小売店が倒産しそうな場合、在庫処分はどうする?その方法を紹介します!

「経営していた小売店が倒産してしまいそうで、たくさん余っている在庫をどうすればいいのか困っている」このようなお悩みをお持ちの方は、少なからずいるのではないのでしょうか?

そこで今回は、このような悩みを解消するために、いくつかの在庫の処分方法を紹介します。
是非参考にしてみてくださいね。

■処分方法

余剰在庫の処分方法としては、セールで売る・アウトレットで売る・業者に依頼するなどの3つの方法が存在します。
それぞれの特徴を見ていきましょう。

1.セールで売る

売れ行きが悪い商品を、値下げを行うことによって、売り払う方法です。
セールという文字に引き付けられるお客さんは多いので、時期を見て、売れない在庫を処分しましょう。
また、セールで売り切るためには、本来の値段からどのくらい値下げを行ったのかを確認することが重要です。

2.アウトレットで売る

ほとんどの人がご存知だと思いますが、在庫処分を目的に運営している店のことをアウトレットストアと言います。
売れ残りの商品や本来の値段では売ることができない傷んでいる物などを安い価格で販売することで、余剰在庫の増加を防止することができます。
また、消費者にとっても安く購入できるという利点があるので人気が高い点もポイントです。

3.業者に依頼する

不用品回収・買取を行っている業者に頼むというのも1つの方法です。
特に、余剰在庫を処分するだけではなく、買取を行っている業者に依頼するのがおすすめです。
また、セールやアウトレットでも売ることができなかった商品も買い取ってもらうことができるかもしれません。

■業者への依頼について

1.どのような場合に頼むべきか

余剰在庫は持っている時間が長くなるほど、費用が高くなる可能性があります。
そのため処分したい時に依頼するのがベストです。
また、以下の項目に当てはまる場合は業者に頼むのがよいでしょう。

・セール・アウトレットどとらでも売れなかった
・余剰在庫を全部処分したい
・処分費用を安く抑えたい
・倉庫から取り出すのがめんどくさい
・効率よく廃棄を行いたい

2.扱っている種類

具体的な商品の種類は業者によって異なりますが、ほとんどの業者が幅広いジャンルを取り扱っています。
ですが、事前にどのような商品を扱っているのかをしっかりと確認しておくのがよいでしょう。

■まとめ

今回は、在庫の処分方法について紹介しました。
処分費用を安く抑えるためには、買取を行ってくれる業者に頼むのがおすすめです。

決算時に在庫を減らしたい方必見|在庫が多いことで生まれるデメリットとは?

在庫をたくさん持っていた方が、が多いように思えますが、もちろんデメリットも存在します。
そこで今回この記事では、決算時に在庫が多いことで生まれるデメリットを紹介します。
是非参考にしてみてください。

■在庫のデメリット

1.商品価値の低下

市場から要求される需要に対してたくさん生産してしまった製品や仕入れてしまった製品は、過剰在庫として手元に残ってしまいます。

 

基本的に、在庫は時間が経過するにつれて品質が落ち、価値が低下してしまいます。
品質の低下がないとしても、在庫として保有している期間に、その商品の価値自体が低下してしまうことがあります。

商品が陳腐化してしまうと、値段を下げて販売するか捨てるかしかありません。

こうなってしまうと、予想していた利益が得られないだけでなく、投資した資本金も集めることができずに損失が発生してしまいます。

2.管理費用

在庫には、場所と管理が必要です。
例え大きな倉庫を持っていたとしても、在庫を雑に置いたり、湿度・温度管理が必要な在庫の管理が雑だと品質の低下が早くなってしまいます。

また、在庫は出庫を考慮した環境を作らないと、作業の効率が悪くなってしまいます。
しかし、作業の効率をよくするための場所を用意するのはなかなか難しいですよね。

これらのことを考えると、在庫がたくさんあることによってさまざまな改善を施す必要がでてくるため、余分な経費が発生する可能性があります。

3.社内改善への弊害

在庫が多くたまっていると、社内の見通しを悪くする可能性があります。
管理体制の規則化や問題の改善などは、ある程度現場を見渡すことができなければ行うことができません。
そのため、在庫を多く抱えていると社内の体制を良くすることは難しくなってくるでしょう。

