在庫処分の際にブランドイメージを守りたいけれどどうすればいい?

在庫の商品を処分したいけれど、商品のブランドイメージを落とすことにつながらないかとお悩みの方はいらっしゃいませんか?
確かに在庫に残った商品を売りに出すと、その商品が売れ残りのように思われてその商品のブランドイメージを下げると思われるのも当然かもしれません。

では、どのようにすれば在庫商品のブランドイメージを保ったまま処分することができるのでしょうか。今回は在庫品を処分する際にブランドイメージを保ったまま処分する方法についてお伝えします。

・ブランドイメージを守りたい方向けの在庫品の処分方法

1.インターネットの活用

一つの手段として、CtoCのECサイトの利用を通じて、非公式に商品の販売を行うという手段が挙げられます。

これは在庫数がそれほど多くない場合に有効です。そもそも市場流通量がそれほど多くない商品の場合、個人間のやり取りに埋もれてブランドイメージを保ったまま在庫を処分することができます。

2.廃棄する

市場に流通させずに廃棄させてしまえば、売れ残りという印象も与えることなく在庫品を処分することができます。不用品回収業者などの守秘義務のある業者に依頼するのも一つの手かもしれません。

ただしこの場合、不用品として回収された後にリユースされる可能性がありますので一概に安全とは言えません。

3.在庫品買取業者の一部に頼む

不要な在庫を買い取ってくれる在庫品買取業者ですが、その中にはブランドイメージを保ったまま在庫品を処分することをお手伝いしている業者もあります。

例えば、買い取った在庫品の販売を海外で行うようにすることで、国内での再流通を避けるというものです。海外に販売拠点がある業者ならばそのようなブランドイメージへの対応も可能なので、調べてみてはいかがでしょうか。

以上、在庫品のブランドイメージを保ったまま処分する方法についてお伝えしました。大量の商品を経済的に処分するためにも在庫品買取業者の中でも海外販売を行っている等の対応をとることのできる業者に頼むことをお勧めします。

白石商事では、お客様の大切な在庫品のブランドイメージを守るために商品の海外販売も対応しております。

また、ご相談いただけましたら、弊社が買い取った商品をインターネット販売する際にも、弊社のスタジオで取った写真を使用し、メーカー名や型番などを伏せて販売することも可能です。

在庫品処分の際に商品のブランドイメージにお困りの方は一度お気軽にご相談ください。

これ以上処分したくない!背取りで滞留在庫を出さないためには

背取りをして副業に少しお金を稼ぎたいという方はいませんか?実は背取りにとって重要なのは滞留在庫を出さないことなんです。ではその滞留在庫とは何でしょうか。

今回は、背取りにとって重要な滞留在庫とその滞留在庫を出さないようにするテクニックについてお伝えします。これを読んで利益率の高い背取りを成功させて、普段の生活を少しでもリッチにされてみてはいかがでしょうか。

・滞留在庫とは

滞留在庫とは、簡単に言うと、売れ残ってなかなか片付かない在庫のことです。滞留在庫があると、倉庫などの収納スペースを無駄に使ってしまいます。

これにより、新しい商品が仕入れられず目に見えない機会損失が発生したり、必要以上に管理費が発生したりすることになります。

 

また、新しいほど価値の高い商品は、放っておくだけでその価値が下がることもあるので、なおさら注意が必要です。

・滞留在庫の原因と対処法

背取りの場合の滞留在庫の原因は大きく分けて二つあります。

1.売れない商品を仕入れている

まず考えられるのが、商品に価値がないため買ってもらえず、その結果買った商品が倉庫にたまっていくだけという状態です。自分が仕入れる商品は市場価値のあるものかということをしっかりと調べたうえで商品を仕入れることをお勧めします。

なお、市場価値があるかどうかは、自分がその商品を売ろうとしているインターネット上のプラットフォームなどで仕入れを検討している商品の名前を検索してみるのが手っ取り早いかと思われます。

