫をため込んでいては厄介なことになってしまうかもしれません。

そこで今回は、個人事業主さん向けに、在庫処分をすべき時期を解説していきます。

□不良在庫は会社にとって大きな損失

多くの事業主さんは既にご存じでしょうが、倉庫に溜まった不良在庫は会社にとってとても大きな損失となります。
利益を生み出さないのはもちろんですが、商品を維持、管理するための諸経費は気付いた時にはとても大きな金額になっています。

家具、家電といった大型商品はもちろん、小物や日用雑貨など比較的小さな商品も会社にとっては注視すべきコストとなります。
もう売れないと感じる在庫に関してはできるだけ早く処分しましょう。

□処分は必ず「年内」に

不良在庫の処分は必ず「年内」に完了させるようにしましょう。
というのも、在庫の行方というのは税務調査の際、特に着目されるポイントなのです。

本当に年内に処分したのか、また、なぜこの在庫を処分したのかが特に強く問われます。
処分の手続きを年内にしたが、実際は年内に処分が完了していなかった、なんてことにならないよう処分は早め早めに済ませておくことが重要です。

□銀行も不良在庫をチェックしている

もし銀行から融資を受けている場合、溜まった不良在庫が原因で銀行の評価が下がってしまうリスクも検討しておかなければなりません。
不良在庫が多く眠っている会社が「上手く経営リスクを管理している」と評価されることはまずないでしょう。

むしろ大きなマイナスポイントです。

融資を受ける際、銀行から必ず毎年の決算書を求められるはずです。

そこで大量の不良在庫が発覚するととても厄介です。
確定申告が完了するまでに不良在庫をすっきりさせておけば、銀行からの評定が下がってしまう心配はありません。

ここまで3つの観点から、在庫処分を行うべきタイミングについて解説してきました。
年内や確定申告前など様々ご紹介しましたが、共通して言えることは「できるだけ早くするのが吉」ということです。

不良在庫は会社にとっては経営リスクです。もちろんリスクはできるだけ排除する必要があります。

 

処分は確かに面倒で億劫に感じるかもしれませんが、一刻も早く無駄な在庫を処分し、会社の経営をより健全なものとできるよう心がけましょう。

店舗に眠るエアコンの在庫処分 気をつけるべき注意点とは

「大きな電化製品が大量の不良在庫となって倉庫に眠っている…。」
そんなお悩みを抱えた家電量販店の担当者の方はいらっしゃいませんでしょうか。

中でもエアコンは家庭用ですら大きくて処分が難しい上に、更に巨大な業務用ともなれば処分の方法を考えるのも一苦労です。
また、家電のリサイクル最大の問題は普通のゴミと一緒に処分してはならないため、さらに面倒くさいのが実状です。

そこで今回は、エアコンを処分する方法と注意点をご紹介します。

□家電リサイクル法に則って処分しよう

家電を処分する際は、家電の有効活用や不法投棄の撲滅を目的とした「家電リサイクル法」に沿って処分する必要があり、エアコンもその対象の1つです。
もし廃棄するのであれば、専門の資格を持った専門業者に処分を依頼する必要があります。

専門の業者に依頼する際は、家電リサイクル券を購入した上で、専門業者まで運搬する必要があります。
そのため、リサイクル費用だけでなく、運搬費用もかかることがしばしばあります。

□買い取り業者への依頼も検討してみよう

家電の処分と聞くと、廃棄かリサイクルくらいしか方法が思いつかないという方も多いのではないでしょうか。
しかし、エアコンを初めとする家電の不良在庫を処分する方法は必ずしもその2つだけではありません。

有効な処分方法の1つとして、専門業者による買い取りがあります。
買い取りサービスを利用すれば、販売できなかった在庫から現金収入を得ることができます。

「今まで売れなかった商品がそんなに上手いこと売れるの?」
と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれませんがご安心ください。

買い取り業者は国内各地や海外に独自の販売経路を持っているため、今まで販売で
きなかった幅広い地域での販売が可能なため、売り切れる確率が格段に上がるのです。
また、販売業者を利用すれば、廃棄にかかる家電リサイクル料が必要なくなります。

さらに近年、出張買い取りを行う業者も増えているため、リサイクル業者までの運搬料が必要ないケースもあります。
これらのサービスを利用することで、現金収入とコストカットという2つの「お得」を手に入れることができます。