4.キャッシュフローの減少

在庫は期末に棚卸資産として会社の資産となり、貸借表上では資産として価値を維持することはできますが、キャッシュフローは悪化してしまいます。
キャッシュフローが悪化してしまうと、使うことができる自由資金が減少してしまうため注意が必要です。

5・経営への悪影響

製品や商品を販売しなければ、現金に換えることはできません。
そして、在庫が売れなければ処分するしか選択肢がなくなってきます。
そのため在庫は期末までに全部売ってしまうことがポイントです。

■まとめ

今回は、在庫が多いことで発生する会社へのデメリットをご紹介しました。
上記にあげたことを参考にして、在庫管理を行ってみてください。

在庫処分を決算前に行うことで得られるメリットとは?

あなたの会社は在庫を放置してしまっていませんか?決算時に在庫がたくさん存在すると損をする可能性があります。
そこでオススメしたいのが決算の前に在庫処分を行うという方法です。

そこで今回この記事では、決算前に在庫処分を行うことで得られるメリットをご紹介します。

■在庫を減らす理由

1.資産を圧縮して総資本利益率を向上させる

総資本利益率を向上させるというのは、同じ利益率の場合、総資本が少なければ少ないほど、ROA(Return on Assert)が上がります。

ROAとは、起業の経営成績をシンプルに表してくれる指標のことを指します。
そのためこの数字を意識することで資産を圧縮しようとする動きにもつながります。

2.売上原価を大きくして、利益の圧縮を行う

売上原価は、機種在庫+当期仕入−期末在庫という式で計算することができるため、期末在庫が少なくなると売上原価は増加します。
売上原価が増えると利益が減ります。
そうすることによって、納税額を減らすことにつながりますよ。

3.棚卸作業を減らす

実地棚卸をする場合は、実際に数を数えなければなりません。
そのため在庫が少なければ少ないほど、在庫を数える手間を省くことができます。

■キャッシュフロー

キャッシュフローの観点から考えていきましょう。
通常の在庫は利益を生み出すためにキャッシュを寝かせている状態だと考えることができるため、不良在庫は将来利益を生み出すことができないキャッシュを寝かせている状態だと考えることができるでしょう。

不良在庫は、保有期間が長いほど値崩れが進んでしまい、利息などのコストが増えていってしまいます。

■在庫処分のメリット

1.不良在庫が資金に変わることで、手元資金を増やすことができて資金繰りの改善につながる。
2.不良在庫を赤字で販売することによって、節税・税金対策をすることができる。
3.不良在庫を処分することによって、決算書上の在庫回転期間が短くなり、金融機関からの評価を上げることができる。
4.銀行からの資金を受けている場合は借入金の返済をすることが可能になり、金利負担によるコストの低減につながる。
5.多店舗展開を行っている場合は、在庫管理コスト・手間の低減になる。
6.在庫を資金化することによって、より利幅の大きい商品の仕入を行うことが可能になる。
7.時間の経過に伴う不良在庫のさらなる販売価格の低下による赤字幅の増加を止めることができる。

■まとめ

今回は、決算前に在庫処分を行うメリットをご紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。

メーカー型落ち在庫をどうやって処分する?その方法をご紹介します!

メーカー型落ち在庫がたくさん残ってしまい、在庫の処分方法で悩んでいるという業者の方はいらっしゃいませんか?
そこで今回は、余剰在庫の処分のタイミングや処分方法をご紹介します。

■処分のタイミング

余剰在庫の処分のタイミングとして定番なのは
「決算セール」「在庫一掃処分セール」などを利用することです。
特にセールは、年末年始や新学期が始まる3~4月に行われるところが多いです。

他の手段としては、商品の種類ごとにその商品が売れる時価を狙って販売する方法があります。
たとえば、冬の時期に役立ちそうな商品の場合は10~11月頃に販売するなどして、そのシーズンがやってくる前にいち早く売り出してしまいましょう。
商品の種類によって売り時が変わってくるので、その時期をしっかり見極めることが必要です。