また、自分が詳しいジャンルの物に特化して仕入れるのも一つの手です。ほかの人よりも知識のある分野で、その知識を活かして掘り出し物を見つけてみてはいかがでしょうか。

2.商品につける値段が高すぎる

価値のある商品を仕入れているのに買い手がつかない場合はその商品に対する値段が高すぎるということがあります。しっかりと市場価値を調べたうえで少し安めに出すのが早く売るコツです。なるべく高く売りたいのはわかりますが、長期にわたって滞留在庫になればその期間で別のものを仕入れて売った方が利益が高かったということにもなりかねません。回転率も意識されてみてはいかがしょうか。

今期は背取りにおける滞留在庫とその原因、対策についてお伝えしました。仕入れの段階からしっかりと調査をすることで売れ残りを防ぎ、綺麗で整頓された倉庫を保つことにもつながります。

なお、長期滞留在庫は思い切って在庫品買取業者に依頼して買い取ってもらうことをお勧めします。滞留在庫を売り払った代金を、新たな商品の購入資金にしてみてはいかがでしょうか。

滞留在庫をこれ以上溜めない!対策の考え方をお伝えします。

滞留在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか?売れ残りや返品が積み重なってできる滞留在庫は決算時の税にも影響があり、スペースもかなり消費する厄介な存在ですよね。

できれば溜めないように普段から対策を立てて実行しておきたいものです。では滞留在庫を溜めないための対策にはどういったものがあるでしょうか。

今回は、滞留在庫を予防するためにとっておきたい対策についてお伝えします。

・滞留在庫を溜めない対策

1.PDCAを回す

失敗から成功は生まれるとはよく言ったものです。滞留在庫が発生したときには、その条件や原因をしっかりと把握し、それに対して対策を立て、またその経過を観察して次の計画を立てるということが重要です。

Plan→Do→Check→Action→Plan…といったような順番でご自身の行った施策や対策がどういった効果を持ったのかということをしっかりと次の対策に反映してグレードアップしていくことでより有効な対策を打つことにつながり、滞留在庫の減少につながります。

2.原因をしっかりと把握する

今滞留在庫が発生している原因は何でしょうか。お客様からの返品が多いのかもしれませんし、売れない商品を次々と作り出しているからかもしれません。

ある程度溜まっている滞留在庫を種類別に分類してどんなものが滞留在庫になっているのかを定量的に把握できれば、そこから原因に近づくことができるかもしれません。

なんとなく返品が多そうだなぁというような実感を数的な根拠に基づかせることで、より実効性の高い対策を打つことができます。

3.倉庫を頻繁に掃除する

具体的にとることのできる施策として倉庫の掃除が挙げられます。というのも、滞留在庫は奥のほうにたまりこんでいることが多く視覚的に認識できていないためその問題自体を見落としている可能性があるからです。

倉庫の掃除をすることで、滞留在庫がどれくらいあってどれほどのスペースを無駄にしているかということが把握できるため、問題意識をもって解決に当たることができるのではないでしょうか。

以上、滞留在庫の対策についてお伝えしました。滞留在庫と一口にいっても問題の原因は様々です。今回は問題解決の際の指針としての対策法をお伝えしましたので、具体的な解決法を考える際の参考にしていただければ幸いです。

また、今ある滞留在庫は在庫買取業者に依頼することをお勧めします。白石商事ではお客様の滞留在庫をプロのスタッフが誠心誠意買取させていただきます。

滞留在庫にお悩みの方は、ぜひ一度ご相談ください。

返品在庫が増えるのはなぜ?原因は情報にありました!

返品在庫に倉庫のスペースを食われてしまって困っているという方はいらっしゃいませんか?返品在庫はもう一度売るのも困難ですしどうにか処分したいものですよね。

ではそもそも返品在庫はなぜ増えてしまうのでしょうか。
今回は返品在庫の増える原因についてご紹介します。

・返品在庫の増える原因とは

そもそも返品というのはどういった流れで起きるのでしょうか。消費者が商品を買ってから返品するまでの流れをフローに沿って理解してみましょう。

商品の情報を知る→商品に魅力を感じる→商品を購入する→商品が届く→商品を確認する→商品に何らかの問題がある→返品

上記の流れで返品は行われるはずです。ここで直接的に原因があるのは商品を確認した後になんらかの問題が生じているからです。その問題はどこから発生しているのでしょうか。