このように、業務用を初めとするエアコンの処理には様々な決まりや利用できるサービスがあります。
安易に廃棄という選択肢を選んでしまっては大きな損をしてしまうかもしれません。
エアコンの在庫を処分する際はぜひ買い取り業者による買い取りもご検討ください。

在庫処分を簡単に済ませたい!そんな方にはLINE査定がおすすめ

あなたの店舗の倉庫には、いつまでも売れずに残っている在庫はありませんか?
売り上げには直結しないが、じわじわと管理コストだけはかかってしまう厄介者として、経営者の悩みの種となってしまっているのではないでしょうか。

そんなとき手っ取り早く在庫を処分したいが、面倒くさそうで、どうしても処分に踏み切れない。
そんな方向けに今回は、簡単、便利な「LINE査定」をご紹介します。

□買い取り業者に買い取ってもらう

今回紹介する在庫処分は、余った在庫達を単に廃棄するという方法ではありません。
専門の買い取り業者にそれらの在庫を買い取ってもらう方法です。

倉庫に眠った在庫を業者に査定してもらい売却、買い取り業者はそれぞれの業者がもつ独自のルートでそれらの在庫を再販売するという仕組みです。
単に廃棄するだけでは得られない収入を得られるだけでなく、廃棄コストもかからない、まさに理想の在庫処分法といえます。

しかし、倉庫に眠る大量の在庫をいちいち買い取り業者に持って行って買い取ってもらうのは億劫だと感じませんか?

そんなときに役立つのが冒頭で少しご紹介した
「LINE査定」です。

 

 

□LINEで簡単査定&買い取り

在庫を査定、買い取ってもらう際、全ての商品を買い取り業者まで持って行くのはとても大変ですよね。

日用品や雑貨など比較的小さい商品ならまだ可能かもしれませんが、冷蔵庫やテレビ、洗濯機などの大型商品だと輸送コストも莫大になります。

そんなときに役立つのが「LINE査定」です。
文字通り、LINE上のやりとりだけで査定が完了します。
方法は至って簡単です。

「LINEで買い取って欲しい商品の写真を送り、査定結果を待つ」

たったそれだけです。
また、買い取ってもらう際は、自社の倉庫まで出張買い取りに来てくれるため、倉庫から在庫を移動させる必要がありません。
この方法を使えば輸送の手間もかからない上、輸送コストで貴重な収入を失う心配も全くありません。

ご覧頂いた通り、最近ではLINEで簡単に取引を完了させることのできる便利なサービスを提供する会社が増えています。
写真での査定なので、業者によって査定額に差異が出る可能性も十分にあります。

多くの会社に査定を依頼し、最も高値で買い取ってくれる業者を選んで少しでも多くの収入を得られるよう工夫しましょう。
今まで厄介者でしかなかった倉庫に眠る大量の不良在庫が、会社の売り上げに貢献する優等生になってくれるかもしれません。

 

大量に残った不良在庫をどうにかしたい そんなとき最善な方法とは

商品販売を専門とする業者のみなさん、あなたのお店は「不良在庫」についてのお悩みを抱えてはいませんか?
売れると見込んで大量に入荷したはいいものの、天候不順やブームの終わりなど予期せぬ原因で在庫が大量に余ってしまうのは仕方がありません。

しかし、不良在庫に悩まされるかどうかは入念な準備としっかりとした知識で決まる「予期できる」事態です。
そこで今回は、不良在庫をどうにかしたい方に向けて、最適な在庫処分の方法をお教えします。

□まずは本当に「不良」在庫か見極めよう

売れ残っている在庫が全て「不良」在庫とは限りません。
工夫次第ではまだまだ売れる可能性が十分にある商品もあります。

例えば洋服の在庫が、季節の終わり際に大量に残っている場合、セールを組めば爆発的に売れる可能性は十分にあります。

また、クリスマス商戦で売れ残ったおもちゃもそうです。

流行りに左右されないおもちゃであれば、管理コストと来年の売り上げを予測し、売上高のほうが大きそうであればそのまま保管しておくのが良いでしょう。

このようにして、まずは在庫が本当に不良在庫かを分析しましょう。

□廃棄よりも買い取りがお得

売れなくなった在庫を「ゴミ」と見るか「資源」と見るかで在庫処分は大きく変わります。
在庫をゴミだと判断すれば、真っ先に廃棄処分を選択してしまうでしょう。

しかし、もしかするとその在庫はまだ「宝の山」かもしれません。
というのも、大量に残った在庫を買い取って、再販売してくれる会社があるのです。

在庫の買い取り業者はまず、倉庫に眠った大量の在庫を査定して買い取ります。
その後、買い取り業者が持つ独自の販路で余った在庫を売ってくれるのです。
売りきれなかった商品も、販路が変わればまだまだ売れるかもしれません。