■処分方法

・セールで販売する

セールという文字に引き付けられるお客様は非常に多いので、売れない在庫はたくさんセールにかけてしまいましょう。
セールで売り切るためには、本来の価格よりどのくらい値下げを行ったのかがポイントです。

・アウトレット

売れ残ってしまった商品や傷物を安い値段で販売することで、余剰在庫を少しでも減らすことが可能です。
アウトレットでは通常価格よりも安い値段で購入することができるため、買い手からするととても人気があります。

・業者に頼む

買取りを行ってくれる業者に依頼するのもおすすめです。
アウトレットでもセールでも売ることができなかったものを買い取ってもらうことができれば、処分費用を少しでも安く抑えることができるでしょう。

■弊社の買取サービス

・ブランドイメージを守るための海外輸出

国内で安価で販売されたくない商品を海外輸出することによって日本で再流通しないようにしております。
このサービスは多くのメーカー様から利用していただいております。

・買取商品の再販売

メーカー様が持っているブランドイメージや商品イメージに傷がつかないように、ご希望のお客様には打ち合わせを行って販売方法を決めさせていただいております。
また、弊社が買取商品をインターネットで販売する場合は自社スタジオで撮影した商品写真を使用し、メーカー名、商品名、形式名等を伏せて販売することが可能です。

■まとめ

今回は余剰在庫の処分のタイミングと処分方法について紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。
また、少しでもお悩みがございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

食品業者の方必見!食品在庫の処分方法について紹介します

スーパーマーケットではどうしてもたくさんの在庫が発生しまいます。
実際に在庫問題で悩みを抱えている業者の方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、そのような人たちのために、食品在庫の処分方法についていくつかご紹介します。
少しでも在庫を減らして、処分費用を安く抑えましょう。

■販売を促進する

たくさん残ってしまった食品在庫を処分する方法として、チラシや広告を利用して販売を促進するのは1番効果的です。
消費者の方たちに特売などを行って、過剰在庫を安く買っていただくと比較的簡単にたくさんの在庫を減らすことが可能です。

また、セールコーナーを設けてまとめて置いができるようにすると、すぐに在庫を処理することができるでしょう。

■値引き

毎日、ほとんどのスーパーマーケットで商品の値引きが行われています。
ある時間を超えたり、決まった時間になると値引きシールが貼られていきます。

この機会を利用して、大量に余った在庫品に値引きシールを張っておけば、短時間で処分することが可能でしょう。
こちらも、チラシや広告を使った販売促進同様、在庫処分には非常に効果的な手段です。

■家畜の餌

酒類やドリンク類は、日持ち期限を過ぎてしまうと、廃棄するしか選択肢はなくなってきますが、食品の場合は、たとえ日持ち期限が過ぎてしまったとしても、リサイクル
業者を通して家畜の餌として再利用することが可能です。

廃棄する選択肢最終手段にはなりますが、少しでも利益として残したいならば、このようにリサイクルして再利用することを考えたほうがよいでしょう。

スーパーマーケットは、商品の回転率が早いためどうしても廃棄が多くなってしまいす。
そのため再利用できるものは業者を通じてリサイクルすることをおすすめします。

■買取サービス

さすがに生鮮食品を買取することは厳しいですが、弊社ではたくさんの食材の買取サービスを行っています。
以下にいくつか扱っている食材をご紹介します。

カップラーメン/和菓子・洋菓子(常温保存可能なもの)/パスタ・そうめん・ひやむぎ/調味料/缶詰・瓶詰/清涼飲料水・エナジードリンク・スポーツドリンク

■まとめ

今回は、食品在庫の処分方法についてご紹介しました。
たくさんでた在庫はただ廃棄するのではく、値引きして販売したり買取をしてもらった方が少しでも安く処分費用を抑えることができるでしょう。是非参考にしてみてくださいね。

また少しでもお悩みがございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせくださいませ。

在庫を減らしたい人必見です|滞留在庫を削減する方法とは?