一度商品を買っているのに返品するということは、自分が購入する前にイメージしたものと何らかの齟齬が発生しているということが挙げられます。この場合でいうと、イメージと商品の情報もしくはイメージと商品の魅力に何らかのずれがあったため返品されたという風に考えることができます。

・商品の情報とのずれ

商品の情報とのずれの場合、早急にその情報を確認する必要があります。何か誤表記があったのかもしれませんし、手続きなどの手違いで消費者に間違った情報が届いているかもしれないためです。

商品のサイズや材質、色などは現実に沿った正しいものを消費者に伝わりやすく表記することが重要です。

・商品の魅力とのずれ

これは「何か思っていたのと違った」といった理由で発生するずれです。仮に正しく商品の情報を表記していたとしてもその情報から得たイメージと実物が異なれば返品のリスクにつながります。

具体例として、パンツのサイズ表記は正しいが、縮みやすい素材で着心地はフィット性が強いという商品があったとします。

こういった商品にサイズのみを表記して販売すると、ずれが発生する可能性があるわけです。

消費者の使用をしっかりとイメージして正しい情報に加えて正しいイメージを持ってもらえるようにわかりやすい説明を心がけるとよいのではないでしょうか。

今回は返品在庫の原因についてお伝えしました。商品がせっかく売れているのに戻ってきてしまうのはもったいないですよね。鍵を握るのは消費者に伝わる情報かもしれません。あなたの商品の情報説明は大丈夫でしょうか、一度見直してみてもよいかもしれません。

 

滞留在庫を削減したい!得する処分の方法をお伝えします!

滞留在庫という言葉をご存知でしょうか。商品を販売する形でビジネスを行われている方の中にはこの滞留在庫に悩まされている方も多いでしょう。

滞留在庫はいつのまにか増えていて、いつか片付けなければならないとは思っていても中々削減することができない厄介なものです。

ではどうすれば滞留在庫を削減することができるのでしょうか。
今回は滞留在庫の削減の方法についてお伝えします。

・滞留在庫とは

滞留在庫とは、仕入れはしたけれど結局売れ残ってしまってお店や会社の倉庫

にずっと残っている在庫のことです。「いつか売れそうだから」「いつか必要になるかもしれないから」といった理由で放置してしまいがちですが、滞留在庫が占領している倉庫のスペースは、滞留在庫が底にある限り有効活用することができません。滞留在庫は発生したら早めに処分して、再発防止のためにどうすればよいか考えるのが正しい対処法です。

・滞留在庫はどうやって発生する?

滞留在庫の発生は、仕入れた数に対して売れた数が少ないことが原因です。つまり、仕入れる量が過剰、もしくは売れる数が過少のいずれかのパターンに当てはまるはずです。そのほかにも製造業なら、生産ペースやその部品の多少によっても滞留在庫は発生します。

・滞留在庫削減方法

1.廃棄する

滞留在庫は持っておくだけ得とお考えの方もいらっしゃるかもしれませんが、有効に活用できていない商品を抱え込むのはそれだけで損になっていることが多いです。そのため、お金を払ってでも処分したいという方も多くいらっしゃいます。

2.滞留在庫を売る

お勧めしたいのが滞留在庫を買い取ってもらうことです。在庫処分となると、残っている在庫の数によっては処分するだけでかなりの額や労力を費やすことになることも少なくありません。

そういった際に滞留在庫を売ることで経費をかけずに、
むしろ収入を得る形で滞留在庫を処分できるのです。

在庫の形や量によって引き取ってもらえるか心配という方もいらっしゃると思いますが、白石商事なら様々な在庫のスタイルに合わせて買取をいたします。詳しくはホームページご覧ください。

滞留在庫の削減方法についてご紹介しました。一度発生した滞留在庫はしっかりと腹をくくって処分することが重要です。さらに、再発防止策をしっかり検討して滞留在庫の発生を予防できると、効率的なビジネスにより近づくことができるのではないでしょうか。

白石商事ではお客様の滞留在庫を誠心誠意買取いたしております。本州全域の広い地域をカバーしておりますのでまずはお気軽にご相談ください。

小売店で倒産を控える方に読んでいただきたい、最後に得する在庫処分の方法とは

小売店で店じまいを考えていて、残った在庫をどう処分すればよいかお悩みの方はいらっしゃませんか?