買い取り業者は国内、海外問わず多くの販路を持っています。
その上、長年培ってきたノウハウがあるため「売り切る」力は抜群です。

買い取り業者は、廃棄すればかかってしまっていた廃棄コストを帳消しにしてくれます。
また、今までは厄介者でしかなかった大量の在庫達を売りさばいてくれる救世主となってくれるでしょう。

不良在庫は無駄な管理コストで会社の経営を圧迫します。
かといって、安易に廃棄処分を選んでしまっては廃棄コストだけがかかってしまい大きな損失となってしまいます。

大量の在庫にお悩みの際はぜひ、買い取り業者をご利用の上、ゴミを宝に変えてみてはいかがでしょうか。

 

在庫処分を効率的に行うためのベストな方法は?

「大量の在庫が売れ残りとして残っている」
「管理するにもお金がかかるため早く処分してしまいたい」
とお悩みの方はいらっしゃいませんか?

在庫の処理は手間もコストもかかるためできるだけ効率的に進めていきたいですよね。
そこで今回は、家やオフィス、倉庫に眠る在庫を効率的に処分する方法を3つご紹介します。

□一斉に廃棄してしまう

最も簡単かつ単純な方法は全て捨ててしまうことでしょう。
何も考えることなくただひたすらに捨て続けるだけです。
しかし、売却による利益は1円も生み出せない上、大型ごみであれば処分に追

加でお金がかかるため大赤字です。

また、取り扱っていた商品が多岐に渡っていた場合は、商品の種類ごとに異なる業者に依頼する必要が出てくるため、出費は更に膨らんでしまうかもしれません。
楽であることに違いはないのですが、せっかく価値のある商品ですので他の方法を検討してみましょう。

□売る媒体を変えてみる

個人事業として通販サイトを立ち上げて販売していた方、店舗を構えて売っていた方は、売る媒体を変えてみるのも1つの手段といえます。

今までは通販サイトで売っていた商品をオークションサイトで売ってみる、実店舗で販売していた者をネットに移行してみるなど、新たな媒体で販売すれば今までよりも高額、かつ大量に売れる可能性があります。

ただし、確実な成功は保障できないので、在庫を抱えてはいるが、まだ資金的には余裕がある方に向けての方法といえるでしょう。

□買い取り業者に売却する

最も効率的かつ無難な方法としては、買い取り業者に買い取ってもらうのが一番でしょう。
販売益に比べれば少額とはいえ、確実に現金が手に入る上、確実に処分が行えます。

上記でご紹介した
□一斉に廃棄してしまう
□売る媒体を変えてみる
の2つの方法のいいとこ取りといえます。

どうせごみにしかならないから買い取ってなんてもらえないと諦めてはいけません。
少しでも買い取ってもらうことができれば現金獲得だけでなく、処分コスト低下にも繋がります。

「どうせ無理だし面倒だ」と諦めず、まずは買い取り業者に見積もりを依頼してみてはいかがでしょうか。

ご覧頂いた通り、在庫処分には大きく分けて3つの方法があります。
販売するプラットフォームを変えてみるという方法は、成功すれば最も利益を得られる方法ですが、失敗するリスクがある上、在庫管理に更なるお金が必要です。

また、全てまとめてごみとして出してしまうのは大変もったいないです。
手間がかからない上、確実な収入が得られる「買い取りで処分」を検討してみてはいかがでしょうか。

 

在庫処分で利益をあげるには「買い取り」がおすすめ

「中々売れない在庫が倉庫に大量に眠っている…。」
そんなお悩みを抱えた事業主の方はいらっしゃいませんか?

どう頑張っても全然売れない商品たちは利益をあげないのに管理コストだけかかり続けて大変ですよね…。
そんなとき、真っ先に思い浮かぶのは「廃棄」という選択肢でしょう。
しかし、廃棄処分よりももっと有効な方法があるのです。

そこで今回は、在庫処分の有効な方法である「買い取り」からもたらされるさまざまな利益をご紹介します。

□廃棄はコストだけがかかる

廃棄処分にすれば商品から得られる売り上げがゼロになるのはもちろん、業者に廃棄を依頼するために多額のコストが必要となります。
もともとお店に利益をもたらしてくれるはずだった商品たちにお金を払うのはなんだかもったいないとは思いませんか?