毎回どうしても滞留在庫が発生してしまって困っている、という方はいらっしゃいませんか?
在庫を適度に保有するというのはなかなか難しいですよね。
そこで今回は、在庫を増やさないための方法や削減ポイントについてご紹介します。

■滞留在庫のデメリット

 

不要な在庫を抱えているデメリットしては以下のものがあげられます。

・大幅な値下げと廃棄によって収益悪化を招く可能性がある
・在庫を管理するための無駄な経費が発生してしまう

■ABC分析

ABC分析を行うことによって、商品ごとにランク付けする方法も在庫管理と在庫削減に役立ちます。
ABC分析とは、一定の期間の累計売上金額を各商品算出し、お店全体の売上に占める割合からABCの3つのグループに分類する方法です。

・A:売れ行きが順調で、売上構成比が高い売れ筋商品
・B:それなりの売れ行きを期待することができる中堅の商品
・C:売れ行きがよくなく、利益を期待することができない商品

アパレルなどのシーズンやその時の流行に合わせた商品管理が求められる小売店では、ABC分析に基づいて計画を立てているケースがたくさんあります。
在庫管理の視点で見れば以下のような方針で考えることができるでしょう。

■Aグループ

在庫・発注量を増やして、売上面積を広げることにより売上アップにつなげることができます。
しかし、その需要がいつまで続くのかをしっかり分析しておかないと在庫がたくさん残ってしまう可能性があるので注意が必要です。

■Bグループ

現状の売上をしっかりと保持するためにある程度の在庫を確保しておくことが基本となります。

それと同時に売れ筋商品へと成長させるための戦略を練りましょう。

■Cグループ

できる限り在庫を減らして売り切るための値引きーセールなどを行ったほうがよいでしょう。
また、売れ行きが悪かったとしても品揃えを良く見せるためにもあえてその商品を残しておくという方法もあります。

■削減するためのポイント

・その在庫が要るのか要らないのかを判断する
・適正在庫量を見極めて、過剰在庫が残らないような戦略を立てる
・これからの発注量を見直すために、ABC分析を活用してみる

在庫は必要に応じて、過不足なく保有することが理想的ではありますが、その判断は非常に難しいでしょう。
しかしABC分析などを利用して、無駄のない在庫管理をすることが必要です。

■まとめ

今回は滞留在庫の削減方法をご紹介しました。
是非参考にしてみてくださいね。

滞留在庫で悩んでる方必見!滞留在庫を溜めない対策方法とは?

「毎回、滞留在庫がどうしても溜まってしまう」このようなお悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか?
滞留在庫があると業務への支障が多少なりともでてきてしまいますよね。

そこで今回は、滞留在庫を溜めない対策方法をご紹介します。

■連携の取れたシステムを導入する

在庫管理や販売管理などの基幹系システム同士の連携をしっかり取ることができれば、二重三重の作業が発生しないため、入力ミスや入力忘れなどを防ぐことができます。

また、作業を一回で終わらせることができるので業務の効率化につながり、生産性を上げることが可能です。

このような連携を取ることができるシステムといえば、ERP(統合基幹業務システム)が挙げられます。
これは、在庫管理から会計システム、顧客管理などの幅広い基幹系システムをすべて提供しています。

ERPは高価で大企業が導入しているイメージが強いかもしれませんが、ここ最近ではクラウドサービスが台頭したことにより、低コスト化が進んで中小企業でもたくさん導入されています。

■在庫管理をマニュアル化する

担当者ごとに異なった作業を招かないためにも、事務処理や全ての作業を同一化するなど在庫管理のマニュアル化と現場での管理の徹底は必要不可欠です。
在庫管理に関連する規則を作った場合は、必ずマニュアルを改定するようにしましょう。

また、事務処理に関してもマニュアル化し、管理を同一化して生産性のレベルアップを図りましょう。

■ロケーション管理の徹底

ロケーション管理は在庫の管理を明確にして、在庫が見つからないという状況を防止するために行われます。
仕入れた時期ごとに物を配置したり、種類に応じて分ける方法があります。
取り扱う物の特徴などによって使い分けることが重要です。