いざお店をたたむとなると、取引先への連絡や
法的な手続きなどやらなければいけないことが多く、
手間もかかるものですよね。

その中でも店先や倉庫に残った在庫をどう処分するかは大きな悩みの一つではないかと思います。

ではどうすれば残った在庫を処分することができるのでしょうか。今回は小売店の店じまいの際に残った在庫を処分する方法と、その流れについてお伝えします。

・在庫処分の方法

1.廃棄する

まず第一に思いつくのは廃棄ではないでしょうか。特に商品価値も見込めないようなものについては捨てるのもしょうがないと思えるかもしれません。

しかし、やはりまだ商品として売れそうなものまで捨ててしまうのはもったいないような気がしますよね。

また、捨てる際にも自治体の規則に従わなければなかったり、回収の日がばらばらでなかなか予定が合わなかったりと何かと面倒に感じる方も多いのではないでしょうか。

2.知り合いに引き取ってもらう

少しの量なら知り合いに引き取ってもらうことも1つの選択肢になるでしょう。捨てるはずのものを少しでも知り合いに有効活用してもらえれば、少しは報われたような気持ちになるのではないでしょうか。しかし大量の在庫を処分しなければならない場合、引き取りには限界があります。

3.在庫品買取業者に依頼する

廃棄より前に考えていただきたいのが、在庫品買取業者に依頼するということです。

在庫品買取業者とは、店じまいされたお客様の在庫や倉庫の中で売れずに残っている滞留在庫を買取する専門業者です。

経験と実績に裏打ちされた実力で在庫を適切な価格で迅速に買取いたします。また、廃棄と違って曜日を問わずいつでも買取に伺い、捨てる労力を伴わないのも特徴です。

・在庫品買取の際の流れ

弊社の買取の際の流れを一例としてご説明いたします。
【お客様】商品の写真をお送りください
【弊社】写真から、概算での査定金額をご提示します
【お客様】概算金額にご納得いただけたら、サンプルをお送りください
【弊社】サンプル到着後、現物を見て買取価格を確定します
【お客様】商品を出荷していただきます
【弊社】到着した全商品を検品します
【弊社】検品確認後、買取り金額を銀行振り込みします
一例としてどのような流れで買取が進んでいくかご想像いただけたかと思います。

白石商事ではお客様の在庫品を買取いたしております。LINEでの査定などできるだけお客様のお手間を省ける選択肢をご用意させていただいておりますのでお気軽にご相談ください。

在庫処分を業者に頼みたい!選び方の4つのポイントをお伝えします。

決算前や倉庫の整理のタイミングなど、在庫処分をお考えの方はいらっしゃいませんか?在庫処分をするとは言っても、ご自身の手で全てを処分することはなかなか難しいものですよね。

そんな時にご利用いただきたいのが業者です。大量の在庫を運んだり引き取ったりするノウハウをもつ業者が効率的に在庫処分を手伝ってくれます。ではそのような業者はどうやって選べばよいのでしょうか。

今回は在庫処分の際の業者の選び方についてお伝えします。

・在庫処分の回収業者の選び方

1.買取で選ぶ

回収業者によっては在庫品回収になるところと買取のところがあります。在庫品にもよりますが、どうせなら買取でお金になるところのほうがよいですよね。

見積もりの際にどれくらいの商品をどんな値段で買ってくれるのかということまで聞いておくと具体的な金銭のイメージがしやすいのではないでしょうか。

2.地域で選ぶ

買取してほしい業者があったとしても、その業者が自分の在庫のある地域に対応していなければ依頼することはできません。また、対応してくれる業者でも遠距離移動には追加で料金が発生することもありえます。

トータルで見たときに買取価格と必要経費のバランスで最も自分たちが得をすることのできる業者に頼むとよいのではないでしょうか。

3.処分方法で選ぶ

処分するものによっては、その商品のブランドイメージを下げないために日本国内で再流通させたくないなど、処分方法を気にされる方もいらっしゃると思います。

そういった場合は、買取が行われた後にどういった処分方法をとるのかというところまで聞いてみるとよいのではないかと思います。

業者によっては海外での再販といったようにブランドイメージを崩さずに処分することのできるところがあります。

4.処分するもので選ぶ

注意していただきたいのが業者によっては買取できないものがあるという点です。

事前見積もりの際に買取依頼する在庫がどういうものか伝えて確認したり、HPなどで買取可能品目を見ておいて確実に在庫を買い取ってもらえる状態で取引を行うことが重要です。