売れない商品たちはまだまだ利益を生み出せる「宝の山」かもしれません。
安易に排気という手段を選ぶ前に、他の選択肢を探ってみましょう。

□廃棄を考える前に「買い取り」を検討しよう

実は、売れない商品達からお金を生み出せる方法があるのです。それが「買い取り」です。買い取り業者は売れなくなった在庫を一括で買い取り、別ルートで販売する業者です。

今までお店では確保できなかった販売ルートを持っていることが多く、これまで売

れなかった商品たちも爆発的に売れる可能性があります。

また、日本国内のみならず、海外にも販路を持つ買い取り業者も存在するため、今まで目を向けてなかった海外でも在庫をしっかり売り切ってくれます。

□査定も簡単、廃棄コスト大幅カット

大きな商品を取り扱う業者さんにとっては査定から引き取りまでの過程が面倒だとお思いの方も多いのではないでしょうか。

買い取り業者まで持っていき、査定を受けるまでにかかるコストと手間が多く、
「せっかく買い取ってもらっても手元にお金が残らない」
なんてことになってしまっては本末転倒です。

しかしご安心ください。
買い取り業者では、店舗や倉庫に赴いて査定をしてくれる「出張買い取りサービス」を行っている会社が多くあります。

また、最近ではラインを通じたスピード買い取りを行っている業者もあり、手続きはますます簡単になっています。

ご覧頂いた通り、買い取り業者は在庫を無駄にしない上、廃棄コストもカットできる在庫処分にうってつけの方法です。
大量の在庫でお困りの方はぜひ、買い取り業者といる選択を検討してみてはいかがでしょうか。

大量に余った冷蔵庫の在庫処分を効率的にする方法とは

電化製品を取り扱う業者さんの中には、大きな家電が不良在庫として残り、処分に困っている方も多いのではないでしょうか。
中でも冷蔵庫は大きさ、重量ともに大きいため処分が大変です。

「邪魔だからできるだけ早く捨ててしまいたい!」
とお思いかもしれませんが、冷蔵庫は通常のゴミと同じように
処分してはいけないことをご存じでしょうか?

そこで今回は冷蔵庫の在庫処分方法や注意点などを
ご紹介します。

□冷蔵庫の処分方法は決まっている

冷蔵庫は「家電リサイクル法」という法律で、その処分方法が細かく決められています。
したがって、通常の一般ゴミと同じ捨て方をしてしまうと法律違反となっています。

不要となった冷蔵庫を処分する際は、「リサイクル料金」と「収集運搬料金」を支払ってリサイクル業者に引き取ってもらうのが一般的です。
専門業者が法律に則って適切に処分してくれます。

□違法な業者には注意を

冷蔵庫などの特殊な廃棄物は「一般廃棄物処理業」という許可をもった業者のみが処分を許されています。

しかし、近年、適切な処理を行わず不法投棄する悪徳業者による問題が多発しています。
このような業者に依頼しないよう、各市町村が出す情報を加味しながら適切なリサイクル業者を選ぶようにしましょう。

□買い取り業者に依頼するのも有効な手段

冷蔵庫の処分と聞くとまっさきに思い浮かべるのは廃棄処分でしょう。

そのため冷蔵庫の処分を検討する際「どう廃棄するか」しか検討しないのが実情です。
しかし、冷蔵庫を処分する方法は必ずしも廃棄だけではありません。

有効な手段のひとつとして「買い取り」があげられます。
買い取り業者は、不良在庫となってしまった冷蔵庫などの家電製品を買い取り、買い取り業者独自の販路で在庫を売りさばいてくれます。

今まで自店舗では確保できなかった販路で販売できるため売り切ってしまう可能性が高くなります。
また、業者によっては海外に販路を持つ会社もあり、売れる確率はさらにアップします。

買い取り業者を使って処分すれば、現金収入が手に入るだけでなく、廃棄コストもかからないためまさに「一石二鳥」な処分方法なのです。

ご覧頂いた通り、冷蔵庫は正規の処分方法でしか処分できません。そのため処分にはコストがかかります。

しかし、廃棄処分だけを考慮するのではなく「買い取り業者による買い取り」を検討すればコスト削減と現金収入が見込めるかもしれません。
冷蔵庫を処分する際は是非、買い取り業者も検討してみてはいかがでしょうか。