■タブレット、バーコードの利用

在庫管理にバーコードを使用すれば、ピッキング時はスキャナーで読み取るだけで在庫管理を行うことができます。
また、現場にタブレットを導入することでより効率的な在庫管理を行うこ

とが可能になります。

タブレットを導入することによって、現場にいながらシステムへの入力を行うことができるので、データの正確性が向上します。
このようにITを利用すれば、在庫管理をより効率化することが可能ですよ。

■まとめ

今回は滞留在庫を溜めないための対策を紹介しました。
これからの業務の改善に向けて、上記でご紹介したことを是非あなたの会社でも役立ててみてくださいね。

在庫処分のおすすめサービスとは?業者の選び方も併せてご紹介します!

在庫処分方法でお困りの方はいませんか?そんな方におすすめしたいのが、在庫の買取サービスです。
買取サービスの魅力は何といっても現金化することができることです。

この記事では、買取業者の魅力や業者を選ぶ際の大事なポイントをご紹介します。

■買取業者への依頼

1.すぐに現金化できる

買取業者にお願いすればその場で査定をしてもらうことができ、すぐに現金化することが可能です。現金化するまでに、時間がかからないことが買取業者にお願いする最大のポイントです。

2.買取方法の選択

買取業者に依頼する上で買取方法を選択というのは魅力的ではないでしょうか。
ほとんどの買取業者は、店頭に持ち込む以外にも、出張買取や宅配買取サービスを行ってくれているところが多いです。

余剰在庫がたくさんある場合は、直接スタッフが来てくれる出張買取や宅配で送るだけで査定を行ってくれる宅配買取を試してみてはいかがでしょうか。

 

宅配費や人件費はかかってしまいますが、便利さと手軽さを重視するなら利用した方がよいでしょう。

■業者を選ぶ際のポイント

1.見積書を書類で出してくれるか

契約した時には契約書を、見積もりをお願いした時には見積書を、「書類」という形で出してくれる業者を選ぶことが大切です。
口頭だけの場合だと、その後トラブルが発生してしまう原因となり利用者の方が損をしてしまう可能性があります。

そのためこのようなトラブルに遭わないためにも、事前に書類での提出が可能かどうかをしっかり確認してから契約をするようにしましょう。

2.電話対応が丁寧かどうか

たくさんある業者の中から選ぶポイントとして、対応が丁寧かどうかがあげられます。
電話をかけてもなかな担当者に繋がらない、担当者以外の方に話がしっかり通じない、折り返しの電話がかかってこないなど、きちんとした対応を行ってくれない業者は避けた方がよいでしょう。

はじめに電話で問い合わせてみて、対応が親切かどうかを確認しましょう。

3.出張買取や宅配買取サービスの有無

たくさんの余剰在庫の買取を行ってもらいたい場合は、前もって出張買取や宅配買取が利用できるのかどうかを確認しておきましょう。
中には店頭買取しか行っていないところもありますので注意が必要です。
ホームページや電話でのお問い合わせをしてしっかりチェックしておきましょう。

■まとめ

今回は、買取業者のメリットと業者選びのポイントを紹介しました。
上記でご紹介したことを是非参考にしてみてくださいね。

滞留在庫を溜めこむことにはデメリットがあるのは本当?

滞留在庫を溜めこんでしまっている業者は多いのではないでしょうか?
しかし、滞留在庫を溜めていてもメリットは何もありません。
そのためできるだけ早く処分することをおすすめします。

 

この記事では、滞留在庫を溜めこんでいることによって生じるデメリットをご紹介しますので是非参考にしてみてくださいね。

■滞留在庫の定義

滞在在庫とは、たとえ新品であったとしても型落ち・季節外れなどで、適正価格で販売することができず、大幅な値引きを行わないと売ることができないと考えられるもののことを指します。

■滞留在庫を溜めるデメリット

1.税負担が生じてしまう

税金がかけられる会社の所得は利益をもとにして計算が行われますから、滞留在庫を廃棄することによって利益が減ればその分所得も減り、支払う税金を少なくすることができます。
逆に廃棄するしかない滞留在庫をずっと保管してしまっていると、本来廃棄すれば軽減することができる税金を余分に払わなければなりません。
滞留在庫を廃棄して税負担をいかに減らすかが重要です。