 

以上、不用品回収の際の業者の選び方についてお伝えしました。お得な在庫処分にするためにも業者選びは非常に重要です。しっかりと検討されたうえで選ばれることをお勧めします。

白石商事ではお客様の在庫品を買取いたしております。本州全土をカバーする地域性の広さや、在庫品の買取後の処分方法においても海外販売や国内でのブランド匿名販売など多くの選択肢を有しておりますのでお気軽にご相談ください。

返品在庫を減らすにはどうすればいい?2つの対策を押さえましょう。

返品在庫にお困りの方はいらっしゃいませんか?

返品は代金の払い戻しが必要になるだけではなく倉庫のスペースをとるうえに再販しづらいため、できるだけ防ぎたいものですよね。

とはいえ商品が返品されるかどうかはなかなか自分たちでは把握しにくいものです。どうすれば返品在庫を減らすことができるのでしょうか。

今回は返品在庫を減らすための対策についてお伝えします。

・返品在庫を減らすための対策

1.返品率を減らす

まず一番に考えられるのは返品されることをなくすという手です。自社の商品が返品されているのはなぜかというところから考えるとよいのではないでしょうか。

返品されている商品に何らかの一貫した特徴があるのかを把握したり、返品の理由をアンケートや口コミサイトなどで情報収集したりするのがよいでしょう。

また、返品は会社のイメージにも影響します。粉飾決済や社員の不祥事など、会社のイメージを落とすことにつながる行為を起こさないためにも、早いうちから会社の倉庫が返品在庫でいっぱいになることを避けるのがよいでしょう。

返品率の向上はすぐに実現することは難しいかもしれませんが、魅力がある返品率の低い商品を作ることは、長期的に見て会社全体の利益に繋がると言えます。

2.返品された在庫を再活用する

返品された在庫は通常処理しにくく、長期滞留在庫となって会社の倉庫のスペースを無駄に使うものとなってしまいます。また、返品を完全にゼロにすることは難しいため、返品されたものをどう有効活用するか決めておくことで効率的かつ迅速に問題を解決することができます。

例えば三か月たった返品在庫はセールとして半額以下で売ったり、在庫買取業者に依頼して買い取ってもらうというような方法があります。

特に返品在庫を再販売するのは抵抗があるという場合には、海外での再販売など商品のイメージを崩さずに販売する方法もあるので検討してみてはいかがでしょうか。

以上、返品在庫を減らすための対策についてお伝えしました。特に二番目の返品された在庫の再活用に関しては見落としがちですので一度考えてみてはいかがでしょうか。
白石商事ではお客様の返品在庫など、倉庫にたまっている在庫を買取させていただきます。

決算前の節税やスペースの有効活用のためにも一度ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。なお、買い取らせていただいたものは海外での再販も可能なため、ブランドイメージを損なわずに在庫を処分することも可能です。お気軽にご相談ください。

在庫品を計上したくない!決算前に見ておきたい処分の方法とは?

もうすぐ決算で在庫品をどうするかお悩みの方はいらっしゃいませんか?

実はその在庫品は放っておくだけで会社に損失を与える存在になっているかもしれません。無駄な在庫やすぐに片付きそうにない在庫を棚卸資産として計上するのは嫌ですよね。
今回は在庫品を資産として計上しないためにはどうすればよいのかお伝えします。

・在庫品は持っているだけで損?