2.会社のお金が減少してしまう

在庫が滞留しているということは、その在庫の生産・購入に掛かったお金だけがでていって、それらを販売・使用すれば入ってくるはずのお金が入ってこないということを意味します。
要するに会社のお金が、滞留在庫の分だけ減少してしまっているということです。

3.管理の手間が発生してしまう

通常の在庫を管理するのと同じぐらいの手間が発生してしまいます。
会社にお金をもたらすことがない在庫を管理するためだけに人件費、時間、在庫スペースを割かなければいけなくなります。そのため在庫の管理や業務が圧迫されてしまうことがよくあります。

■弊社の買取サービス

1.中古品の買取が可能

新品の商品だけでなく、一定の物量がある場合中古品の買取を行うことも可能です。
事務所の移転や、宿泊施設などの備品買い替え時にお気軽にご相談ください。

また大量商品が得意ですので、どんなにたくさんあっても対応することができます。

2.買取査定の見積り無料

創業以来、お見積りでお金を頂いたことは一切ございません。そのためお気軽にお見積りを依頼して頂けます。

3.様々なジャンルの商品の買取に対応しています。

基本的に再販売できるものと判断できたものは、ジャンルを問わず買取を行うことが可能です。
価値があると思ったらどんなものでもお問い合わせください。

■まとめ

今回は滞留在庫を溜めこんでいることによって発生するデメリットを紹介しました。
買取についてご相談等ございましたら、是非弊社までご連絡くださいませ。

返品在庫を溜めてしまうことのデメリットについて3つご紹介!

小売店や専門店などを営んでいて、返品が多くて悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

返品が多くなると、在庫が溜まってきます。この返品在庫を溜めてしまうことは、会社にとって大きなデメリットとなるのです。

今回はこの返品在庫を溜めてしまうデメリットについて3つご紹介していきたいと思います。

[商品の価値が低下してしまう]

商品は一般的に、生産してから時間が経過するにつれて価値が下がる傾向にあります。
よって、時間の経過とともに売値も下げざるを得ないため、売るまでの時間が長くなると売り上げ利益が下がってしまいます。

服を例に挙げるとわかりやすいかと思います。服には流行があり、生産したて、つまりそのデザインの需要が高い時には非常に高価格で取引が行われます。しかし、その流行りが落ち着き、新たなデザインが流行しだすと、その服のデザインの需要が下がってしまい売値が下落してしまうのです。

こうした理由から、倉庫に溜まっている商品は日に日にその価値が下がり、売値が下がってしまいます。結果として、その商品を資産としている会社にとっては非常に大きなデメリットとなってしまうのです。

[在庫を管理するコストの増大]

在庫は放っておくだけでもコストがかかってしまいます。
その商品の質を保つための管理費用であったり、その商品を在庫としておいておくための土地代、そういった一連の管理を行う人に支払われる人件費など諸処必要費用のことを考えると、その費用は決して少なくて済むものではありません。

よって、この返品在庫を溜めれば溜めるだけ会社にとっては
デメリットなのです。

[モチベーションの鈍化]

返品在庫が溜まってしまうと、それら返品在庫によって倉庫の物理的な見通しが悪くなるでしょう。そうして、倉庫に在庫が溜まってしまうことによって、それらを「売ってやろう!」という社員のモチベーションが下がってしまうことが予想されます。

あと少しのモノを売る時より、たくさんの商品を売る時の方がモチベーションが下がってしまうことは言うまでもないでしょう。

以上、返品在庫を溜めてしまうことによるデメリットについて3つご紹介しました。

まず一つ目に、在庫を溜めてしまっている間にも商品の価値が下がってしまっているといった点がありました。

次にご紹介したのが、在庫を管理する費用についてでした。そして最後が、モチベーション面でのデメリットでした。

いずれも悪循環を引き起こしてしまうかもしれない要素となるため注意が必要です。