在庫品は置いておいても無駄になることはないだろうと思っていませんか?
実は在庫によって発生する損失が二種類あるのです。

1.税がかかる

在庫品は放置しておくと決算期に棚卸資産として計上しなければなりません。決算期に会社の資産として計上されると、国がその会社に課す税がそれによって上がります。ごまかして粉飾決算という形になるのは避けたいところですね。

2.倉庫の有効活用を妨げる

かかる税を増やすだけの在庫に倉庫のスペースを占拠されてしまっては、売れる商品のために有効活用することができません。すなわち、倉庫を不要な在庫品に占拠されていた期間にその場所を活用して売ることのできた商品の利益分、会社は損をしていることになります。放っておくだけで決算の時以外にも損失は発生しているのですね。

・在庫品を決算に計上しないために

まず先ほどもお伝えしましたが粉飾決算は絶対にお勧めできません。節税のために会社としての信用問題以上の問題を引き起こすのはリスクが大きすぎるためです。クリーンに在庫を処分するには有効な2つの手段があります。

1.在庫処分セールを行う

決算期在庫処分セールという言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。あのようなセールは決算に在庫品を計上することを防ぐという狙いがあります。長い間売れなかった商品など、在庫を無駄に食いつぶしていたような在庫品は思い切ってただ同然のような価格で売って、お店のアピールに使うという手もありますね。

2.買取を利用する

もう一つ計上したくない在庫を何とかするために業者に買い取ってもらうという方法があります。在庫処分セールではどれだけ売れるかは正確に予想することができません。

買取依頼をすれば、依頼をした分は確実に処分することができますので、計画的に決算期を迎えることができます。

以上、在庫品を決算に計上しないために、決算期前に在庫品を処分する方法についてお伝えしました。セールだけではなかなか売り切れない在庫品も買取を利用することで有効に活用することができるのではないでしょうか。ぜひ一度、検討してみてくださいね。

そのレンタル終了品、捨てるにはまだ早い!処分の際にお得な方法をご紹介!

レンタル商品を扱われている方で、もうすぐお店をたたんだり、商品を一新したりするため、レンタル終了になる商品をお持ちの方はいらっしゃいませんか?

レンタル終了した後の商品は量も多くて持っておくだけでも負担になりそうですよね。今回はレンタル終了品の処分の方法についてお伝えします。

・レンタル終了品の特徴

1.かなり使用感がある

多くのレンタル商品は借主によって使われた結果、色あせや一部の破損などの使用感が出ていることが多いです。そのため、レンタル終了品を販売するとなるとかなり安い値段で売るなどの工夫が必要になります。

2.最新のものは少ない

レンタルで使用されている期間のうちに新しい方の商品が発売されることも多く、型落ちのものが多いです。中古品としてどれくらいの価値があるかはその商品次第ですので、中古品としてその商品がどれくらいの価値があるのか調べてみてはいかがでしょうか。

3.一度に大量に発生する

上述のように閉店や商品の一新など、お店の転換期に大量に発生するのが特徴です。大量に発生しているため、一気に処分しないと新しい商品を入荷することもできません。

・レンタル終了品の処分の方法

1.廃棄する

まずゴミとして廃棄する方法がありますが、これには一つ問題があります。一度に大量に発生するという特徴ゆえに廃棄にかなりの労力がかかるという点です。また、廃棄の際にお金がかかることもあるため、ほかの手段も検討したうえで選びたい手段の一つです。

2.不用品回収業者に頼む

お金を払って廃棄の際の労力をカットするのが不用品回収業者に頼むという方法です。頼めばすぐに回収してくれるという迅速性が強みですが、これにはごみの廃棄以上にお金がかかる可能性があります。

3.インターネットの活用

最近ではメルカリやヤフオク等、仲介業者を挟むことなく物品を販売するサービスが整っています。

もしもサービス終了品がそういったプラットフォーム上で高値で取引されているならば、そういったサービスを利用するのも一つの手ではないでしょうか。ただし、大量の終了品を一つ一つそういった取引をするのは手間に感じる方もいるかもしれません。

4.在庫品買取業者に頼む

最後にお勧めしたいのが、在庫品買取業者に買取を依頼するという方法です。在庫品の処分でお金を得られて、なおかつその売却の手間がかからないという利点があります。

業者に頼んで見積もってもらうだけで自分で出品する際の写真をとったりコメントを書いたりする手間が省けるのはうれしいですよね。

今回はレンタル終了品の処分についてお伝えしました。できればレンタル終了後の不要になったものもお金に代わる方がうれしいですよね。まずはお気軽に在庫品買取業者にお電話してみてはいかがでしょうか。